最新情報

機能性表示食品は検査数値を下げられるのか

サプリメントの講習のときのこと、一般の健康食品、機能性表示食品、特定保健用食品の3つの分類について説明したあとに、「使うべき人が違っているのですよね」という驚きの感想を述べた人がいました。何が驚きだったのかというと、健康食品も機能性表示食品も特定保健用食品も健康な人を対象にしてしか試験をしていないので、対象者が異なるという発想をしていなかったからです。それなのに、「今の自分の状態からして、これを選


家族には伝えるが本人には伝えない認知症

「認知症のよいところ」という話をする専門家がいます。医薬品の有効性の調査をするときには、本物の医薬品成分が含まれたものを使ってもらうグループと、本物の成分が含まれていないプラセボ(偽薬)を使ってもらうグループとに分けています。偽物なら効果がないのは当たり前と考えるかもしれないのですが、使っている本人(治験者)には本物か偽物かを伝えていないのですが、本物と思って使っていると、有効成分が含まれていない


高齢社会白書「高齢化率は過去最高の28.1%」

内閣府から令和時代初めての「高齢社会白書」が発表されました。調査されたのは平成30年ですが、この発表の中で一番に注目されるのは高齢化率の延びです。日本人の人口は平成30年10月1日の段階で約1億2644万人で、65歳以上の人口は約3558万人。総人口に占める高齢者の割合(高齢化率)は28.1%と、過去最高を記録しました。 65〜74歳の前期高齢者は約1760万人、総人口に占める割合は13.9%、


NIHのHは健康か衛生か

NIHの室内照明と太ることの関係性の情報を紹介した後、メディアや読者から問い合わせが相次いだのですが、その中にNIHの和訳についての質問がありました。このサイトではアメリカのNIHを国立健康研究所と表記しました。NIHはNational Institutes of Healthの略です。アメリカ合衆国の保健福祉省公衆衛生局内の研究組織です。1万8000人以上のスタッフのうち6000人以上が研究者で


照明を点けての睡眠で太る理由

新たなダイエット法が発表されるたびに、メディアから問い合わせがあります。その多くは、説明されているメカニズムは本当か、誰にも同じことが言えるのか、それとも人によって違うのか、といったことなのですが、今回の問い合わせは違っていました。「寝るときに室内の照明を点けていると太るというアメリカの調査結果の理由を聞きたい」というものでした。その発表は耳にしていて、というかネット情報で目にしていて、おそらく理


後期高齢者が急増する町は歩いて認知症予防

昔話の桃太郎の始まりは「昔あるところにおじいさんとおばあさんがいました」ですが、現在では「いたるところにおじいさんとおばあさんがいます」となっています。そんな超高齢社会には昔話の最後は「めでたしめでたし」と言って終わっていいのかという強い思いがあります。この例として出したのは、高齢化率の話と、前期高齢者と後期高齢者の割合の話です。 日本全体の平均と地域の現状は大きな違いもあるので、平均の数字で話


「運動×栄養×休養」のゴールは認知症予防

深く考えもしないで生きていると、チコちゃんばかりか子供にも孫にも「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と言われてしまいそうですが、日本メディカルダイエット支援機構は冗談半分で「ボーっと歩いてんじゃねーよ」いうことを話しています。歩くことは健康によい、足腰によい、ということだけでなくて、認知機能の改善に役立つという発表もされています。 認知機能の改善によいということを信じて、これを目的にして歩くとなると


団塊ジュニアが高齢者になる2040年問題

金融庁の報告書で、老後は年金だけでは2000万円不足するので、30年間は毎月5万円を自力で用意する“自助”が必要ということが発表されてから議論が巻き起こされています。65歳の高齢者1年生の30年後というのは95歳です。現在の男性が約81歳、女性が87歳という平均寿命が、ここまでの延びるのかというと、これは期待薄なので、95歳まで長生きした場合のことという一つの例であろうと思われます。 高齢者の割


どうすればカイジ顆粒を使うことができるのか

「医薬品である漢方生薬が日本では健康食品として使用できる」という話は、中国の医薬品の事情がわかっていないと、違和感を感じるかもしれません。日本の健康食品は、あくまで食品であって、医薬品ではありません。中には健康食品は医薬品の成分が薄いもの、といった勘違いをしている人がいるのは事実ですが、日本では医薬品は化学合成品であって、天然素材をそのまま使っているわけではないので、こういう考えをするのも当然かも


中医学生薬の“槐耳”って何?

中国の医薬品には、生薬の天然素材そのものが使われることもある、という話を紹介させてもらいましたが、すぐに私たちのサイトのファンの一人であるネットメディアの編集者から「金克槐耳顆粒って何?」というメールが入りました。突然に固有名を出したので、当然の反応かと思います。日本の場合には医薬品というと、その元が天然素材であっても、それに含まれる成分を解析して、それを化学合成したものが医薬品となります。天然素