体質改善

栄養素として食品から摂取しなければならないビタミン、ミネラルはエネルギー代謝を促進するために必要な成分となっています。
ビタミンは水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに大きく分けられています。水溶性ビタミンは水に溶けることから、いつ摂っても吸収されるのに対して、脂溶性ビタミンは油脂に溶けてから吸収されるために食後に摂る必要があります。
ビタミンは小腸から吸収されたのち、肝臓から血管を通って各組織に運ばれ、エネルギー源の代謝を補助する働きをしています。水溶性ビタミンのビタミンB群とビタミンCは、酵素の働きを補う補酵素して働き、糖質、脂質、たんぱく質の代謝を促進します。
糖質がブドウ糖に分解されるときにはビタミンは関与していないのですが、ブドウ糖がアセチルCoAに変換されるときにはビタミンB₁、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸が必要となります。脂質が脂肪酸に分解されるときにはビオチンが働き、逆に脂肪酸が脂質に合成されるときにはナイアシンが働いています。また、脂肪酸がアセチルCoAに変換されるときにはビタミンB₂、ナイアシン、パントテン酸が必要となります。
たんぱく質がアミノ酸に分解されるときにはナイアシンが、逆にアミノ酸がたんぱく質に合成されるときにはビタミンB₆、ビタミンB₁₂、葉酸が必要になります。また、アミノ酸がアセチルCoAに変換されるときにはビタミンB₆が必要になります。そして、アセチルCoAからエネルギー産生が行われるときにはビタミンB₁、ナイアシン、葉酸、ビタミンB₁₂が必要になります。このようにビタミンB群が組み合わされて、代謝が行われているわけです。
アセチルCoAは細胞のミトコンドリアの中でTCAサイクルの中でクエン酸から始まって、次々に別の酸に変化して、一周することによってATPが発生します。アセチルCoAがクエン酸に変化するときにはビタミンB₁、ビタミンB₂、ナイアシン、パントテン酸が、クエン酸からイソクエン酸に変化するときにはビタミンB₂、ナイアシン、パントテン酸が、イソクエン酸からα‐ケトグルタル酸に変化するときにはナイアシンが、α‐ケトグルタル酸からスクシニルCoAに変化するときにはビタミンB₁、ナイアシン、パントテン酸が、スクシニルCoAからコハク酸に変化するときにはビタミンB₂が、コハク酸からフマル酸に変化するときにはビタミンB₂が、そしてリンゴ酸からオキサロ酢酸に変化するときにはビタミンB₂、ナイアシンが必要となります。
これらの変化による燃焼を促進するためにはビタミンB₆、ビタミンB₁₂も補酵素として使われるため、すべての水溶性ビタミンが必要だということが理解できます。
人体の約95%は炭素、水素、酸素、窒素などの元素が結合した有機物で、残りの約5%の元素の無機質がミネラルとなっています。体内に必要な16種類のミネラルは必須ミネラルと呼ばれる。ミネラルのうち体内に比較的多い7種類(カルシウム、リン、カリウム、イオウ、ナトリウム、塩素、マグネシウム)は多量(主要)ミネラル、少量しか含まれない9種類(鉄、亜鉛、銅、ヨウ素、セレン、マンガン、モリブデン、クロム、コバルト)は微量ミネラルと呼ばれます。
ミネラルには、骨や歯などの身体の構成成分になるほか、体液に溶けてpH・浸透圧を調整する、酵素の構成成分になる、神経・筋肉の調整をするなどの作用があります。
ミネラルは吸収されたあと、肝臓に運ばれ、他の物質と結合するなどして、全身の必要とされる組織に運ばれます。それぞれの組織はミネラルが補われることによって、本来の機能が発揮されます。ミネラルは主には小腸から吸収されますが、亜鉛の一部は胃から、ナトリウムの一部は大腸からも吸収されます。鉄はビタミンCとの組み合わせによって、カルシウムはマグネシウムやビタミンDとの組み合わせによって吸収率が高められます。
ミネラルのうち、マグネシウム、亜鉛、銅、マンガン、セレンは補酵素としても働き、エネルギー代謝には欠かせない存在としてヒトケミカルとしてあげられています。
マグネシウムは多量元素のミネラルで、体内では60~65%は骨に含まれ、残りは肝臓、筋肉、血液などのタンパク質と結合して存在しています。300種類以上の酵素に作用する補酵素であり、筋肉の収縮、神経の興奮抑制、血管拡張による血圧降下などの作用があります。食品では、ひじきやわかめ、アーモンド、ピーナッツ、大豆などに多く含まれます。
亜鉛は栄養素の代謝や生命活動などに関わる化学反応に携わるミネラルで、200種類以上の酵素の構成成分であり、体内では皮膚、毛髪、肝臓、腎臓、睾丸、舌の味蕾などの新陳代謝が盛んな細胞に多く含まれます。不足すると新陳代謝の低下から皮膚炎、脱毛、爪の異常、味覚異常などが現れやすくなります。また、亜鉛は膵臓から分泌されるインスリンの構成成分で、インスリンの分泌量を調整して血糖値を下げる働きがあります。また、筋肉細胞がインスリンと反応してブドウ糖の取り込みを行う際に必要となります。食品では、カキ、牛肉、豚肉、鶏肉、鶏卵(特に卵黄)、ナッツ類に多く含まれます。
銅は微量元素の必須ミネラルの一種で、鉄の赤血球を作り出す働きを補助する成分であり、赤血球のヘモグロビンの合成には銅が含まれた酵素が必要になります。体内の過酸化物質を分解する酵素(SOD)の成分であり、細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用があります。食品では、カキ、スルメ、レバー、ナッツ、大豆、ココアなどに多く含まれます。
マンガンは微量元素の必須ミネラルの一種で、骨の形成、消化の補助、糖質と脂質の代謝、成長や生殖を補助する成分となっています。体内の過酸化物質を分解する酵素の成分であり、細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用があります。食品では、全粒穀類、豆類、ナッツ、茶葉などの植物性食品に多く含まれます。
セレンは微量元素の必須ミネラルの一種で、体内の過酸化物質を分解する酵素(グルタチオンペルオキシターゼ)の構成成分であり、細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用があります。血圧を調整するホルモンのプロスタグランジンを作るために欠かせず、セレンの補給で細胞の老化を遅らせ、生活習慣病の予防につながります。ビタミンEとともに摂取すると抗酸化作用が高まります。食品では、アジ、イワシなどの魚介類、動物の内臓、肉類、卵黄に多く含まれます。
ビタミン、ミネラルは三大エネルギー源(糖質、脂質、たんぱく質)と並んで五大栄養素と呼ばれています。以前は不要なものと考えられていた食物繊維も健康の維持には必要であることが明らかになり、六大栄養素と呼ばれるようになっています。
三大エネルギー源はエネルギー産生の原材料であり、これをビタミン、ミネラルが代謝を促進するために用いているわけですが、ミトコンドリアの中におけるエネルギー産生のために欠かせないのが三大ヒトケミカルのR‐αリポ酸、L‐カルニチン、コエンザイムQ10の役割となっています。三大ヒトケミカルの存在によってエネルギー代謝が完成することから、代謝に注目して「ビタミン、ミネラル、ヒトケミカル」という呼び方が広まりつつあります。