作成者別アーカイブ: JMDS

食事は「食文化」という言葉が使われるように、文化性が求められます。生命維持や活動に必要な栄養成分を摂るだけなら基本的なエネルギー源(糖質、脂質、たんぱく質)にビタミン、ミネラルなどのサプリメントを加えることでも可能でしょうが、食事には栄養摂取、食品の機能性獲得に加えて、おいしさも重要です。おいしければよいということではなくて、味のほかに見た目、香り、食感、喉越し、胃の満足度なども重要なポイントとなります。食べ終えて、総合的に「おいしかった」と感じられる食事であって初めて文化性が問われることになります。
こういう話をセミナーなどでするのは、栄養摂取だけに目が奪われる人がいるからです。胃の中に送り込む食品に含まれている栄養素が、そのまま吸収されるわけではなくて、栄養素によって基本的な吸収率が異なっています。例えば、カルシウムは食品からでは30%ほど、鉄の場合は動物性食品に含まれるヘム鉄では25%ほどに対して植物性食品に含まれる非ヘム鉄は5%ほどでしかありません。こういったことも考慮して、1日の栄養摂取量が定められています。
では、吸収率も考慮して栄養素の量を決定すれば、そのとおりに吸収されるのかというと、そう簡単にはいかないのが身体の仕組みの難しいところです。ある大学病院の栄養部が、栄養的にはまったく同じ料理の色だけを変えて提供して、食べた方の血液検査をして、それくらい吸収されたのかを調べたことがあります。色の変化は食物性の色素で、詳細は省きますが、一番吸収率が低かったのは青色にしたものでした。
青色は食欲が湧かない色とされていて、自然の食品の中で青いものは、あまり見かけません。食欲が湧かないと胃液の分泌がよくないので吸収率が低くなると説明されることもありますが、胃液の分泌量を考慮しても、それを超える違いが起こっていました。精神的なものが、せっかく食品に含まれている栄養素を吸収させないことが起こっていたわけで、おいしく食べてもらえる工夫は病院給食だけでなく、家庭の毎日の料理でも同じことが言えるわけです。

2018年の新語・流行語大賞の候補の中に「ご飯論法」がノミネートされていました。これは「朝ご飯を食べたかという質問に対して食べていないと答え、ご飯は食べていないがパンは食べた」というような論点が通らない答弁を指しているものです。国会中継を見ていると、そんなシーンを目にします。
朝ご飯を食べたかという話はダイエットの指導でもよく出てくることで、女子大生が朝食を食べていないというので、なぜ必要なのかということで脳のエネルギー保持について説明しました。その翌日にLINEで朝食メニューの写真が送られてきたのですが、メニューというような内容ではなくて、茶碗に白ご飯が盛られただけだったので、他に食卓に出たものを聞いたところ、「お茶」という返事があってビックリしました。「ご飯論法」とは逆で、朝ご飯は食べたけれど、私たちが考えている朝ご飯とは異なっていて、朝にご飯だけを食べたということです。
朝ご飯というのは、ご飯(米飯)に味噌汁、目玉焼きにサラダという内容にこだわることはないのですが、少なくとも料理として食べているものと想像していたので、脳のエネルギーとしてのブドウ糖の話だけで済ましたことを反省しました。脳の唯一のエネルギー源のブドウ糖を補給するだけなら、白ご飯だけの食事でも足りるのですが、そのブドウ糖をエネルギー代謝によって生命維持のためのエネルギーを作り出そうとしたら、代謝に欠かせないビタミンB群のビタミンB₁、ビタミンB₂、ビタミンB₆、ビタミンB₁₂をセットで摂る必要があります。
ビタミンB₁とビタミンB₂は体内では24時間は保持されるので、朝食で摂れていなくても昼食か夕食で摂れていれば不足はしないわけです。ところが、ビタミンB₆とビタミンB₁₂は体内では12時間ほどしか保持されないので、朝食と夕食には摂らなければならないことになります。卵にはビタミンB群が含まれているので、最低限でも卵かけご飯は食べてほしいという、誰でもできそうなことから始めてもらうようにしました。

前回のインスリンの話の最後のほうに、「糖尿病患者にはブドウ糖や脂肪の取りすぎを抑えるための食事制限」ということを書いたら、こちらが予想していたとおりの質問がテレビ局のディレクターからありました。糖尿病に影響するのはブドウ糖であって、脂肪は間違いではないのか、という質問内容です。そう考えるのも普通に考えれば当然かもしれませんが、膵臓から分泌されるインスリンにはブドウ糖を細胞に取り込む働きのほかに、肝臓でブドウ糖などから脂肪酸を合成する働き、脂肪酸から変化した中性脂肪を脂肪細胞の中に取り込む働きもあります。甘いものを食べすぎると脂肪に変わる、といわれるのは、この仕組みです。
脂肪が多い食事をしていると、インスリンが多く分泌されます。欧米人は肉食の歴史が長いことからインスリンの分泌量が多く、膵臓も丈夫にできています。そのためにインスリンを多く分泌させて、脂肪の細胞の中に充分すぎるくらいの脂肪を蓄積することができます。日本人の場合には歴史的に脂肪の摂取量が少なく、インスリンも多くは必要としない生活をしてきたので膵臓の働きがあまりよくなくても生きてこられたのですが、急に食生活が変化してブドウ糖も脂肪も多く摂るようになって膵臓に負担がかかり、そのために膵臓が疲弊してインスリンの分泌が少なくなって、糖尿病が増えたのです。日本人の場合には糖の摂りすぎではなくて、脂肪の摂りすぎが糖尿病の原因ではないのか、と言われるのは、こういった理由があるからです。
ということで、糖尿病を予防する場合も糖尿病を悪化させないようにするためにも糖と同時に脂肪の制限も必要になるわけです。一般には全体の摂取エネルギー量を制限すること、と言われるわけで、「血糖値が上昇するのはブドウ糖のせいなのでブドウ糖だけを減らせばよい、脂肪は摂っても大丈夫」という極端な糖質制限には疑問を呈しています。

糖尿病は「インスリンの分泌量が不足しているか、インスリンが足りていても作用不足のために血糖値が上昇する病気」と一般には説明されています。前者だけなら理解しやすいのですが、後者は理解できないという人も少なくありません。インスリンが足りなくても足りていても糖尿病になるというのは、健康に関心を持って勉強している方でも、なんとなくわかっても、説明はできない、ということがあるようなことです。
膵臓から分泌されるインスリンは血糖値を下げる唯一のホルモンで、血糖値が上昇すると分泌量が増えます。食べすぎ、飲みすぎで血液中にブドウ糖が多くなりすぎると膵臓はインスリンを分泌し続けて、限界を越えると急に分泌量が大きく減ります。これが糖尿病の始まりとされます。血糖値が上昇しすぎて糖尿病と診断された人でも、充分とはいえないまでもインスリンがしっかりと分泌されている人はいます。それなのに糖尿病になるのは、先に紹介した「インスリンの作用不足」です。これはインスリンのほうに問題があるのではなくて、インスリンを使ってブドウ糖を取り込んでいる細胞のほうに原因があります。
細胞にはブドウ糖を取り込みに必要な受容体があり、この受容体がインスリンの刺激を受けると細胞膜にタンパク質のGLUT4が移動してきて、ブドウ糖が取り込まれます。インスリンが不足すると、この動きが弱まってブドウ糖が取り込まれにくくなります。インスリンが分泌されていても、細胞の受容体の反応がよくないとGLUT4が動かなくなり、ブドウ糖が取り込まれなくなります。この状態をインスリン抵抗性といって、日本人に多いタイプとなっています。
そのタイプの人は血糖値が下がらないのかというと、そんなことはありません。運動をするとブドウとが急に多く必要になり、ブドウ糖を取り込むためにGLUT4が細胞膜に移動してきて、ブドウ糖の取り込みが始まります。糖尿病患者にはブドウ糖や脂肪の取りすぎを抑えるための食事制限とともに、運動指導が行われるのは、こういったメカニズムがあるからです。

講習会やセミナーで質問を受けたときに、質問者個人に返答をして理解してもらうようにするのは当然のことですが、日本メディカルダイエット支援機構では、できるだけ多くの方に役立つような返答にさせてもらっています。そのやり方に対して、「自分の質問に答えてくれていない」と立腹されたことがあります。私たちとしては、しっかりと疑問点を解決する返答をした後に、これと関連して参加者全員に(とまではいかないものの)役立つ話を付け加えさせてもらっています。その話は、質問をした人にも役立つ内容にしているのに、自分が聞いたことと違う話をしていると思ってしまうのか、立腹させることもあるということです。
質問者の中には、自分の質問の背景を長々と話す人もいます。自分のことがわかってもらえないと質問の意味がわかってもらえないと考えているようです。それはありがたい心配りと思うようにはしていますが、会場にいる方には、そうは思わない人もいます。会場内がざわついてきたら、遮断まではいかなくても、「こういう主旨の質問ですね」と聞いて、できるだけ早めに展開できるようにします。これまでで一番困ったのは「自分の出身地は……」と話し始めたので、出身地の気候や生活習慣などが健康に関わっているのかと思ったら、どこの学校に行き、仕事は何をしてきて、今は……と続き、これはちょっと違うなと思ったのですが、私が遮る前に、司会者が気づいたようで、「それで何を質問されるのですか」と言ってくれたので、うまくいったこともあります。
質問コーナーでは、通訳が必要なこともあります。東北で、本当に通訳がいないと何を質問されたかわからないことがあって、司会者に「他の方に質問の意図がわかるように説明してもらえますか」と切り出して、標準語(というよりも方言交じりでしたが)で初めて質問の内容を知ったこともあります。通訳と言っても、こういった例ではなくて、私たちが質問の意味を周囲の方にもわかるように通訳して、質問の意図を伝えてから返答をすることもあります。本人はわかっていても、伝え方が不十分ということもあるからです。

これまで何度かインスリンの分泌と脂肪酸合成について触れてきましたが、そろそろ質問があるだろうと思っていたタイミングで、「脂肪酸が合成されて、中性脂肪が脂肪細胞に蓄積されるというところがわからない」という説明を求めるメール連絡がありました。脂肪酸というのは脂肪を構成するもので、諸説はあるのですが、炭素数が2〜4個のものは短鎖脂肪酸、5〜12個のものは中鎖脂肪酸、それ以上のものは長鎖脂肪酸と呼ばれています。こんな体内の基本的なことに諸説があるということに驚きを感じる人もいますが、この脂肪酸が3個に、これを結びつけるグリセロールが1個で構成されたものが中性脂肪となります。
脂肪酸は1g当たりのエネルギー量が約9kcalと高く、ブドウ糖は約4kcalなので、ブドウ糖が血液中で多くなったときにはエネルギー効率がよい脂肪酸とするために、肝臓で脂肪酸合成が行われているのです。脂肪酸は細胞の中のミトコンドリアでエネルギー代謝されます。脂肪酸のままだと代謝されやすいので、蓄積するために変化させたのが中性脂肪で、肝臓の中で合成されます。そして、脂肪細胞の中に中性脂肪として蓄えられていきます。血液中の脂肪酸が不足したときには、脂肪細胞の中の中性脂肪が分解されて血液中に脂肪酸が放出されます。
食品に含まれている脂肪のほとんどは中性脂肪です。一般に脂肪というと、中性脂肪を指しています。以前にセミナーで、「アルカリ性脂肪というのはあるのですか」という質問を受けたことがあります。中性脂肪は英語のトリグリセライド(triglycerid)の和訳で、酸性とアルカリ性の中間の中性ではなく、脂肪を構成する成分に対しての中性を示しています。脂肪酸は、酸という文字がついていることからわかるように酸性の性質ですが、中性脂肪では酸性の特徴は現れていません。
こんな質問が出るのは、セミナーに関心を持って参加してもらっているからということで、関心が高い人には、できるだけ理解を深められるように説明させてもらっています。

交感神経を刺激する入浴法と糖尿病についての関係性について前回、紹介したところ、また雑誌記者からメールが入りました。「副交感神経の働きが盛んな状態だと、どうなるのか」ということで、これは日本メディカルダイエット支援機構がメディアに呼びかけている注意喚起につながることなので、さっそく返答しました。自律神経の副交感神経は心身ともにリラックスさせる作用があり、夕方以降に働きが盛んになります。夕食を食べる時間帯は副交感神経の働きが盛んになっています。
副交感神経の働きによって胃液の分泌と膵臓からのインスリンの分泌が盛んになります。これによって食べたものの消化・吸収を進め、インスリンによって血液中のブドウ糖を細胞に取り込み、肝臓で合成される脂肪酸を増やし、脂肪細胞の中に蓄積される中性脂肪を増やすことができます。この蓄積されたエネルギー源は夕食以降、寝ている間に使われます。1日に使われる消費エネルギー量のうち70%ほどは生命維持のための基礎代謝なので、思ったよりも多くのエネルギー源が必要になることから、できるだけ多く蓄積するための仕組みです。
糖尿病の方、血糖値が高めの方(糖尿病予備群)は、インスリンが多く分泌されて、血液中のブドウ糖を全身の細胞に取り込んで血糖値を下げるようにしたいので、副交感神経の働きが盛んになるように、ぬるめの温度の浴槽につかって、身体を芯から温めるようにすることが大切だということになります。糖尿病で太っている方の中には、インスリンは脂肪酸合成を進めるということを知ると、血糖値を下げつつ、脂肪酸合成が進んで太らないようにしたいと望む人もいます。そういった質問をセミナーで受けたこともあるのですが、インスリンが減れば血糖値が下がりにくく、インスリンが増えれば脂肪酸合成が進むので、結論的には難しいどころか不可能ということになります。
太るのを抑えるのにインスリンのことを考えるよりも、ウォーキングなどの有酸素運動によって血液中のブドウ糖を消費すること、脂肪細胞の中に蓄積されている中性脂肪を減らすことを考えるべきでは、という話をさせてもらっています。

「インスリンの分泌量をコントロールする方法で、それによって脂肪細胞の中に蓄積される中性脂肪の量を減らす方法は、普通の方には効果があっても、糖尿病の方にとっては危険なことにもなりかねません。」とテレビ番組について、このコーナーで取り上げたところ、具体的な実例を示してくれ、というメールが入りました。発信者はテレビ関係者ではなくて、月刊誌の記者でした。
例として示したのは日本メディカルダイエット支援機構が採用しているタイミングダイエットの手法の一つで、入浴と食事の組み合わせによって体脂肪の量をコントロールしています。入浴の温度が熱め(42℃以上)だと自律神経の交感神経の働きが盛んになります。インスリンの分泌量は自律神経によってコントロールされていて、副交感神経によって分泌量が増え、交感神経によって分泌量が減ります。熱めの温度で入浴すると心身ともに興奮状態になり、インスリンの分泌量が減るわけですが、インスリンには細胞の中にブドウ糖を取り込んでブドウ糖を効率的に使う働きがあると同時に、肝臓での脂肪酸の合成を進めて、肝臓の中で中性脂肪が作られて、脂肪細胞の中に蓄積されるという一連の流れを促進する働きもあります。
インスリンの分泌量を減らすことによって、太りにくくすることができるのですが、血糖値が高めの糖尿病予備群と糖尿病患者には、やってほしくない方法というか、危険になることもあります。国民健康・栄養調査(平成28年)によると、糖尿病の可能性を否定できない者(糖尿病予備群)は約1000万人、糖尿病が強く疑われる者(糖尿病患者)は約1000万人と、合計で約2000万人もいると推計されています。日本人の成人人口は約1億人なので、成人の5人に1人は糖尿病予備群か糖尿病患者で、糖尿病はインスリンの分泌量が減ることが原因となっているので、インスリンをコントロールするダイエット法に取り組んではいけないことになります。
このことがわかっていれば、テレビ番組の中で、注意喚起なしにインスリンをコントロールする方法として入浴の温度について触れることはできないと思うのですが、いまだに注意喚起なしに紹介されているというのが言いたかったことです。

テレビ番組は、健康をメインテーマにした番組だけではなく、バラエティー番組でもクイズ番組でも健康ものは人気コンテンツです。短い時間で健康をテーマにするには、食べ物を出すのが一番簡単で、特定の成分の有効性を述べて、それに専門家のコメントがつけば一応は成功ということになります。日本メディカルダイエット支援機構は、食事と運動の組み合わせ、タイミングによる効果的な健康法を紹介していることもあって、テレビ局をはじめとしたメディアにも「食べ物だけでなく身体を動かすことをすすめてもらえないものか」と伝えているのですが、身体の仕組みを説明しなければならないことは面倒と感じるのか、なかなか取り上げてはもらえないところがあります。
テレビ番組は、それぞれメインターゲットが定められているとはいっても、視聴者の状況は異なっているので、ある手法が、すべての視聴者に共通して通じるわけではありません。そのことは制作側も百も承知で、時間的な制限の中では大多数に通用するであろうことを情報発信することになります。しかし、身体の状態を考えると、素晴らしい方法であっても効果が出にくい人もいれば、かえって健康づくりということではマイナスになることさえあります。
それは個人差や体質のせいにすれば済むことではなくて、例えばインスリンの分泌量をコントロールする方法で、それによって脂肪細胞の中に蓄積される中性脂肪の量を減らす方法は、普通の方には効果があっても、糖尿病の方にとっては危険なことにもなりかねません。この他にも注意点として伝えなければならないことは多々あるのですが、とにかく限られた番組の時間では一般論になりがちです。しかし、健康がテーマの番組は、高齢者の視聴率が高く、日本人は高血圧症、糖尿病、脂質異常症の人が多いので、そういった視聴者に対する注意喚起は欠かせないと思うのですが、それは現状では期待しにくいことです。
そんな愚痴のようなことを述べばかりではいけないので、こういったことはメディアの現場の方にも、視聴者にあたる地域住民の方にも機会があれば伝えるようにしています。

日本メディカルダイエット支援機構では、サプリメント(健康食品)の知識を高めるための検定を実施しています。ただ知識のレベルを確認するだけのものではなく、自分や家族が使っているサプリメントが使う人に合っているのか、正しい使い方をしているのかを確認して、無駄なく使ってもらうための知識を身につけるために実施しています。ということで、検定試験だけを受けたい、自分の知識レベルを確認したいという人でも、試験問題だけを提供することはしていません。テキストも読んでもらって、そこで得た知識に基づいてテストに望んでもらおうというもので、「どちらかといったら認定試験では」という声ももらっています。
そのへんのことは私たちも意識していて、受験者の要望によって試験問題を変えています。試験問題を変えるとテキストの内容も変えなければならないことから、サプリメントを有効に使ってもらうことを仕事の一部にする人のためのものと、一般消費者向けのものを用意しました。前者はサプリメントプロ検定、後者はサプリメント情報知識検定としています。
サプリメントプロ検定は突っ込んだ教育と質問対応をするために座学講習としています。サプリメント情報知識検定のほうは、自分の知識を確認して、知らない部分を補いたいという人のために通信講習方式として、特に重要ポイントを伝えるための座学を義務ではなく実施しています。参加するも参加しないも自由で、参加しても料金が高くなるということではありません。
使う人に合ったものを選び、期待する効果が得られるように使うためには、それぞれのサプリメントの特徴を知ることは基本中の基本ですが、一番知りたいことである、どんな人に効果があるサプリメントなのか、どんなタイミングで摂ればよいのかということについては、表示も広告もできないのが現状の法規制です。これに従うと(従わなければならないわけですが)、どれを選べばよいのか、どんな使い方をすればよいのかもわからないので、効果がないのに効果があるように思い込ませるようなサプリメントが出続けることにもなります。
そこでサプリメントに使われている成分の機能性と有効な使い方については、知識を確認するための講習、試験という形で実施させてもらっているということです。