最新情報

本当に老けない食事術

日本メディカルダイエット支援機構の役員は、他の団体の役員も引き受けることがありますが、たまたま理事長、副理事長を含めた3人の理事が、同じ団体で理事を務めることになりました。その名も「ヒトケミカル研究会」という一般社団法人です。一般社団法人というのは、公益社団法人ではない社団法人が名乗るのですが、一般向けにヒトケミカルの活用法を広く伝えていくということでは一般社団法人という名称まで含めて、よいネーミ


本当なのか冗談なのかをチェックも仕事のうち

本人は冗談で言っているつもりなのに、聞いている方が冗談と思わず、これがきっかけで認知機能の低下がわかった、という話を前回したところ、これを見て、納得できるという反応がありました。いつもは即座の反応はネタ探しをしているメディア関係者に多いのですが、今回の反応はセミナーを開催している公益法人の事務局の方でした。講演者が話したことが冗談なのか、本当の話なのかを理解しておかないと、後になってトラブルを起こ


「お刺身ぶり」が通じない

日本メディカルダイエット支援機構の理事長が講演の中に入れ込んでくるギャグは、まず通じないということはなかったのですが、高齢者の中でも認知機能が低下してくると、ギャグをギャグとして感じてくれないことがあります。これが認知機能の検査の一つになるからと、連発してくれと言われることもあります。しかし、連発すると聞いている方は構えてしまい、検査の意味がなくなります。思いもしないところで、いきなり繰り出すので


健康によい食品も年齢を重ねると害になる

断定をしたがるのがメディアの特徴だけに、今回のテーマにあるように「害になる」と断定するような表現は本来なら慎むべきところでしょう。「害になることもある」と書かなければならないところを、あえて断定をしてみました。この文をきっかけに、メディアの問い合わせがあり、問題提起ができればと考えているからです。 健康によい食品といっても一時のブームで終わってしまうようなものではなくて、きな粉や納豆、朝バナナな


和食と洋菓子の組み合わせはよくない

和食と洋菓子の組み合わせはよくない 糖尿病についての番組を企画しているディレクターから、「食事面での新しい切り口はないか」との問い合わせがありました。新しいと言われても、糖尿病の食事療法は過去に語られるだけ語られてきたので、正しいことだと患者に間違って認識されていることについて取り上げることを提案しました。それは、このコーナーでも述べていることで、「血糖値を上昇させるからとご飯の量を減らすの


お酒が許される糖尿病患者の条件とは

糖尿病患者は間食の甘いものが禁止されるという話を前回したときに、お酒のほうが禁止は守られやすいという話をしたところ、すぐに雑誌の編集者から質問がありました。禁止されるといっても、中には許可される場合もあるということに反応したのです。糖尿病患者で、飲酒が許可されるのは、まずは血糖値のコントロールがうまくいっていることが大前提の条件となります。大前提が少しでも崩れていたら、絶対に飲酒は許可されません。


なぜ糖尿病患者は糖にだけ甘いのか

糖尿病は高血糖状態が続くことで、膵臓から血糖値を下げる作用があるホルモンのインスリンが出続け、そのために膵臓が疲弊して、急にインスリンの分泌量が大きく低下します。これが糖尿病の始まりです。糖尿病を改善するためには、血糖値が大きく上昇しないようにすることと同時に、血糖値が低くなる時間を長くすることが必要になります。血糖値が低い時間帯には、膵臓を休めることができます。休めば、それで回復ができるとは限ら


糖尿病は「しめじ」が出なければ病気ではないのか

ここのところ糖尿病の話ばかりしているので、交流しているテレビのプロデューサーから「糖尿病になったのですか」と連絡が入りました。糖尿病ではなく、糖尿病の研究をしているだけで、健康寿命延伸による地方創生に関わっていると、嫌でも糖尿病患者と家族、糖尿病の治療に関わる専門家との交流が増えていくので、問題点を実感させられる機会が多くなっているだけです。 理事長の父親は42歳の厄年に糖尿病になり、祖父も糖尿


経歴を自慢話にしないために、という話

言い方がよくなくて、せっかくの話が伝わらなくて、なんだか面白くないセミナーや講演になるというのは、よくあることです。それなら、少し評判が悪くなる程度で済むのですが、相手が反発して元も子もなくなるということもあります。まずは、評判に関わる話のほうからさせてもらいます。 日本メディカルダイエット支援機構の相談役である薬学博士の久郷晴彦先生は、「講演で知らない言葉が三つ出てくると聞いてくれなくなる」と


ダイエットはヘルスケアなのか

ダイエットというと、なんだか“いかがわしい”ムードが漂う言葉と思っている人は少なくありません。私たちが日本メディカルダイエット支援機構の立ち上げを考えて、各方面に説明をしたときには「たかだかダイエットなのに“メディカル”はないだろう」という反応が多く、「メディカルダイエットという言葉は医学界に失礼だ」という反応さえありました。それが今ではメディカルダイエットは独立した言葉として浸透しています。「私