体質改善

「日本人は腸が長い」ということは今では常識として語られるようになっています。腸がおさまっている胴体の長さを欧米人と比べてみると、身体のサイズが小さな日本人のほうが短くなっています。身体のバランスからいうと日本人は胴体の割合が多いので、胴長短足ということを言われますが、実際には胴体は小さいのです。
臓器の大きさは体の大きさに比例するので、日本人の腸の長さは短くてもよいはずです。ところが、日本人は小さな胴体の中に、欧米人よりも1.5~2mも長い腸が詰まっています。日本人の腸の長さは全体で7.5~8.5mもあり、そのうち小腸が6~7m、大腸が1.5mとなっています。
日本人は歴史的に食物繊維が多い食品を食べてきたことと、低エネルギーの食事をしてきたことが、腸が長くなった理由としてあげられています。
低エネルギーの食事をしていた時代には腸の長さは利点だったものの、今のようにエネルギー量が高い肉食の機会が増え、多くの量を食べられるようになった時代には欠点となっています。腸が長いと腸壁の面積も広くなるため、吸収力もよくなっています。小腸は、十二指腸、空腸、回腸から構成され、栄養素の一部を消化するとともに90%以上の栄養素を吸収する働きがあります。
さらに、日本人は低エネルギーの食事から多くのエネルギー源を取り込めるように、分解や吸収に関わる酵素の働きを強めて、吸収率も高めてきました。面積が広くて、さらに吸収率が高ければ、同じだけの肉食をしても血液中の脂肪も、脂肪細胞に取り込まれる脂肪も増えるようになるわけです。それが血液中の中性脂肪やブドウ糖、コレステロールを増やすことになり、動脈硬化のリスクを高めているのです。