作成者別アーカイブ: JMDS

日本ウオーキング協会と、これと連動している都道府県のウオーキング協会のイベント(ウオーキング大会や地域の歩こう会など)に参加してみて、他のウォーキングイベントと違うところは多々あるのですが、特に気になっていて、導入すべきだと考えているのはゼッケンの位置です。ゼッケンは、マラソンなどでは胸と背中についていて、前後から選手の識別がしやすくなっています。それに対してウォーキングでは歩いている人の胸の位置を見ることは少なくて、見る機会が多いのは前を歩いている人の背中です。
ウォーキングの楽しみは、よい景色を楽しむ、健康になる、ということもあるのですが、会話をしながら歩ける程度の強度であることもあって、人との出会い、会話も大きな楽しみとなっています。出会いの機会はイベントに参加することができると思っても、会話はきっかけがないと始まらないものです。そんなときにウオーキング協会のように背中のゼッケンに名前、どこから来たのか、今回の参加の目的などが書かれていると、それを見て、会話を始めることができます。
ところが、他のウォーキングイベントでは、首から下げる参加証やスタンプラリーのスタンプ用紙になっているものが配布されることが多くなっています。参加証を前ではなくて背中のほうに回している人も目にはするものの、初めから後ろを歩く人に見てもらうというスタイルでないと、「字が小さすぎて見えない!」ということになります。わざわざ、手作りで背中にプロフィールを貼っている人もいますが、声はかけてもらいやすくても、他に歩いている人に声をかけることはできません。
ということで、ウォーキングイベントを開催するときには、背中ゼッケンをすすめるようにしています。背中ゼッケンには個人情報も含まれることがあるので、持ち帰ってもらうのが原則です。自由記入欄に会話をしたいからと携帯電話番号を書く人も中にはいるのですが、トラブル回避のために、これだけはやめてもらうように企画段階で話しています。

三大ヒトケミカルのα‐リポ酸、L‐カルニチン、コエンザイムQ10は、どれも体脂肪の減少効果があることからダイエット用のサプリメントだという認識が広くされています。それは間違いとは言えないものの、ダイエットに役立つ成分というのは結果の話で、その前に起こっているエネルギーを作り出すという働きが重要です。
「三大ヒトケミカル」という表現をしているのは、それ以外にも代謝に必要なヒトケミカルがあるからです。ヒトケミカルはビタミンとミネラルの中にもあります。ビタミンでは、水溶性ビタミンが三大栄養素を燃焼する形に変化させるために必要となっています。その中でもビタミンB群はミトコンドリアの中のTCA回路の燃焼促進には不可欠となっています。また、ミネラルの亜鉛とマグネシウムは細胞を働かせる多くの酵素の働きを補う補酵素となっていて、これが不足するとエネルギー代謝が大きく減少して、細胞の働きも低下することになります。
しかし、このビタミンとミネラルは栄養素であり、通常の食品から補うことができます。ところが、三大ヒトケミカルは食品に含まれているものの含有量は少なく、しかも体内で合成されることから吸収率も低くなっています。食品そのものから補うことは難しくなっていますが、医薬品から移行したサプリメントは食品に比べて吸収されやすくなっています。それでも加工法によって吸収率は大きく異なり、吸収量が少ないことによって、せっかくの機能が発揮されないことにもつながっています。
三大ヒトケミカルは医薬品から食品にも使うことが許可されたものです。健康食品の素材の中には医薬品から食品として使われるようになったものもあり、日本では健康食品素材であっても海外では医薬品の成分となっているものもあります。しかし、三大ヒトケミカル医薬品として機能が、そのままサプリメント素材として許可された他にはない特徴的な成分となっているのです。
α‐リポ酸、L‐カルニチン、コエンザイムQ10については、このサイトの「サプリメント事典」を参照してください。

高齢者はウォーキングのときに、首が前に行き、肩も落ちて、背中が丸まって前かがみになって歩く傾向があり、見た目の印象としてはトボトボ歩きになりがちです。しっかりと背筋を伸ばし、上体の中心に肩を移動させ、その上に首を乗せるという姿勢の作り方を伝えるようにしていますが、それでも前かがみになる人が多くて、それも中高年でも高齢者と同じ感じで歩いている人もいます。
そういう人と出会ったときに話しているのが「下を見て歩いても金目のものは落ちていません」「先に歩いた人に拾われていますよ」ということです。できるだけ前方向の目線を向けて、少なくとも10m以上先を見るようにして歩くことをすすめているのですが、それでも目線が下がることがあります。私たちも、路面を確認するとき、歩きにくい路面があったときには足元を確認しながら歩くようにしています。
正しい姿勢で歩くことをすすめるときには、歩きやすい路面であることを確かめてからにしています。金目のものは落ちていなくても、大きめの石や枝が落ちていたり、秋から冬には枯葉で滑りやすくなっていたり、晴れているときには歩きやすくても雨が降った後には歩きにくくなる路面があることは充分に承知しています。
私たちがウォーキングイベントやトレーニングを行うときには、普通に見ているような距離ではなくて、かなり遠くを見ています。ウォーキングのコースにはクルマが通行する交差点もあれば、信号もあります。赤信号を渡らない当たり前のことを伝えていても、必ず守ってくれるとは限りません。ウォーカーを信用したい気持ちはあっても、万が一の行動で事故が起こってはいけないので、遠くを見ています。ウォーキングの専用ロードがあるところでも、そういった注意は必要で、歩くのが一般道となると歩道からはみ出さないように歩くようにする、歩道がない道ではクルマの通行の邪魔にならないように一列になって歩くことが守られているかも確認しないといけないので、少なくとも目線を下げて歩くことができないということです。

心臓リハビリテーションの話をするときに、つながって出てくる話題にスタチン製剤とコエンザイムQ10の関係があります。スタチン製剤は日本で開発されたHMG–CoA還元酵素阻害薬のことで、高LDLコレステロール血症の患者に対して、コレステロールの合成を抑制するために使われます。コレステロールを体内で合成するメカニズムとコエンザイムQ10を合成するメカニズムは同じであることから、スタチン製剤を使うとコエンザイムQ10の合成量が減ります。コエンザイムQ10は細胞内のミトコンドリアの中で行われる代謝のための補酵素で、コエンザイムQ10なしにはエネルギー代謝が正常に起こらなくなります。
コエンザイムQ10は、もともと心臓病の薬の成分であって、それが今では食品の成分としても認められ、サプリメントにも使われるようになっています。コエンザイムQ10が不足すると心臓病の発症のリスクが高まることから、スタチン製剤を使って治療を行って、せっかく退院することができたのに、また同じ病気で病院に戻ってくるということもあります。そこで心臓リハビリテーションによってコレステロールの調整をはかると同時に、コエンザイムQ10の処方が行われるようにもなっています。
コエンザイムQ10は医薬品としては1日に30mgが摂取量の上限となっています。これに対してサプリメント成分としてなら100mgでも150mgでも使用できます。そこで心臓病の回復期にサプリメントでコエンザイムQ10を摂ることをすすめる専門家もいます。
スタチン製剤は、メバロチン、メバコール、プラバスタチン、シンバスタチン、フルバスタチン、アトルバスタチン、クレストール、リバロ、リピトールというように製薬会社によって名称が異なり、処方されたときにはスタチン製剤なのかを確認しないとわかりにくくなっています。

腎臓病を予防するためにウォーキングなどの有酸素運動がすすめられます。しかし、腎臓病になった人には運動は禁止されるという時代が長く続いていました。それが今では、“腎臓リハビリテーション”と呼ばれる腎臓病の人のための運動法があり、日本腎臓リハビリテーション学会によってガイドラインも設けられています。
腎臓病で運動が禁止されるようなことになったのは、腎臓病患者がマラソンをしたところ悪化したという研究発表があり、本来なら「激しい運動は禁止」とされるべきだったのに、運動そのものがいけないとされてしまった経緯があります。
腎臓病は高血圧によって悪化するので、血圧の上昇は避ける必要があります。これも運動がよくないとされる要因の一つとなっていたのですが、運動をすると血管の内皮で一酸化窒素が合成されます。一酸化窒素は窒素と酸素が組み合わさった無機化合物で、血管の中膜に平滑筋の緊張が緩んで血管が拡張します。もちろん、激しい運動では、これを上回る血圧上昇が起こってしまうのですが、ウォーキングのような適度が運動では血管がゆるむほうが優位になります。
腎臓リハビリテーション学会の副理事長は、以前は心臓リハビリテーション学会の理事長であった医学博士が務めています。心臓リハビリテーションは今では心臓病で手術をした人にとっては当然やるべきこととなっていますが、これも以前は運動をするのではなくて絶対安静とされていた時代がありました。しかし、手術後に動けるようになった段階で心臓リハビリテーションの有酸素運動を行うと治りが早く、再発率も少ないことがわかって、退院してからも有酸素運動を続けることが当たり前のように指導されるようになりました。
心臓リハビリテーションも腎臓リハビリテーションも専門家の指導のもとに行わなければならないことですが、会話を続けながら無理なく歩ける適度なウォーキングなら、予防のためにも回復のためにも続けてよいものといえます。

サプリメントは、一般には健康食品を英語で表現したものと言われています。つまり、「サプリメント=健康食品」と考えられているわけです。日本メディカルダイエット支援機構でも、一般向けにはサプリメントは健康食品や栄養補助食品などを指すと簡単に説明しています。しかし、厳密にいうと等号否定、つまり「サプリメント≠健康食品」となっています。
わかりにくい話かもしれないので、詳しく説明させてもらいます。
サプリメント(Supplement)には補助、補充、補足という意味があります。食品としてのサプリメントはアメリカの「ダイエタリー・サプリメント」(Dietary Supplement)を略したもので、「日常の食生活では不足する栄養成分を補うもの」と定義されています。これに従うと、食品そのものとして食べるものであっても、普段の食事からは不足している栄養を補うものはサプリメントということになりますが、通常では錠剤やカプセルの形状になっているものを指しています。
この錠剤やカプセルの中に、食品から抽出、凝縮、加工が行われた食品に含まれる成分が入っているわけです。
サプリメントは、単に食事で不足するものを補うというだけでなく、体内で不足すると身体機能や健康に影響を与えるものを補うものです。食事で補うことができないと影響を与えるものとしては三大栄養素(糖質、脂質、たんぱく質)とビタミン、ミネラルがあげられていますが、これに私たちは三大ヒトケミカル(α‐リポ酸、L‐カルニチン、コエンザイムQ10)を加えています。三大栄養素、ビタミン、ミネラル、三大ヒトケミカルは、それぞれ体内での作用が異なっていて、他に代わりをする成分がありません。だから、体外から摂取しなければならないわけです。
健康食品に分類されているものの中には、サプリメントとして区分けしなければならないものもあります。それが混同されていることが、サプリメントの分類と役割をわかりにくくさせています。
健康食品は、表示の分類では特定保健用食品、機能性表示食品、栄養機能食品、それ以外の“いわゆる健康食品”に大きく4つに分類されています。このうち栄養機能食品はビタミン(13種類)、ミネラル(6種類)、脂肪酸(1種類)が認められ、それぞれの成分が一定量含まれているものは栄養機能食品の表示をして、認められた範囲での機能性を示して販売することが許可されています。これは身体機能の維持に必要であり、他に代わるものがないので栄養機能食品はサプリメントということになります。
三大ヒトケミカルは細胞のミトコンドリアの中でエネルギー代謝をするために欠かせない成分で、そのために体内で合成されています。しかし、20歳をピークに加齢につれて減少する一方で、これが代謝を低下させる要因となっています。コエンザイムQ10は20歳に比べて40歳代では70%ほどに、60歳代では50%ほどにも減少します。L‐カルニチンは20歳代に比べて60歳代では60%ほどに減少するという研究報告があります。
α‐リポ酸はブドウ糖をエネルギー化されるアセチルCoAに変換させてミトコンドリアに取り込む働きがあります。L‐カルニチンは脂肪酸と結びついてミトコンドリアの膜を通過させる働きがあります。コエンザイムQ10はミトコンドリア内でエネルギー産生するTCA回路を働かせる補酵素の役割をしています。
これらの三大ヒトケミカルが不足しないことでミトコンドリアでのエネルギー産生が充分に行われ、エネルギー物質のATP(アデノシン三リン酸)が多く作られます。ATPは体熱を作り、全身の細胞を機能させるエネルギー源となります。全身の臓器や器官の働きのほか、脳や神経の働き、免疫などのエネルギー源となっているため、三大ヒトケミカルの不足は全身の機能低下や老化を進める原因となることがわかります。

テレビのバラエティー番組で、寿命を延ばすための方法の一つとしてウォーキングが紹介されていました。ウォーキングを実践して、歩き方を紹介していたのは長寿研究の専門家でしたが、歩き方はよいとしても、ウォーキングをすると、しかも歩幅を広げて早歩きすると活性酸素は増えない、と説明していました。この番組を見ていた雑誌記者から時間を置かずにメールが入りました。「ウォーキングは活性酸素が増えにくいのが正解で、増えないと言ったら間違いではないのか」という内容でした。
私たちはウォーキングでは活性酸素は増えにくい、と説明しています。活性酸素は身体を動かすことによって細胞のミトコンドリアでエネルギーを作り出すときに発生します。その量は吸い込んだ酸素の2〜3%とされています。身体を動かして、酸素を多く取り込み、エネルギー源の糖質(ブドウ糖)や脂質(脂肪酸)を代謝させた結果として発生するので、ウォーキングをすると多く発生しそうな感じがします。安静にしているよりも、日常的な生活をしているときよりも増えることは間違いがないのですが、それほど多くは増えません。
最大酸素摂取量という運動の限界に達した状態を100%とすると、70%ほどの活動量までは活性酸素は大きく増えません。これを超えると一気に活性酸素は増えていきます。というのは、活性酸素を消去する酵素が体内にはあって、この酵素が働くためには酸素が必要だからです。そのために適度に取り込む酸素が増えている段階では、活性酸素は急激には増えないのです。
これは私たちだけの考えだけでなく、多くの研究によって明らかにされていることです。研究者の先生なら知っていて当然と思うことなので、番組のスタッフも見逃していたのかもしれません。もちろん大きく増えるようなことがないので大間違いとは言えないものの、少なくとも増えないという表現は見逃せないことです。

サプリメントの吸収率が低いのは化学的な性質にもよるのですが、分子のサイズによっても吸収率は大きく異なります。腸壁を通過できるサイズは決まっているので、それ以上のサイズのものは腸から通過されず、排泄されます。そのために吸収率を高めるためには、サイズを小さくする加工がされています。逆に、通過させたくないものは分子を大きくします。そのものを大きくできないときには、水溶性食物繊維を用いて、分子が集まるようにして通過を妨げる方法も使われます。
通過させるための方法としては、シクロデキストリンを用いて小さなサイズにして吸収させるという方法もあります。シクロデキストリンで吸収のために使われるのは、ブドウ糖が8個、輪になってつながったタイプです。輪になることから環状オリゴ糖とも呼ばれます。オリゴ糖はブドウ糖が複数つながったもので、鎖状につながるのではなくて輪になっているとうことで環状オリゴというわけです。シクロデキストリンの内径は1nm(ナノメートル)という遺伝子のDNAと同様のサイズとなっています。この極小の輪の中に、吸収させる成分を入れ込むことで、高率で効率よく吸収させることができます。
吸収率が高いものとしてナノサイズの成分があげられます。ナノサイズというと、なんだか吸収されやすい感じがしますが、“ナノサイズ”と表現できるのは100nmまでの大きさです。シクロデキストリンのサイズは1nmです。これを見て、100nmは100倍だと思ったら大間違いです。立体は「縦×横×高さ」となります。一辺が100nmだと全体量は100×100×100で100万nmとなります。つまり1mm(ミリメートル)です。
吸収の世界では1mmは大きすぎるサイズで、そのままでは吸収できない大きさとなっています。ナノサイズというイメージに迷わされるのではなくて、どれくらいの大きさなのかを確認してから使うようにしたいものです。

コエンザイムQ10の吸収率については前に紹介しました。一般に吸収率というと半分くらいは吸収されるイメージがあるかもしれませんが、ミネラルではカルシウムは30%、鉄は20%といわれています。コエンザイムQ10は脂溶性の性質があるために、なんと吸収率は1%となっています。それも食事をした後の、胃の中に脂肪がある適した状態でも、その吸収率であって、空腹時に摂ったら0%、つまり素通りということで、まったく吸収されません。
なぜ1%という低い吸収率なのかというと、もともと体内で合成される成分だからです。コエンザイムQ10は体内で合成され、20歳代をピークに減少し続けています。体内で合成されるので、吸収率が高くなる必要はなかったわけです。しかし、医薬品の成分としては吸収されやすくなっています。現在はサプリメントして使うことができますが、医薬品と同じ成分を用いているので、吸収率は高くなっています。つまり、食品では非常に低い吸収率であっても、サプリメントとしては高い吸収率となっているものもあります。
コエンザイムQ10というと還元型のコエンザイムQ10が有名です。コエンザイムQ10は体内では還元型となっています。だから、還元型コエンザイムQ10を摂るのがよいと考えられています。還元と酸化は相互的な関係で、酸素のマイナス電子が欠けるのが酸化、マイナス電子が補われるのが還元です。食品に含まれているコエンザイムQ10は酸化型ですが、酸化型は肝臓で還元型に変換されてから有効性を発揮するので、その分だけ効果が低下すると説明されています。だから、還元型コエンザイムQ10を摂るのがよいと言われています。
しかし、酸化型コエンザイムQ10はマイナス電子を補うビタミンCがあると体内で還元型コエンザイムQ10になります。なにも還元型コエンザイムQ10を摂る必要はなくて、この事実から酸化型コエンザイムQ10とビタミンCを一緒に摂ればよいということがわかります。
コエンザイムQ10については、このサイトの「サプリメント事典」を参照してください。

対象者の「5人に1人」という数字はよく出てきます。国民健康・栄養調査の結果によると、糖尿病患者は約1000万人、その予備群も約1000万人と推計されています。比較対象は成人人口の約1億人なので、糖尿病患者と糖尿病予備群は5人に1人の割合となります。
厚生労働省の発表(2015年)によると、認知症の患者数は約462人で、65歳以上の高齢者の約7人に1人の割合と推計されています。認知症の予備群の軽度認知障害の人は約400万人で、これを合わせると高齢者の4人に1人の割合となります。このままの勢いで進むと、団塊の世代が75歳以上となる2025年には認知症患者は700万人に達して、高齢者の5人の1人の割合になると推計されています。
2018年の高齢化率は27.7%で、2025年には30.3%になると推測されています。高齢になると認知機能が低下することから、高齢化率が高まるほど認知症と軽度認知障害は増えていくのは当然のことです。本来なら医療の進展によって“当然のこと”とはならないのですが、認知症は治療薬はあっても、いわゆる治すというレベルではなくて、症状の進行を遅らせるというものなので、この先も高齢化率が高まるほど認知症も軽度認知障害も増えていくと推測されているのです。
高齢化率は2055年に39.4%となると推計されています。それと同じような状況になっている自治体は、今後の高齢化対策のモデルとなる地域として注目されています。一つが、日本メディカルダイエット支援機構が活動している岡山県和気町です。高齢化率が40%に達しているという県のデータもあり、約1万4000人の住民で40%とすると5600人が高齢者となります。高齢者の5人に1人が認知症との計算を当てはめると1120人も認知症がいることになり、さらにほぼ同数の軽度認知障害がいるとすると、2000人を超える方々が認知機能が低下している計算です。
こういった状況に対応するには、認知機能の好影響を与えることが多くの研究成果によって裏付けられているウォーキングによる有酸素運動を取り入れて、無理なく無駄なく、楽しみながら歩ける環境作りによって認知症予防に取り組むことが重要であると考えています。