体質改善

ビフィズス菌は赤ちゃんの腸内では腸内細菌の90%ほどを占めていますが、成人になるとビフィズス菌の割合は10%ほどにも低下し、それ以降は減っていく一方になります。そこで、腸内のビフィズス菌を増やす方法として、ビフィズス菌が好んで取り込んでいるオリゴ糖を摂ることがすすめられます。
腸内環境を整えるために摂る乳酸菌のことをプロバイオティクス(Probiotics)といいます。これは乳飲料会社がPRで使っている言葉ですが、ヨーグルトやサプリメントの乳酸菌だけでなく、納豆、味噌、漬け物などの乳酸菌が含まれる発酵食品もプロバイオティクスとされています。これに対して、善玉菌の栄養源となるものはプレバイオティクス(Prebiotics)と呼ばれています。オリゴ糖は、これに当たります。
プロバイオティクスとして乳酸菌を摂るときに、100億個を目安と考えている人は少なくありません。この100億個という数は、乳酸菌をすすめるテレビコマーシャルによく登場することです。100億個も摂れば腸の中で善玉菌が一気に増えるような印象が抱かれがちですが、腸内細菌全体の数と比べると、かなり少ない数です。
腸内細菌は約1000兆個も存在しているので、100億個の乳酸菌は10万分の1でしかありません。腸内細菌の善玉菌の割合はよい腸内環境の人で20%、悪玉菌が10%、日和見菌が70%と一般に説明されています。善玉菌が20%と計算しても100億個は2万分の1で、これでもあまりに大きな違いです。
2万分の1であっても、毎日摂り続けていれば徐々に増やしていけるのではないか、というのは当たり前の発想です。これで計算すると1年で55分の1の量になります。ところが、人間の身体は計算通りにはいかず、腸まで届いた乳酸菌が、もともと腸内にいた善玉菌と同じように腸内に定着してくれればよいのですが、外から届けた乳酸菌は腸内では1~2日しか生存しません。
しかし、乳酸菌を摂り続けていると、腸内の善玉菌が増えていき、徐々に便通がよくなっていきます。というのは、食品や健康食品として腸内に届けられた乳酸菌は、腸内で生き残っている間に発酵を進めてくれます。発酵すると酸性成分が作られます。乳酸菌によって作られたヨーグルトは酸性になっていくわけですが、腸内でも発酵が進むと同じことが起こっています。腸内細菌の善玉菌は酸性傾向の中で増殖して発酵も進めていくため、乳酸菌によって作られた酸性成分によって酸性傾向が強まっていきます。その環境の中で善玉菌が増えていくので、健康食品などで摂った乳酸菌が、あたかも腸内にとどまって、善玉菌を増やしたのと同じ結果となるわけです。