作成者別アーカイブ: JMDS

サプリメントの摂取といえば、食後という人が多いようです。食事の後に薬を飲むのと同じ感覚で、サプリメントの取り忘れがないタイミングであるのは間違いありません。食後に薬を飲むのは、薬が効きすぎないようにするという理由もあります。例えば、血圧や血糖値を下げる薬は急に吸収されると血圧や血糖値が下がりすぎる危険性があります。ところが、食事の後に飲むと吸収がゆっくりとなることで効きすぎが抑えられるということがあります。また、薬が胃を荒らすのを防ぐという意味もあります。
食後にサプリメントを摂ると眠くなって、そのまま寝て、夜中に目が覚めて寝つけなくなるという人がいます。そのことについてサプリメントに詳しい医師やサプリメント指導の先生に聞いてみました。その答えが多彩で、夕食後に眠くなるのは普通のことで、昼間の間に頑張りすぎているのではないか、という意見があり、自律神経が興奮系の交感神経から抑制系の副交感神経に切り替わるのが夕方なので、サプリメントの摂取と関係ないのでは、という考え方です。
しかし、サプリメントを摂らないときには眠くならないということもあり、サプリメントの影響を考えてほしいとお願いしたところ、「亜鉛には眠くさせる作用がある」という情報を寄せてくれた方がいました。調べてみると、そういった事実もあったのですが、もしも亜鉛のサプリメント摂っていない場合のことを聞いてみました。そこで返ってきたのは「肝臓に負担がかかっていることが考えられる」とのことです。
肝臓は栄養素を分解する器官ですが、分子レベルで見ると食べ物も有害物も毒もサプリメントも同じで、多くの量が入ってくると肝臓に負担がかかり、肝臓が頑張って働くことで疲労感が生じます。このことが眠くさせるのではないかということです。肝機能は年齢を重ねると低下しやすく、特に日本人は肝臓が小さいことから肝機能が低下しやすくなっています。というのは、肝臓は体重の50分の1のサイズなので、身体が小さい日本人は機能が低下しやすいことが指摘されています。
人間ドックの実態調査では本人は意識していないのに、肝機能の低下が指摘されるのは4人に1人という報告があり、肝機能が低下している場合には有効成分が凝縮されているサプリメントは危険性もあります。肝臓のためにとウコンを摂っている人もいますが、ウコンの健康被害では肝臓に影響が出ている人が多くなっています。ウコンは漢方では鬱金という医薬品成分で、ウコンの摂りすぎは肝臓に負担をかけることになります。お酒を飲む人にはウコンはアルコールとアセトアルデヒドの分解効果はあっても、飲まない人には肝臓に負担をかける危険性があるということも教えてもらいました。

食欲は脳の視床下部にある中枢がコントロールしていて、それに関与しているのはブドウ糖です。食品の糖質に含まれているブドウ糖が小腸から吸収されて血液中に入り、血液中のブドウ糖の量、つまり血糖値が上昇すると脳には食べ物が多く入ってきたという情報が伝わって、満腹中枢が刺激されて食欲が抑制されるようになります。その逆に、血糖値が降下すると脳にはブドウ糖が減った、つまり食べる量が不足しているという情報が伝わって、摂食中枢が刺激されて、食欲が亢進するようになります。
おいしいものを目にすると、実際には胃の中に充分すぎるくらいに食べ物が入っていても、食欲が湧いて食べたくなる、満腹だったはずなのに食べることができたという“別腹”が起こることもあります。これは食べられるときに溜め込んでおこうという飢餓状態から遺伝的に伝えられてきた本能を働かせるために、オレキシンというホルモンが分泌されて、胃を動かして食べ物が入るスペースを作ろうとするからです。
もう一つの別腹に関わるホルモンはセロトニンです。精神的に不安定になると安定させるために分泌されるホルモンで、ストレスがかかっている人ほど分泌されやすくなっています。セロトニンは身体の活動が盛んな春から夏に分泌量が多くなるのですが、秋になってセロトニンの分泌が低下すると、脳に多く取り込もうとする働きが起こります。セロトニンは脳に入るときにブドウ糖があると優先的に取り込まれる特徴があります。セロトニンの分泌が低下すると、取り込みを盛んにするためにブドウ糖が多く必要になり、そのために秋になると食欲が増してくるというメカニズムになっています。
この仕組みからすると、冬にも食欲が高まりそうですが、秋に食欲が増すのは、セロトニンの不足に慣れていない段階だからだと考えられています。季節の変わり目には反応が強く出て、食欲が増すと同時に、秋にはおいしいものが多くなることも関係しているようです。

メディカルダイエットは生理学研究に基づいた体脂肪コントロール法を研究していることから、正しい方法で実践することから、望んだような効果が得られる手法となっています。ということは、あまり苦しまずにダイエットができる方法だと認識されているのですが、そのメディカルダイエットの支援をしている私たちは苦しいことになっています。「メディカルダイエットは無理なく無駄なく」をモットーとしているのに、苦しいと言わなければならないのは、日本メディカルダイエット支援機構の成り立ちに関係しています。
日本メディカルダイエット支援機構は、臨床栄養と健康スポーツに関連する団体の先生方の協力を得て、健康科学情報を発信する、その名も「健康科学情報センター」と、健康関連のジャーナリストと編集者によって構成される「健康ペンクラブ」の事業をまとめる形で、特定非営利活動法人(NPO法人)として内閣府に認証を求める書類提出をしました。2008年のことです。
初めて提出したときの反応は、「メディカルに携わる役員でないのに何がメディカルか」というものでした。メンバーが医療に関わる者でなければメディカルの名称を使うのはおかしいという判断だったのかもしれないのですが、私たちの感覚では“メディカルの人たちによるダイエット”ということではなくて、「メディカルダイエット」という一つの名称です。
担当者は“メディカル”に注目して意見を述べてきたのですが、私たちは“ダイエット”に注目して返答をしました。“ダイエット”は、やせるとか太らない、体重や体脂肪を減らすという意味に捉えられがちですが、ダイエット(diet)に、もともとやせるという意味はありません。本体の意味は作戦、戦略、方針といった意味で、正しい方針に基づいた方法で望んだ結果を得ることがdietとなりました。そこから転じて、食事療法、運動療法がdietになりました。ちなみにですが、国会は英語では「the diet」となります。正しい方針に基づいて議論をするところだからです。国会議事堂前駅の英語表示は「national diet building」です。
この説明をしたのですが、充分に理解されなかったものの、特別に許可をされてメディカルダイエットと名乗ることができました。その代わりに、ここが苦しさの始まりなのですが、商売にメディカルダイエットを認めたら変な稼ぎ方ができるということから、教育と情報発信だけでは公益事業として利益をあげることはできるものの、それ以外に金稼ぎをしてはいけないという公益100%の特定非営利活動法人になったこと、これが稼げないのに頑張り続けるしかない“苦しい”状況となっています。

浦和がつく8つの駅名、船橋がつく9つの駅名、武蔵がつく23の駅名は、その地域に生まれ育った人でないと行き先を間違えるということも少なくありません。同じ文字が使われた駅では、東京のJR総武線の小岩駅と新小岩駅があり、降車駅を間違うというのは、よくあることです。日本メディカルダイエット支援機構の理事長の栄養学の師匠が新小岩駅から歩いていけるところに住んでいたのですが、何度か間違えたということがありました。
小岩駅は明治32年に始まり、新小岩駅は大正15年に始まったので、想像のとおり新小岩駅のほうが後になってできました。当初は、小松菜の発祥地の江戸川区小松川地域に合わせて小松駅とする案が出たものの、石川県小松市の小松駅があったことから新小岩駅と命名されたと伝えられています。
何度か通ううちに降車駅を間違えなくなっても、次に厄介なのが住所です。小岩駅の周辺には小岩という住所はなくて、江戸川区にあるのは北小岩、東小岩、西小岩、南小岩です。東西南北に分けられているので、小岩だけなら、あまり間違えないはずです。新小岩駅のほうは葛飾区で、こちらには新小岩という住所が存在しています。他に東新小岩と西新小岩があって、こちらも間違いにくいはずです。
ところが、小岩と新小岩の混同となると、これが厄介で、訪ね歩いているうちに迷子になったり、郵便物や宅配便などが西新小岩と書かれていなければならないのに西小岩と書かれていて、迷子状態になったというのは、よくある話です。中には、北新小岩、南新小岩と、小岩にしか存在しない南北の記載が小岩のほうにあったり、東と西が抜けていて新小岩だけとなると、これも迷子状態の原因です。
スマホのナビがあれば間違わないだろうと思われがちですが、検索で打ち込むときに西新小岩と西小岩を間違えたら、ナビ頼りの人は、ますます迷うことになります。

山本リンダが出演するイベントに参加してきた日本メディカルダイエット支援機構の理事長が、「耳に残って何度でも歌ってしまう」と話していたのは“狙いうち”です。ウララウララ〜で始まる曲で、今どきの若い人だと山本リンダのヒット曲というよりも、高校野球の応援歌として聞いたことがあるという返答が多くなっています。
その理事長が口ずさんでいたのは、ウララではなくて“浦和”でした。「浦和、浦和、北浦和、南浦和、西浦和、東浦和、中浦和、浦和は7つの駅がある♪」という替え歌が一時期流行ったことがあるそうです。ここで終わらないのが理事長で、今は埼玉高速鉄道の浦和美園駅を加えて、浦和がつく駅は8つあることになります。
さらにとって返して、船橋は9つあると言い出しました。船橋駅、東船橋駅、西船橋駅、南船橋駅、京成船橋駅、船橋競馬場駅、新船橋駅、船橋日大前駅、船橋法典駅です。
同じ文字がつく最も多い駅名は“武蔵”です。関東は古代には武蔵国といい、東京スカイツリーの634mは“むさし”にちなんでいます。先ほど登場した武蔵浦和駅から始まり、埼玉県では武蔵高萩駅、武蔵藤沢駅、武蔵横手駅、武蔵嵐山駅、東京都の多摩地域では武蔵小金井駅、武蔵境駅、武蔵関駅、武蔵野台駅、武蔵砂川駅、武蔵大和駅、武蔵引田駅、武蔵増戸駅、武蔵五日市駅、南の方面では武蔵小杉駅、武蔵中原駅、武蔵新城駅、武蔵溝ノ口駅、武蔵白石駅、武蔵小山駅、武蔵新田駅と続きます。関東以外では熊本県の武蔵塚駅、岡山県美作市の智頭急行線の宮本武蔵駅があります。
宮本武蔵駅は武蔵という地域ではなくて、剣豪の宮本武蔵の出身地ということで名づけられました。宮本武蔵(むさし)は宮本村出身の武蔵(たけぞう)だったという説もあり、地名に由来するのは宮本のほうです。

全身の細胞は60兆個なのか37兆個なのかという議論はありますが、私たちの細胞の数が実際に60兆個であっても37兆個であっても、健康問題に特に大きな変化はないはずです。細胞の数を、わざわざ突っつくような必要はないのですが、ミトコンドリアの数の話になると、細胞の数は重要になります。ミトコンドリアは細胞の中にあるエネルギーを作り出す小器官で、いかに重要な器官であるかは細胞の40%ほどを占めていて、これを集めると全身の体重の10%にもなることからもわかります。
これは生命維持のためのエネルギーを作り出すという重要な働きがあるからですが、細胞によっては100個から3000個と大きな差があります。最も多く存在しているのは肝臓や腎臓、筋肉、脳といった盛んに働いているところです。平均すると一つの細胞に300〜400個の細胞があることになります。
これを基本数字として37兆倍もしくは60兆倍すると、全身のミトコンドリアの数が出てくることになります。ところが、この説を打ち上げている人は忘れていることがあって、全身の細胞というのは血液中の赤血球も白血球も含まれています。全身の赤血球は約26億個、白血球は約24億個とされていて、合わせて50億個となります。全身の細胞の数が37兆個だとしたら、赤血球と白血球を除いたら、なんとマイナス13億個となります。ということは全身の37兆個の細胞というのは赤血球と白血球、もしくは赤血球か白血球を含んでいない数ということになりそうです。
全身の細胞にミトコンドリアが存在しているというのは本当かという話題ですが、白血球にはミトコンドリアが存在していて、その中で作り出されたエネルギーによって活動して、免疫力を発揮しています。赤血球は骨髄で誕生したときにはミトコンドリアがあるのですが、成長して酸素を運ぶ能力をつけていく段階でミトコンドリアがなくなっていきます。赤血球の中にミトコンドリアがあったら、酸素を使ってエネルギーを作ることによって失われてしまうので、全身に酸素を運ぶという重要な仕事ができなくなるからです。
ということで、ミトコンドリアの数を計算するときには赤血球の分を差し引いてもらいたいところですが、それをしないまま掲載している書籍や教科書もかなり存在しています。

腸内細菌は100兆個から300兆個と増えていって、今では1000兆個と言われるようになっています。さまざまな情報源でも1000兆個が登場するようになっていて、どれを採用していいか判断がつかないところでは「100兆〜1000兆個」と曖昧に表現されています。
いきなり余談ですが、文献の中には「100〜1000兆個」と表示しているところがありました。100兆と1000兆個では10倍も開きがあって、これでも大きな差がありすぎます。それなのに100個と1000兆個では“あまりに”の範囲さえ超えています。これは実際には記載のミスだろうと思われますが、100兆個から1000兆個ということを表現するには「100兆〜1000兆個」と書かなければならないわけです。
ある程度の範囲であれば、実際の数は違っていたとしても間違い情報ではないと言えるものの、“約”がつけられていたとしても60兆個というと人間の細胞の数を示す数字として定着しています。全身の細胞の数が約60兆個とされているのは、細胞の大きさが一辺を10μmの立方体と考えて、細胞の中の水分の割合を85%と推定して、水の密度の1㎤を1とすると、体重が70kgなら60兆個という計算となります。
これとは違う計算法で60兆個を割り出したものもありますが、いろいろと計算をしている中で、37兆2000億個という数字を出したところがあり、これを正式な細胞の数とする専門家も増えてきました。その計算の基本となっているのは体重が60kgの人で、体重が多ければ、それだけ細胞の数も多くなっています。
人間の元である受精卵は1個の細胞で、受精卵が分裂をすることで増えていきます。1個→2個→4個→8個……と増えていくと46回分裂すると37兆個を超えます。ここから37兆2000億個を割り出すのが一般的ですが、全身の細胞のうち約26兆個は赤血球なので、実際には46回も分裂はしていないという考え方があります。

人間の腸内に棲息する腸内細菌の数は、ずっと100兆個と説明されてきましたが、それが300兆個もあると言われるようになり、今では1000個とも言われています。こういったことを聞くと、一つの反応は「そんなにも増えたのか」というもので、もう一つの反応は「前の数は間違っていたのか」というものです。
“100兆個”という数字は、漫才のネタでは「ピッタリ?」というツッコミになるのでしょうが、100兆個の前に“約”をつけて語らなければなりません。人間の身体には大きな個人差があり、ある人は100兆個であったとしても、他の人は100兆個とプラス1個かもしれないし、マイナス1個かもしれません。そもそも腸内細菌を一つひとつ数えていたわけではありません。
サンプルとしていくつか採取して、それを数えて腸の面積からかけ算をして割り出したものが約100兆個という数字です。サンプルを採取したところが違うと結果が違ってくるのは当然のことで、それに加えて性別や年齢、腸内環境を整えることで何をしているのか、ということもあって、採取したところの腸内細菌数が違ってきます。違ったサンプル採取をしているうちに、だんだんと増えていって1000兆個にも跳ね上がったということです。
腸内細菌は、いつまでも生きているわけではなくて、必ず死んでしまいます。腸内細菌も死骸は便として排泄されます。便1gあたり腸内細菌の死骸は300億〜500億個で、便の半分くらいは死滅した細菌ということになります。その数から推定しているうちに、だんだんと増えていったということもあります。いくつかの推定値を重ねていくうちに、1000兆個まで増えていったとしても、腸内細菌の特徴とバランスに大きな差はありません。腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌に大きく分けられます。善玉菌と悪玉菌はバランスを取っていて、腸内細菌は総数がほぼ決まっていて、善玉菌が増えると悪玉菌が減り、善玉菌が減ると悪玉菌が増えるという関係性になっています。
全体の数を語るよりも、善玉菌を増やすことを考えたほうがよいのではないか、ということです。

「大根」と書かれていたら、一般的には“だいこん”と読んで、アブラナ科の根菜を指します。大根は芸の下手な俳優をあざけっていう語でもあり、また紋所の名でもあります。大根は食あたりしないことから当たらないという意味からつけられたといいます。家紋には大根の絵柄が描かれてします。“おおね”と読むと大根の古称で、このほかに太い矢じり、物事のおおもと、根本、本心を表します。古称ということは“おおね”という呼び名の漢字が“だいこん”と読まれるようになって、元は同じということにもなります。
「大工」は一般的には“だいく”で、建築技術者、木工の職人、建築工事における工匠の長と意味します。最後の工匠の長は別の言葉では“おおたくみ”で、大工の長になります。大工という漢字だけでは、どのレベルの大工なのかわからないということです。
「大引」は“おおびき”と読むと、めくりカルタで普通は三人の手合わせのうち親に始まって最終に札をめくる番のことで、他に床の根太を支える横材を意味します。“おおびけ”と読むと、取引所で最終の立会の意味で、江戸時代の遊郭で定められた閉店時刻も同じ読み方をします。
「大水」は“おおみず”と読むと大雨などのために河川・湖沼などが増水することで、“たいすい”と読むとおおみずの意味のほかに、でみず、洪水、大きな川または湖を表します。
「大目」は“おおめ”と読むと分量が少し多いくらいの加減で、二百匁を一斤とする呼び名となっています。また、大雑把に見積もること、寛大にすることを指します。“だいめ”と読むと茶室用の畳で台子を置くだけの畳目を除いたもので、この他に田一町につき収穫の四分の一を税として引き去ること、薬種の目方の名。四分の三、大部分を意味します。
「大雪」は“おおゆき”と読むと激しく大量に降る雪で、“たいせつ”と読むと激しく降る雪のほかに、多く積もった雪となります。また、二十四節季の一つも、この読み方をします。
「大連」は“おおむらじ”と読むと大和朝廷の執政者ですが、今では中国遼寧省南部の港湾都市の“だいれん”のほうが知られています。

「大分」と書かれていたら、一般的には“だいぶ”と読むところでしょうが、九州の人なら“おおいた”と読むかもしれません。大分は言わずと知れた九州地方東部の県名です。“だいぶ”のほうは、かなりの程度という意味です。今さら書く必要もないでしょうが。
「大手」は“おおて”と読むと城の表門、敵の正面に攻めかかる軍勢、大手筋の略で、将棋の大手も、これです。ところが、“おおで”と読むと肩から手先までを示して、遠慮をしないで動くことを大手を振るというのも、この使い方です。
「大門」の使い分けは、東京では芝大門と吉原大門が例としてあげられます。芝は大門(だいもん)で、芝大門という地名にもなっていますが、そこにあったのは増上寺の大きな総門です。これ以外では“だいもん”と読めば、大きな門、外構えの大きな門、大きな家柄、大家となります。吉原は大門(おおもん)で、吉原遊郭(正式には新吉原)の入口にあった大きな門です。これ以外では“おおもん”と読めば、大きな門、邸宅・城郭などの第一の表門、正門を指します。
「大家」は“おおや”と読めば、おもや、本家、貸家の持主、家主の意味になり、“たいか”と読めば、大きな家、大屋、富んだ家、貴い家柄、その道に特にすぐれた人となります。
苗字に使われる漢字は、苗字と地名ではひらがなでは同じでも、アクセントが違っています。渋谷は地名は平坦に読み、苗字は先頭にアクセントがつくのが原則です。ただ、地名と苗字で同じアクセントのものもあります。「大木」は苗字も地名も“おおき”ですが、“たいぼく”と読むと大きな立木、大樹を意味します。
「大仏」は“おさらぎ”で苗字となりますが、“だいぶつ”と読むと大きな仏像となります。
「大山」は“おおやま”で苗字となり、神奈川県中部の山も同じ読み方です。他に大きな山、大がかりな、山師のもくろみとなります。“だいせん”と読むと鳥取県西部にある複式火山のことです。