コリン

細胞膜や神経組織を構成するレシチンや神経伝達物質のアセチルコリンの材料となる物質です。血管壁へのコレステロールの沈着や肝臓の脂肪蓄積を防ぎ、血管を拡張して血圧を下げる作用があります。ビタミンB群に類似しており、肝臓でも合成されます。食品ではレバー、赤身肉、魚、ナッツ、卵などに含まれます。サプリメントでは、卵黄コリンとして痴呆の予防を目的としたものがあり、ビタミンB₁₂とともに摂ることで痴呆症状の改善が報告されています。