作成者別アーカイブ: JMDS

認知症予防のための運動法というと、前回紹介したデュアルタスクと並んで、コグニサイズがあげられています。コグニサイズ(cognicise)は、認知症を指すコグニション(cognition)と、運動を示すエクササイズ(exercise)を組み合わせた造語です。この言葉を作ったのは国立長寿医療研究センターで、同センターが開発した運動と認知課題の計算やしりとりを組み合わせた認知症予防を目的として研究開発されました。
コグニションは、ただ頭を使うだけの課題ではなく、脳に認知的な負荷がかかるような認知課題を指していて、これにプラスするエクササイズは有酸素運動であればよいとされています。運動の種類によってコグニステップ、コグニダンス、コグニウォーキング、コグニバイクなどがあります。コグニバイクはオートバイのことではなくて、フィットネスで取り入れられているペダル漕ぎのエアロバイクのことです。私たちが採用しているのは、特別な施設も用具もいらないコグニウォーキングです。
ただ歩けばよいわけではなくて、全身運動となるように歩幅を広げて、腕を大きく振って、勢いよく前進するように歩きます。目標とするのは中強度の負荷で、これはなんとか会話ができるくらいの軽く息が弾む程度の強度を指しています。
コグニウォーキングで出される認知課題は、あまりに簡単ではウォーキングによる脳の前頭葉の刺激に血流をプラスするようにはならないので、難易度が高めの課題が選ばれています。コグニサイズの目的は、運動による脳の血流の高まりを、さらに認知課題によって脳の血流を高めることなので、正解できるかどうかよりも、難しい問題を解こうとして脳を使うことが大切です。このことを説明してからコグニウォーキングを行わないと、問題ができなかったからといって離脱する人を増やすことになります。認知機能を高めるために、わざと回答しにくい問題を出しているということをわかってもらって、いろいろな問題にチャレンジするのが大切です。

2つのことを同時に行う“ながら動作”はデュアルタスクと呼ばれます。荷を背負って歩きながら書物を読むという二宮金次郎のようなことで、最近では通勤途中の歩行移動しているときにスマホの画面を見て“勉強”しているということを指すことになるかもしれません。この勉強しながら歩くというのは危険だということで、スマホばかりでなく、二宮金次郎の銅像も腰掛けて読書しているものが登場して、歩きながら読むことを避ける風潮があります。
それに対して、わざわざデュアルタスクという言葉を使って、頭を使いながら歩きましょうというのが認知機能を向上させる方法として広められています。歩きながら脳を働かせると、脳の血流量を増やすことができることが検査によって確認されています。この場合の歩くというのは、道路ではなくてウォーキングマシンのローラーベルトの上を歩くので、歩行による危険度は低くなっています。デュアルタスクで活性化されるのは脳の前頭葉で、運動機能と思考を司る部分なので、同時に刺激することができると説明されています。
認知症の検査では、100から7を次々に引いていくという計算問題が行われます。100→93→86→79→72と減っていくわけですが、これを記憶した人には6を引いていくという計算問題が出されます。この計算を歩きながらやるのがウォーキングによる認知機能向上のデュアルタスクということになります。
ウォーキングは有酸素運動なので効果があるということですが、実際に高齢者対象にやってみたところ、いつもの歩幅を広げて勢いよく歩くということができにくくなり、他に意識が取られていると正しい歩行法がやりにくいことがわかります。慣れてくれば勢いよく歩きながらも計算問題ができるのかもしれませんが、周囲への注意が散漫になったのでは危険でもあり、せっかくの景色を楽しめない、一緒に歩いている人との会話も楽しめないということにもなります。
初めのうちは、頭を使う会話を楽しみながら歩いて、正しい歩き方が身についてきたら、別の頭の使い方を考えるということでよいのではないでしょうか。

前回は、発酵が続いている生ビールは、栓ではなく王冠(クラウン)を使って発酵の圧力を抑えているという話をしました。栓抜きという名称は、ワインの栓を抜くためのもので、コークスクリューが使われます。ビール瓶の王冠を抜くのはクラウンオープナー(王冠抜き)で、ビールで“栓抜き”という言葉が使われることには違和感を感じます。
ビールに栓が使われていたところから王冠に変わったのは、ずっとビールが発酵していたからです。世界的なビールは、酵母が生きている状態であるので発酵しています。この状態が続いていれば、もしもワインと同じような栓を使っていれば、どこかのタイミングで内部の発酵の圧力に耐えられずに王冠が吹き飛んでしまいます。これを防ぐための方法は二つあって、一つは冷温流通によって発酵が進みにくい状態にして吹き飛ぶようにしないことです。もう一つは、発酵を途中で止めることです。後者の方法として実施されているのは酵母を取り除くことです。
酵母を取り除けば、そこで発酵は止まるので、加熱をする必要がなくなります。ということで、瓶ビールの生ビールは、ビール原液の中にある酵母を取り除きます。その方法が実施されているのが、瓶ビールの生ビールです。飲食店で提供されている生ビールは、加熱されていないので、ビールの中に生きたままの酵母が残っています。残っていた状態では、発酵が進むので、酵母を濾過によって除去します。除去されたら、酵母が残っていないことから発酵しなくなるので、加熱をしていない“生”の状態でも瓶ビールとして提供することができます。
これは瓶ビールの話で、サーバーから提供される生ビールは、もちろん酵母が生きたままで残っています。このように瓶ビールの生ビールと、店舗で提供される生ビールでは、酵母の有無という違いがあるのに、名称としては“生ビール”となっています。生ビールから取り除かれるのはビール酵母です。ビール酵母は栄養バランスが取れた優良な健康食品の原材料です。それが残っていないのに、生ビールと言ってよいのかというのが、今回のテーマです。

日本メディカルダイエット支援機構の理事長は、生ビール飲み放題の地域に生活している、ということを言います。理事長が住まう岡山市東区瀬戸町万富は、JR西日本・山陽本線の万富駅から近いところで、駅の裏側はキリンビール岡山工場です。西日本のビールの生産地で、地域の住民は工場見学で、出来立てのビールを楽しむことができます。1回の見学で飲み放題とはいかなくても、工場見学は自由で、1回について3杯はビールを飲むことができます。何度も通えば飲み放だ、ということです。そこで振る舞われるビールは生ビールで、サーバーから直接注がれるので、瓶ビールを飲むときに必要な“栓抜き”は必要ありません。ですが、見学ルートには世界の変わり種の“栓抜き”が展示されています。
この“栓抜き”という言葉に引っかかりを感じます。“栓”というのは、瓶の注ぎ口の中に入れるもので、ワインでいうとコルク栓を一般に指しています。穴の中に押し込んで、中身が出ないようにするものが栓であるわけですが、その定義からいうと、ビールの瓶に使われている蓋(ふた)は、どう考えても栓ではありません。瓶の注ぎ口をふさいでいるのは王冠です。王冠というのは日本の呼び名で、世界的にはクラウンと呼んでいます。クラウンの日本の呼び名が王冠です。
海外ではクラウンを開けるものはクラウンオープナーで、王冠を開けるものという意味で、王冠もしくはクラウンと呼ばなければならないところですが、それを取るのは、どう考えてもクラウンオープナーです。
どうして栓抜きという言葉が生まれたのかというと、日本でビールが生まれた明治時代はビールでは栓が使われていました。ワインと同じ形です。これだと発酵が進み続けているビールは発酵による泡のために栓が飛ぶことになります。そこで、ビールを作るときには、コルクの栓ではなくて、中身を押さえることができる王冠になりました。
ところが、コルクの時代に使われていた栓抜きの名前だけが残って、今も使われています。このことを、キリンビール岡山工場の見学コースを聞いてみましたが、「そうえば、どうしてでしょう」という返答があって、専門家(?)でも的確に伝えられていないのかと思ったものでした。

ダイエット関連のサプリメントでは、以前からR‐αリポ酸、L‐カルニチン、コエンザイムQ10が紹介されてきましたが、今では酵素に人気が集中しています。酵素は全身の細胞の中で代謝に使われていて、20歳をピークにして減っていくことから、20代後半になると代謝が低下して、これが太る要因となっていると説明されています。そのため、減っていく酵素を摂ることで代謝を高めて、ダイエットを成功させようということで酵素が含まれたサプリメントが人気となっています。
この発想はわかるのですが、サプリメントの酵素は植物の酵素であって、身体の細胞の中の酵素とは違うものです。植物の酵素が体内の酵素になるわけではありません。しかし、植物の酵素を摂ると、体内の細胞の酵素が増えることは確認されています。そのメカニズムですが、体内で使われる酵素は肝臓で合成されていて、その酵素は体内では消化酵素と代謝酵素として使われます。消化酵素は食べたものを消化するための酵素で、代謝酵素は細胞内で代謝(生化学反応)に使われる酵素です。植物の酵素は消化酵素の働きをしていて、これを摂ることで体内の消化酵素の量が少なくて済みます。その結果、代謝酵素として使われる分が多くなり、代謝が高まるということです。
代謝酵素が少なくなると、やせにくく太りやすくなるわけですが、酵素を作り出すために肝臓の細胞内で必要になるのは、先ほど取り上げたR‐αリポ酸、L‐カルニチン、コエンザイムQ10です。R‐αリポ酸は天然型のα‐リポ酸で、ブドウ糖を細胞の中でエネルギー代謝を行うミトコンドリアに取り込む働きをしています。L‐カルニチンは脂肪酸と結びついてミトコンドリアの膜を通過させる働きをしています。そして、コエンザイムQ10はミトコンドリア内の代謝酵素を働かせるための補酵素の役割をしています。これらの三大ヒトケミカルが充分にあることによって、ミトコンドリアの中で作り出されるエネルギーが細胞の働きを高めてくれるというわけです。
酵素をサプリメントから摂るだけでなく、三大ヒトケミカルをサプリメントから摂ることが必要であり、ダイエットのためには酵素よりも、三大ヒトケミカルを優先的に摂るべきだということです。

NHKの情報番組で、前回放送のEPA(エイコサペンタエン酸)のダイエット効果を受けた形で、善玉コレステロールと呼ばれるHDL(高比重リポタンパク)について紹介していました。EPAの重要性が広く知られるようになった今から20年ほど前には、専門誌や教科書に「EPAの摂取でHDLが増える」と書かれたものと、「HDLを増やす栄養素はない」とか書かれたものがあって、両方の記載が混乱を招いたことがあります。その混乱は一部では今でも続いています。どちらが正しいのか、ということですが、その結論を出すような番組でした。
HDLは血液中で余分となったコレステロールを取り込んで肝臓に運んでくる働きがあります。肝臓で合成されたコレステロールを、血液中を通って全身に運んでいるのは悪玉コレステロールと呼ばれるLDL(低比重リポタンパク)です。運ぶコレステロールが増えすぎると血液中に漏れるコレステロールが増えて、これが動脈硬化の原因となります。合成されるコレステロールが増えると、これを運ぶLDLが増えて、同時にHDLも増えます。それなら問題はないと思われがちですが、HDLが増えても、数に応じてコレステロールが減るとは限りません。
HDLはコレステロールの取り込みの能力の差があって、ほとんど取り込めないHDLも存在しています。その能力を決めるのがEPAで、EPAの摂取量が多い人はHDLのコレステロール取り込み能力が高いことを国立循環器病研究センターの研究所が確認しています。EPAを摂るとLDLが減るので、これまではHDLが増えたと考えて、EPAがHDLを増やしたと思い込まれていたのですが、これが違っていて、EPAがHDLの能力を高めていたということです。
HDLを増やす栄養素はない、というのは変わりがないのですが、増やす方法がないわけではありません。その方法は有酸素運動のウォーキングで、1日に30分のウォーキングによってHDLを増やすことができます。ウォーキングによってHDLを増やして、さらにEPAによってHDLの働きが高まれば、動脈硬化のリスクを大きく下げることができるということです。

腸内細菌には、やせ菌と呼ばれるものと、でぶ菌と呼ばれるものがあります。どちらの菌が太っているか、ということではなくて、その腸内細菌を多く腸内に棲みつかせている人がやせやすいのか、それとも太りやすいのか、という分類です。善玉菌がやせ菌、悪玉菌がでぶ菌ということなら理解もしやすくて、やせるために何を食べればよいのかもわかりやすくなります。しかし、やせ菌もでぶ菌も日和見菌の一種です。腸内細菌の健康的なバランスは、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7だとされています。日和見菌は善玉菌が多い状態では特に何をすることもないのですが、悪玉菌が多くなると悪玉菌の味方をして、腸内環境を悪化させることになります。
やせ菌はバクテロイデス菌で、短鎖脂肪酸を増やして代謝を高める働きをします。でぶ菌はファーミキューテス菌で、エネルギーを多く作り出して脂肪酸に変化させて、脂肪細胞の中に蓄積させます。エネルギーは多いほうが活力を高めるといっても、これが使われずに蓄積に回る一方となると、よいこととは言えなくなります。
やせ菌とでぶ菌の割合を変えるためには何をすればよいのかということは実は判明していて、やせ菌を増やすためには水溶性食物繊維とオリゴ糖を摂ることが必要になります。でぶ菌は脂肪と肉類によって増えていきます。少しだけ詳しい話をすると、でぶ菌が好むのは脂肪の中でも分解されにくい長鎖脂肪酸で、動物性食品に多く含まれています。もう一つは動物性たんぱく質で、中でも肉類を好みます。水溶性食物繊維は海藻、きのこ、果物などに多く含まれています。オリゴ糖は胃では分解されないために吸収されないものの、腸内細菌によって分解されて、腸内細菌の善玉菌や一部の日和見菌のエサとなります。
ここまで読んできて気づいた人も多いかと思いますが、やせ菌を増やすのは善玉菌を増やす食品であり、でぶ菌を増やすのは悪玉菌を増やす食品です。善玉菌を増やして腸内環境を整えることは、やせ菌を増やす結果になっているということです。

NHKの情報番組で、スプーン1杯の油で身体が激変するというテーマで、普段の生活に油をプラスすることで体脂肪が減るということを取り上げていました。食べてよい油といえば不飽和脂肪酸のn−3系の油で、一般にはオメガ3系の油とも呼ばれています。民放の健康番組では、今さら取り上げるかというネタが多いのに対して、NHKの番組では情報収集に力を入れている私たちでも「これは新ネタ」ということがよくあり、今回の番組もメンバーに呼びかけて見てもらいました。ところが、その内容が今さらすぎて、苦情が寄せられたほどでした。
脂肪酸には体内で合成されないことから食事で摂らなければならない必須脂肪酸があり、オメガ6とオメガ3があります。オメガ6はリノール酸、γ‐リノレン酸で、植物油に含まれているので、わざわざ気にかけて摂らなくても欠けることはありません。それに対してオメガ3はα‐リノレン酸と、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)です。EPAとDHAは青背魚に豊富に含まれている油で、サンマやサバ、マグロなどを食べていれば補給できて、血液サラサラにすることができます。α‐リノレン酸は動物性油としては、アザラシに含まれていて、これを多く食べているイヌイット族の人たちは肉食が多いにも関わらず動脈硬化が少ないことが知られています。
α‐リノレン酸には肝臓での中性脂肪の合成を阻害する働きと、脂肪細胞に蓄積されている中性脂肪を分解して代謝を高める働きがあります。テレビ番組では、アザラシ油を普段の料理にかけることでダイエットできるという話をした後に、店舗で購入できる油としてα‐リノレン酸の亜麻仁油、えごま油を紹介していました。α‐リノレン酸は体内でEPA、DHAに合成されるので、青背魚を食べなくても、食べたのと同じ結果が得られるということです。
私たちにとっては今さら情報でしたが、一般的には大事な情報です。最後に大事な情報を付け加えておくと、亜麻仁油、えごま油は加熱によって酸化するので、熱を加えないようにして摂ることです。

酵素は加熱をしたら酵素の働きをしなくなる、という話と一緒にテレビ番組の中で紹介されていたのは乳酸菌の加熱についてです。乳酸菌飲料の中には、冷蔵保存をしなくてもよいものがあります。乳酸菌が生きている状態では発酵が続いているので、常温保存では変化し続けて品質が変わってしまいます。そこで飲料として流通させる場合には加熱が義務づけられています。乳酸菌は生きているものという常識からすると、加熱したものは死んでいるのだから、これは乳酸菌飲料と呼んでよいのかという疑問を抱く人も多いはずです。
酵素も乳酸菌も死んだものは本来の働きをしなくなるわけですが、それでも充分に役立つというのが乳酸菌飲料のメーカーの主張です。乳酸菌という名前は、乳酸を作り出す菌であることからつけられたもので、生きている間に乳酸が作られて、これは加熱後にも残っています。乳酸は、その名のとおり、乳に由来する酸で、酸性の性質があります。腸内に生息している腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌に大きく分けられ、腸内環境を整えてくれる善玉菌は酸性傾向の環境で増殖します。アルカリ性傾向の環境で増殖するのは悪玉菌です。
乳酸菌飲料に含まれている乳酸を摂ると、腸内環境は酸性に傾いていって、そのために善玉菌が活発に働くようになり、増殖もしていきます。悪玉菌は酸性傾向の環境では増えにくくなります。腸内細菌の総数はほぼ決まっていて、善玉菌が増えるほど悪玉菌は減っていきます。死んだ乳酸菌の飲料でも乳酸が多く含まれていれば、生きた乳酸菌を摂ったのと同じように、腸内環境を整えてくれるというわけです。
生きている乳酸菌飲料のほうがよさそうに思えるかもしれませんが、乳酸菌の多くは強酸性の胃液によって破壊されるので、多く含まれていても生きたまま腸に届く数が少なければ、生きていることの意味が弱まってしまうことになるのです。乳酸菌が100億個、ということを主張するなら、そのうちの何個が腸まで到達するのかも合わせて紹介してほしいものです。

テレビ番組の影響は大きくて、酵素ドリンクに酵素は含まれていない、酵素が含まれていても死んでいる、と繰り返し情報発信してきても反応しなかった人たちが、著名な番組でテーマとして取り上げた途端に、問い合わせメールが相次ぎました。サイトの一般閲覧者だけならまだしも、メディア関係者の問い合わせが多かったのには驚きました。酵素ドリンクは、酵素の発酵によって得られた発酵物を飲料にしたものです。酵素が生きたままであれば、ドリンクを飲めば酵素も一緒に摂れることになります。酵素の発酵によって作られているので、酵素も摂れそうな感じはするものの、実際は加熱によって酵素は死滅している、というのが番組の主張です。
酵素はタンパク質でできていて、酵素の働きが活発になるのは40℃ほどの温度帯です。タンパク質は60℃以上になると凝固してしまいます。タンパク質の酵素も60℃を超えたら活動が停止することになります。飲料は食品衛生法によって65℃以上で加熱することが義務づけられています。ということは、酵素ドリンクの酵素は死んでいると言われても仕方がない、当然のことというわけです。
酵素は死んでも、死ぬ前に何か有益なものを作ってくれればよいのですが、酵素の発酵によって行われるのは、材料の中に含まれている糖類が植物の細胞壁が破壊されることによって外に出ることくらいです。糖類は重要なエネルギー源であるので、それが効率的に摂れるのは栄養不足の人にとってはよいことです。栄養不足の人だけでなく、エネルギー不足の人にも、もちろんよいことです。というのは、糖類の中でもブドウ糖は、すぐに体内でエネルギーになって代謝に使われる重要なエネルギー源であるので、充分にエネルギーを作り出して活力をもって動くことができるようになります。
酵素が生きていれば、胃の中では消化のための酵素として働いて、その分だけ体内で分泌される消化酵素は少なくて済みます。その分だけ体内で合成された酵素が消化ではなく、細胞の中の代謝酵素として使われることになるので、全身の働きが細胞レベルから高まってきます。このことを考えても、生きている酵素を摂るべきだということがわかります。