作成者別アーカイブ: JMDS

発達障害児は偏食傾向が強いことが知られています。強いというレベルでは済まずに、極端な偏食となっていることもあって、栄養バランスが乱れて、これが発達障害の状態を悪くすることにもなりかねません。単なる好き嫌いの範囲を超えて、絶対に食べられない食品、食べようとしても食べられない料理があるわけですが、これは発達障害の中でも自閉症スペクトラム障害に多く見られます。
自閉症スペクトラム障害には、感覚過敏が多くみられ、触覚、味覚、嗅覚、聴覚、視覚のどれが過敏になっても食事に影響はあります。複数の感覚が過敏になることもあり、これが極端な偏食を引き起こす要因となっています。
食べられない食品を考慮して、交換する食品を選んでメニューを作るという方法を指導するのが一般的ですが、複数の食品が食べられないようなことになると、単純な交換、代替食では栄養の補給が保たれなくなります。そこで活用しているのが、日本メディカルダイエット支援機構が食生活の実態を調べるために実施している食生活チェックです。チェックのための調査票は、もともとは食傾向を確認するために作成したものです。
一般の食生活調査は、1週間などの一定期間の食材を調査して、どれくらいの栄養素を摂取したのかを調べて、栄養素の充足率を導き出すために実施しています。その結果を受けて、不足している栄養素をプラスして、摂りすぎると弊害が出るものはマイナスするように指導されるのが通常です。これはメニューと食材、分量、調理法を記録して提出するほうも大変で、この結果を受けて過不足を計算するほうも大変です。不足している栄養成分が指摘されても、食品は栄養素として売っているわけではなくて、いろいろな栄養素が含まれている食品を選び、不足している分を補うだけの分量を選んで、それが料理になったときに減る分も含めて食べるものと量を決めなければなりません。
そんな面倒なことを排除して、簡単にチェックして、簡単に指導できるようにしたのが、私たちのオリジナルの食生活チェックの調査票です。主食は1日に食べたものをチェックして、そのほかの主菜、副菜などは1週間に食べたものをチェックするだけです。チェック項目は食品の種類ごとに週に何回食べたかをチェックするようにしています。チェックが終わったら、面談をするなり感想を書いてもらうなりしてからアドバイスに移ります。そのアドバイスというのは、1日もしくは1週間に食べるべき回数を示すことが基本です。もちろん、なぜ必要なのかの説明をして、充分に理解してもらってから変更をするようにしてもらいます。
感想を出してもらうと、私たちがアドバイスしようとしていることと、ほぼ同じ結果が返ってきます。つまり、チェックしているうちに、これは食べなければならない、もっと食べたほうがよい、減らさないといけないということに自分で気づけるように作られているのです。この調査票は、食品の摂取回数と分量を変えるだけなので、忙しいお母さん方にも受け入れてもらいやすくなっています。負担をかけるようだと変更してもらうことも、続けることも難しくなります。特に発達障害で極端な偏食がある子どもが食べるものを作っている人にとっては、わかりやすくて続けられることでないと、よい結果が得られなくなるので、この方法をすすめるようにしています。

“第二の○○”という言葉は健康の世界ではよく使われるフレーズで、第二の心臓というと足のふくらはぎ(脹脛)のことで、心臓のポンプ作用をふくらはぎの筋肉の収縮が補っていることを指しています。第二の脳というと腸のことで、腸が自律神経のコントロールをしていることを指しています。この有名なフレーズに続いて言われるようになったのが“筋肉は第二の肝臓”です。
肝臓ではブドウ糖をグリコーゲンに合成して、蓄積する働きがありますが、グリコーゲンは筋肉の中にも蓄積されます。そして、血糖値が下がったときには、肝臓でも筋肉でもグリコーゲンがブドウ糖に分解されて血液中に放出されます。肝臓ではアンモニアが吸収されて分解されていますが、筋肉もアンモニアを吸収して分解しています。アンモニアの吸収の割合は、肝臓が60%、筋肉が27%とされています。筋肉の量が多ければ、もしも肝機能が低下しても筋肉がカバーしてくれるということです。
肝臓の機能が低下したときには、肝臓を回復するために運動をしないで休養することがすすめられますが、筋肉が肝臓の一部を補うということになると、寝てばかりいるよりも、筋肉を増やすための運動を少しはしたほうがよいことがわかります。
筋肉を増やすための運動は無酸素運動で、いわゆる筋トレによって筋肉に強い負荷をかけることによって筋繊維の(筋肉細胞)一部が切れて壊れます。これを修復するために、筋繊維の周りにサテライト細胞(衛星細胞)という筋肉細胞の前駆細胞が損傷した筋肉の周りに集まってきます。サテライト細胞は普段は休んでいる状態ですが、筋肉が損傷したときには活性化されて、筋繊維を増やすようになります。この働きは超回復と呼ばれていて、運動をしたあとの24〜48時間に起こっています。
筋肉を増やして肝機能を補うためには、筋肉運動も重要ですが、運動をしたあとに休息を取ることも大切だということです。

発達障害は脳の発達にズレがあることから起こる特性で、自閉症スペクトラム障害、注意欠如・多動性障害、学習障害に大きく分けられています。社会との交わりが苦手で、普通に暮らすことだけでも心理的にも身体的にも大きな負担がかかっていて、そのために非常に疲れやすくなっています。身体を動かすためのエネルギーは全身の細胞の中のミトコンドリアで作られています。ミトコンドリアはエネルギー産生の小器官ですが、その重量は全身の体重の10%ほどにもなっています。それだけ重要な生命維持のための器官だということです。
三大エネルギー源(糖質、脂質、たんぱく質)のうち主にエネルギーを作り出す材料となっているのはブドウ糖と脂肪酸です。エネルギー量はブドウ糖が約4kcalであるのに対して、脂肪酸は約9kcalと2倍以上にもなっています。ミトコンドリアで作り出されたエネルギーのうち生命維持に使われる基礎代謝は約70%となっています。基礎代謝のうちの約70%は体熱産生に使われています。ということで、エネルギーの約50%は体温を維持するために使われているわけです。
基礎代謝の約30%、全身のエネルギー量の約20%しか心身を働かせるために使われていないということは、心身の活動のために多くのエネルギーを必要とする発達障害の人は脂肪酸を効率よくエネルギー化することが重要となります。ミトコンドリアに脂肪酸を取り込むためにはL‐カルニチンが必要です。脂肪酸はL‐カルニチンと結合しないとミトコンドリアの膜を通過することができないからですが、エネルギー代謝に欠かせない成分であるために体内で合成されています。しかし、合成のピークは20歳で、年齢を重ねるほど体内で作られる量が減っていき、これが加齢による代謝低下の大きな原因となっています。
L‐カルニチンは以前は医薬品としてしか使うことができなかったのですが、今では食品成分として使用することが許可されていて、サプリメント成分ともなっています。発達障害児(18歳未満)は体内に充分にあるのでサプリメントから摂る必要はないのですが、30代になったら摂取することを考えてもよいのではないかという提案をさせてもらっています。

年齢を重ねてくると、普通に片足立ちをしてバランスを取ることが、だんだんと難しくなってきます。目を開いてなら片足立ちができても、両目を閉じてとなると、高齢者でなくても数秒しか立てないという人も少なくありません。目を閉じての片足立ちはバランス感覚や反射神経などをチェックするために行われるものですが、目を開いたままでの片足立ちは筋肉量、筋力をチェックするために行われるものです。
ロコモのチェック法の第一番が「片足立ちで靴下が履けない」です。ロコモはロコモティブシンドローム(運動器症候群)を略した言葉で、筋肉や骨、関節など身体を動かすために必要な運動器が加齢によって衰えて、立つ、歩くといった動きに支障が出ることで、寝たきりや介護になる危険性が高いことを指しています。ロコモティブシンドロームは2007年に日本整形外科学会が提唱しました。
「立ったまま靴下が履けない」というチェックはフレイルについての項目にもあることで、立ったままで靴下を履こうとしたら片足立ちにならないといけないので、これも片足立ちで靴下が履けないという同じことを指しています。フレイルは日本老年医学会が2014年に提唱した言葉で、加齢に伴って、筋肉・筋力といった身体的な部分や、気力・活力といった精神的な部分が衰えて、介護や寝たきりなどのリスクが高まっている状態のことを言います。
片足立ちで靴下を履くことは、あくまでチェック法なのですが、ロコモティブシンドロームとフレイルを改善するための方法として片足立ちで靴下を履くようにしている人がいます。片足立ちで靴下を履くのは時間がかかることで、場合によっては転倒の危険もあるので、筋肉トレーニングをして、どれくらい筋肉がついてきたのかを確認するために行うようにしてほしいところです。日本メディカルダイエット支援機構の理事長は、あと数か月で前期高齢者の仲間入りをしますが、「以前から片足立ちで靴下が履けない」と言っています。その理由ですが、5本指靴下を履いていて、全部の指を入れるのに時間がかかるから、ということです。

HSC(ハイリー・センシティブ・チャイルド)は専門家でも見逃し、勘違いすることもあることから、チェック法として4つの性質があげられていて、この項目はDOESと呼ばれています。
Depth 深く考える
□察しがよい
□じっくり考えるために慎重になる
□物事の本質を突く発言をする
Overstimulation 過剰に刺激を受けやすい
□大きな音や光が苦手
□痛みや暑さ寒さに敏感
□楽しいことでもすぐに疲れる
Empathy&Emotional 共感力が高く、感情豊か
□人の痛みや苦しさを自分のことのように感じる
□動植物の気持ちに寄り添う
□残酷なドラマや映画が苦手
Subtlety わずかな刺激を察知
□髪型や服装の変化に敏感
□小さな音やかすかな匂いに気づく
□少しの刺激で頭痛や腹痛を起こす
これがすべてではなく、他にもチェック法はあるのですが、大きな違いは自閉症スペクトラム障害が他人の気持ちを察するのが苦手であるのに対して、HSCは他人の気持ちを察する能力が優れているということです。

脂質異常症の改善には有酸素運動が有効であることが医療現場でも紹介されています。有酸素運動は、酸素を体内に多く取り込むことによって、細胞のミトコンドリアでの脂質代謝を高める作用があるのは間違いないのですが、いつ実施するのがよいのかということについては意見が分かれています。しかし、脂質異常症をテーマとしたテレビ番組では、脂質異常症の改善に取り組む人が夕食の後にウォーキングしていることを取り上げ、その人も「夕食後のウォーキングは効果があると聞いたので」という理由で、食後に歩くようにしていました。その効果について、専門家は「夕食後に歩くことは夕食を食べすぎないからよい」とコメントしていました。
メディカルダイエットでは、夕食後のウォーキングは筋肉を減らさずに脂肪を減らすために有効であるということを伝えています。この場合の筋肉に対する効果は、あくまで減らさないということで、簡単にいうと歩けば筋肉が刺激されるという程度のことです。それに対して、より積極的に筋肉を増やして、さらに脂肪の蓄積を減らす方法として日本メディカルダイエット支援機構が紹介しているのは、夕食前の空腹時のウォーキングです。
空腹時には血液中のブドウ糖の量が少ない状態、つまり血糖値が低くなっています。ブドウ糖は運動を始めて、すぐに消費されるエネルギー源ですが、空腹時の血糖値が低い状態で運動をすると血液中のブドウ糖が少ないことから、それ補うために筋肉の中に貯蔵されているグリコーゲンを分解して、ブドウ糖として血液中に放出されます。その後に食事をすると、肝臓で合成されるグリコーゲンが増えることから、ブドウ糖の量が減って、血糖値が通常よりも低めになります。
血糖値が上昇すると膵臓からインスリンが分泌されますが、これは細胞にブドウ糖を取り込ませるホルモンであるとともに、肝臓での脂肪合成を進めるホルモンとしても働きます。血糖値が高ければインスリンが多く分泌されて脂肪合成が進みますが、血糖値が低めに抑えられれば、それに応じて脂肪合成も抑えられることになります。肝臓で合成されたグリコーゲンは筋肉の中に入って、筋肉を増やす方向に働きます。
ウォーキングといっても筋肉を刺激してほしいので、歩幅を広げた早歩きを推奨しています。夕食後に勢いよく歩くことは大変でも、夕食前なら胃の中に食べ物が入っていないので勢いよく歩いて、筋肉が増えるように強く刺激することが可能となっています。

発達障害の自閉症スペクトラム障害は、ハイリー・センシティブ・チャイルド(HSC)と勘違いされることがあります。HSCは、生まれつき周囲の刺激や他人の気持ちに非常に敏感なために疲れやすく、傷つきやすい子どものことで、アメリカの心理学者のエレイン・N・アーロン博士が、この概念を初めて打ち出しました。国籍や性別に関わらず、5人に1人の割合で存在しているとされていますが、これは生まれ持った気質であって、病気でも障害でもないことから、治す必要がないものとされています。
優しい性格で、思いやりがあって、思慮深いと、よい気質であり、感受性が豊かで、通常ならとてもよい性格とされることです。しかし、繊細すぎることから本人に対して刺激があっただけでなく、他の子どもが叱られたりしただけで苦しくなったり、ちょっとした刺激(音や光など)で体調が悪くなるといったことから、集団生活が苦手となっています。表面上では自閉症スペクトラム障害の感覚過敏と見分けがつきにくいことがあります。
ただでも発達障害は社会に理解されていないので、もっとHSCは理解されにくく、発達障害の早期発見法が進んでいるのに対して、HSCのほうは発見法が確立されていないことから、自閉症スペクトラム障害と混同されたり、気づかずに放置されることさえ起こっています。
というのは、周囲の刺激による感情や気分の変化、周囲の雰囲気、音や光などへの環境などの、どこに敏感に反応するかが個人によって大きく異なっているからです。自閉症スペクトラム障害なら積極的・消極的で分類するなら消極的、引っ込み思案ということでわかりやすいのですが、HSCは消極的な子どもだけでなく、積極的で多動的な行動をする子どもも30%ほど存在しているとされて、見分けにくいのです。
次回はHSCのチェック法を紹介します。

脂質異常症をテーマにしたテレビ番組で、脂質異常症と診断された人が食事の改善を指示されて、「脂肪が多く含まれている肉を食べないようにした」と話しているシーンが映し出されていました。脂質異常症は高中性脂肪血症、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症のいずれかとなっているときに診断されるもので、以前は高脂血症と呼ばれていました。高中性脂肪血症と高LDLコレステロール血症は数値が高いことで動脈硬化のリスクが高くなるのですが、低HDLコレステロール血症のほうは数値が低いことでリスクが高くなることから、2007年に日本動脈硬化学会のガイドラインによって名称が変更されました。
テレビ番組に登場した専門医は、食事の注意として摂取エネルギー量を抑えることの重要性を示して、食べ過ぎを控えるようにと言っていました。同じ重量でエネルギー量を比較すると、糖質とたんぱく質は1gあたり約4kcalに対して、脂質は約9kcalと2倍以上になっています。エネルギー量が多い脂肪を減らせば、確かに全体の摂取エネルギー量は減るのですが、高齢者は筋肉を衰えさせないように「肉を食べよう」と言われる時代だけに、専門医は肉を食べない、肉を減らすというようなことは言わずに、摂取エネルギー量の抑制という基本的な説明をしたわけです。
番組では、脂質異常症の人が肉を食べないようにすることで、中性脂肪値とLDLコレステロール値が下がって、正常値になったことを紹介していましたが、そのあとの言葉が衝撃的で、「これで肉が食べられる」と言っていました。血液検査の結果がよくなったので、これまでの食事を続けようというならわかるものの、改善できたから元の食事に戻そうというのは間違った判断だと思うのですが、そんな考え方をする人は案外と多いのです。そんな考えになるのも、“肉断ち”という極端なことをするからで、脂肪の多い牛肉から豚肉や鶏肉にする、脂肪の量を減らすといったことをするべきでした。極端なことは反動が大きくて、前よりも悪い結果になってしまうリバウンドのようなことがないことを願いながら番組を最後まで見たものです。

「発達障害は障害ではない」と日本メディカルダイエット支援機構は事あるごとに主張しているのですが、これが通じにくい理由は固有名詞にあります。発達障害は病名になっていて、法律名でも発達障害者支援法となっています。障害という名称を使うなら、障害者の一定の雇用を義務づける障害者雇用促進法にも発達障害者を入れてほしいところなのですが、他の障害もないと発達障害だけでは対象者とはなっていないのが現状です。
障害者が「障がい者」と表記されることについて以前に紹介しましたが、あえて“障害”を使っているのは、障害があるのは社会側であって、障害者を障害者たらしめているのは障害者が暮らしにくい状況を作り出している社会のほうで、社会の理解と受け入れ体制が充分でないことが“障害”であるということを説明しました。
発達障害者は全人口の約10%と推計されています。これだけ多い上に、男女差では男性のほうが圧倒的に多くて、女性の2.4倍にもなっています。これで計算すると男性の発現率は14%にもなります。これは男女共同参画の時代には適切な表現ではないことは承知していますが、社会の働き手で多くを占める男性の発達障害が多いということは、今後の社会を支えるための大問題となります。
ひきこもりの約30%は発達障害者との調査結果もあり、発達障害者は世の中に出ていかない、受け入れられにくいという印象があるかもしれませんが、IT社会の進展もあって、発達障害者の中でも自閉症スペクトラム障害は集中力、持続力、こだわり、几帳面さという特性があり、これを活かす仕事選びをすれば優れた能力の集団とすることができます。
その優れた能力を発揮して、社会的な障害に向かい合う挑戦者(チャレンジャー)となるためには、まずは社会的な理解が必要であり、受け入れてもらえる環境づくりのために、私たちは発達障害の理解を進めるところからチャレンジしています。

NHKの健康をテーマにしたバラエティ番組で、脂質異常症をテーマとして医師や患者も登場して、幅広く紹介していました。一般向けの番組なので、わかりやすくすることを心がけているのは伝わってくるのですが、気になったのは「LDLコレステロール=悪玉コレステロール」と表記されていたことです。コメントをする複数の専門家は“LDL”という言葉は使わずに、全員が“悪玉コレステロール”のほうを使っていました。これは専門家としては“LDLコレステロール”という言葉を使いにくいという気持ちもあってのことだと思って見ていました。
LDLは低比重リポ蛋白(Low-Density Lipoprotein)で、コレステロールを全身に運ぶ役割をするリポ蛋白です。これは脂質とタンパク質によって構成されています。コレステロールは脂質で、血液中では水と油の関係で、そのまま血液中に入ると固まって流れにくくなります。そこで親水性のあるリポ蛋白が肝臓の中のコレステロールを積み込む形で血液中を通過して全身に運んでいるのです。つまり、LDLはトラックのようなもので、その荷物がコレステロールという関係です。
LDLが運んでいるコレステロールがLDLコレステロールです。LDLが血液中で多いということはコレステロールが多く運ばれていて、これら動脈硬化のリスクを高めるということから悪玉コレステロールと呼ばれています。HDLは高比重リポ蛋白(High-Density Lipoprotein)で、積んでいるコレステロールの量が少なく、血液中で余分となっているコレステロールを積んで肝臓まで戻ってきます。そのため、HDLが多いと動脈硬化のリスクが低くなるので善玉コレステロールと呼ばれています。
血管の健康にはLDLの量とともにHDLも重要となるわけです。以前は高脂血症と呼ばれていたのが脂質異常症と変わったのは、LDLが多いことだけでなく、HDLが少ないことも問題であり、“高脂”という名称がそぐわなくなったことから変更されることになったのです。
テレビ番組では、LDLコレステロールの表示を避けていたのですが、最後になってテロップで「悪玉(LDL)コレステロール」と表示されていて、これだと「悪玉コレステロール=LDLコレステロール」となってしまうので、最後まで貫いてほしかったと感じたのは、私たちだけではなかったはずです。