作成者別アーカイブ: JMDS

甘酒ブームが起こったときに、「飲む点滴」というキャッチフレーズが使われました。点滴は元気がなくなったとき、病気のときに使われるもので、その主成分はブドウ糖です。体液と近いのミネラルも含まれていますが、最も重要なのは、すぐにエネルギー化されるブドウ糖です。ブドウ糖は血液中に入って、全身に運ばれ、細胞に取り込まれて重要なエネルギー源となります。エネルギー源が不足していたのでは、細胞の中で作り出されるエネルギーが正常な状態よりも減ってしまい、パワーが出なくなってしまいます。
ブドウ糖が重要だということになると、点滴に次いで効果が得られるのは甘酒ではなくて、スポーツ飲料ということがわかります。ここで商品名をあげるのは適切かわかりませんが、大塚製薬のポカリスエットは点滴として医療機関で使われていたもののアレンジ商品で、もともと飲む点滴として開発されました。大塚製薬は医療機関では点滴と濃厚流動食の会社として知られています。点滴のシェアは国内トップを占めています。ちなみに、濃厚流動食のほうはカロリーメイトとして発展しました。
日本メディカルダイエット支援機構の理事長は、血糖値は高くはないのですが、あるクリニックで検査を受けたときに血糖値の数値を見た医師から「糖尿病だ」と言われたことがあります。多量に汗をかくことがあり、疲労が蓄積しないように診察を受けたあとに点滴をする予定だったのですが、看護師が間違えて、先に点滴をしたために糖尿病と診断されるほどの血糖値になってしまったということです。
これは極端な例ですが、病院で検査を受ける前に、喉が渇いたというのでスポーツ飲料を飲んで高血糖状態になって、糖尿病と疑われるという例は少なくありません。スポーツ飲料は身体によいものというイメージがあって、病院内の自動販売機でも売られていますが、こんな間違いが起こらないような注意喚起は必要です。寝る前には水分を摂るように言われますが、ブドウ糖が多く含まれたスポーツ飲料を寝る前に飲んだら太る要因となりかねません。これはブドウ糖によるエネルギー量の摂りすぎもあるのですが、血糖値が高い状態で寝ると、就寝中の脂肪分解が起こりにくくなり、せっかくの寝ている間のダイエット効果が得られなくなるからです。

テレビ番組のテロップは文字数が限られているので、ひらがなで表現すると長くなることから、漢字になるものは漢字にするというのが一般的です。文字変換はパソコンを使えば簡単にできます。書籍や雑誌などの文字の世界では「迷ったら“ひらく”」と言われます。ひらくというのは、平仮名にすることです。平仮名の話をするのに漢字では伝わりにくいので“ひらがな”と表現します。
ダイエットをテーマにしたテレビ番組で、皮下脂肪は減りにくいことを表現するテロップが「中々減らない」となっていました。皮下脂肪が多くなっているときには内臓脂肪が減ってから減るという順番になっているので、内容的には正しいことなのですが、「中々減らない」と出ていたときに中々が気になってしまって、すぐには内容が頭に入ってこなかったことがあります。
テロップを見ていて気づいたのは「々」がよく出てくることです。々は、そもそも何という読み方をするのかというと“同の字点”といい、漢字ではなくて“、”の仲間です。文字の形から“ノマ点”と呼ばれることもあります。
々が使われるものは日々、徐々、次々、久々、人々、我々、個々、堂々、国々、数々、倍々、面々、少々、多々は一つの言葉として認識されているので、あまり違和感を感じることはありません。ところが、中々、色々、程々、段々、益々となると読めないことはないものの、ピンとこないこともあります。益々は増々となっていることもあります。
日本メディカルダイエット支援機構の理事長は、パソコンどころかワープロ(ワードプロセッサー)が登場する前から文筆をしてきたので、漢字で書きたくなる気持ちはわかるものの、見ている人にわかりやすい、伝わりやすいというのが文字表現の基本なので、ひらけるものは“ひらく”ということを心がけていると話します。しかし、しばしば漢字になることもあります。これもパソコンで打っているからです。
しばしばは間をあけて繰り返すことで、「目をしばしばさせる」ことではありません。この話を打ち込んでいるときに変換キーに触れてしまい、屢々と変換されました。最後に読み間違いが起こりやすいものとして、各々(おのおの)と夫々(それぞれ)を紹介します。それぞれは其々とも変換されます。読み間違えると意味が通じなくなることもあるので、ひらくように特に気をつけています。

インターネットでダイエットに関する項目を検索すると、ダイエット商品のメッセージが表示されることがあります。その中で人気が高いというか、頻繁に出てくるのは酵素飲料です。酵素が含まれる飲料を飲めば、難なくやせられるというイメージの記事や広告となっています。すべての商品が、そのとおりだとよいのですが、酵素飲料の中には逆に太るものもあって、見極めは大切です。
酵素の研究は今から70年以上前の終戦直後から始まりました。農林水産省の研究所が食糧難を解決するために2人の研究者が招集されました。1人は酵素を使って植物や動物を大きく育てるほうの研究で、1人は酵素を使って人間の吸収をよくする研究でした。
この2人から教えを受けて、酵素の開発は全国に広がり、今の酵素ブームが起こっていきます。日本メディカルダイエット支援機構の理事長は、2人の元祖の研究者から直接、酵素の代謝への影響のメカニズムを学んでいます。人間の細胞には酵素が含まれていて、細胞の代謝を起こす触媒の役割をしています。細胞内の生化学反応は酵素がなければ充分に発揮されません。細胞の生化学反応の最たるものはエネルギー代謝で、酵素によって代謝が進めば、エネルギー源の糖質(ブドウ糖)と脂質(脂肪酸)が使われて、ダイエットでいうなら、やせていくことになります。
酵素の材料は植物性食品で、この中に含まれるのは消化酵素であって、人間の細胞の酵素ではありません。それなのに、どうして酵素飲料を飲むと代謝が高まるのかというと、肝臓ではたんぱく質から体内で使われる酵素が作られ、その一部が消化酵素になり、残りは細胞の代謝酵素となります。酵素飲料は消化酵素なので、胃から分泌される消化酵素を減らすことができます。その分だけ代謝酵素に回る分が増えて、細胞内の代謝が高まるということです。
消化酵素が生きている状態でなければならないわけですが、植物を発酵させたあと加熱をしたものは消化酵素の役割がなくなり、甘くてエネルギー量が多い飲料としか呼べないものになってしまいます。これを飲んだら、やせるよりも太ってしまう人がいるのは当然のことです。

夏を乗り切るための焼き鳥をテーマにしたテレビ番組があり、それを見ていた他局のディレクターから「ねぎまは本当に鮪(まぐろ)なのですか」という基本的は質問がありました。このようなことはネット検索で簡単にわかるはずですが、日頃の“身から出たサービス”のせいか、辞書がわりの質問も増えています。簡単なことなので結論を述べると、江戸時代の屋台で簡単に食べられる料理として鮪とねぎを交互に串に刺したものが売られていました。その前には、鮪とねぎを煮込んだ葱鮪鍋があり、これを略した「ねぎま」が焼き鳥ならぬ焼き鮪にも使われるようになりました。
江戸時代には鮪は“猫またぎ”と呼ばれる鰯や秋刀魚と並ぶ下魚でした。冷蔵技術がなかった時代には腐りやすい鮪は、すぐに調理して、簡単に食べられる形で売るしかなかったのです。冷蔵技術の進歩につれて鮪は高級魚になり、鮪の代わりに鶏肉をねぎと一緒に串に刺して焼いたものが庶民の味になっていったということです。そのときに「ねぎま」という言葉だけが残り、今では「ねぎ間」とメニューに掲げる店もあるくらいで、勘違いが広まっています。
この話は当然のことを伝えただけですが、同じ番組を見ていて、気になったこともディレクターと話をしました。その番組では、ねぎにはアリシンが含まれていて、これがエネルギー代謝を高めるという説明をしていて、にんにくにも玉ねぎにもアリシンが含まれているので、どれを鶏肉と一緒に焼いて食べてもよいというコメントを医師がしていました。ねぎ類に含まれるのはアリインという成分で、アリナーゼという酵素と一緒になるとアリシンとなって臭いのもとになると同時に、抗菌性を発揮して、ビタミンB₁の吸収性も高めてくれます。初めからアリシンが含まれているわけではなく、刻んだり擦り下ろしたりするとアリシンとアリナーゼが反応してアリシンになるのです。
アリシンはビタミンB₁と結合するとアリチアミンになり、吸収力が高まります。体内ではアリシンとビタミンB₁に分解されますが、ビタミンB₁は糖質の代謝を高めるので、糖質が多くエネルギーとなってパワーが出るのです。ここの説明がないまま「アリシンはニンニクにも玉ねぎにも含まれている」という話をしていましたが、ねぎも玉ねぎも刻んでもニンニクのような強烈な臭いが出ないことからも、アリインが少ないことがわかります。
しかも、アリナーゼは加熱によって破壊されるので、焼き鳥として食べたら、アリシンになりようがなく、正しい情報を正しく伝える責任があるテレビ局としては、どうなんだろうか、という話をさせてもらいました。

糖尿病になると、ブドウ糖が多いご飯の量を減らすように医師から指示されて、ご飯を食べるなら玄米にしようということで、玄米を炊ける高圧鍋を購入したということを、よく聞いた時期があります。その時期というのは今から40年以上前のこと、電子レンジが出はじめたころで、玄米をたくさん炊いておいて、冷蔵したものを電子レンジで温めて食べていた、という父親の例を日本メディカルダイエット支援機構の理事長が話していました。なぜ玄米なのかというと、食物繊維のために消化に時間がかかり、ご飯の糖質が分解されるのに時間がかかった分だけブドウ糖が吸収されるのにも時間がかかり、血糖値の上昇がゆるやかになります。糖尿病は血糖値の数値だけが注目されていた時代には、これは正しい指導だったのかもしれません。
ところが、栄養学の研究が進む中で、食物繊維が含まれた玄米を食べなくても、食物繊維が多い野菜を食べて、ご飯は白米でも構わないということが指示されて、食卓のシーンが変わりました。それまでは家族が一緒に食卓を囲んでも、父親だけが違うものを食べていたのが、一緒のものを食べて、その量だけを変えればよいということになったということです。
そのあと、さらに研究は進み、血糖値の上昇を抑制するのは食物繊維の中でも玄米や野菜に多い不溶性食物繊維よりも、水を吸って膨らむ性質がある水溶性食物繊維のほうであることがわかりました。水溶性食物繊維というと「こんにゃく、きのこ、海藻、果物」と栄養指導の冊子に書かれていたことから、こんにゃくが食卓に並ぶ家庭が増えたものです。
水溶性食物繊維が血糖値の上昇を抑えることは正しい情報ですが、こんにゃくは後々の研究で水溶性食物繊維の性質が保持されるのは粉の状態であって、凝固剤(水酸化カルシウムなど)で固めたこんにゃくは不溶性食物繊維と同じ状態になってしまいます。それがわかってから「きのこ、海藻、果物」と表示されるようになりました。果物の水溶性食物繊維はジャムになる部分です。
血糖値が高めの人にすすめられる特定保健用食品や機能性表示食品に使われている難消化性デキストリンは水溶性食物繊維です。これよりも有効性が高いことが研究によって確認されているのはシクロデキストリンです。難消化性デキストリンとシクロデキストリンについては、このサイトの「サプリメント事典」を参照してください。

全身の細胞は水分が充分に足りていることによって正常な働きをします。細胞の働きというと、酸素と栄養素を取り込んで、細胞の中で発生した二酸化炭素と老廃物を外に出す働きです。酸素と栄養素があれば細胞は正常に働いてくれそうな感じはするものの、赤血球によって血管の末梢まで運ばれた酸素は、そのまま細胞に取り込まれるのではなくて、水の中に溶け込んでから運ばれていきます。あまりに水分が不足すると、細胞への酸素の運搬が少なくなるのですが、これはあまり心配することはないようです。
心配しなければいけないのは細胞の中にある水分の不足です。成人では体重の60%ほどは水分となっていますが、その水分のほとんどは細胞内にあります。大量に汗をかくと血液中の水分が一時的に失われるものの、これは細胞内の水分によって補われます。細胞は一定の水分量が保たれていることによって代謝が保たれています。この場合の代謝というのは酸素と栄養素を使って、細胞内のミトコンドリアでエネルギーを作り出し、これによって発生した二酸化炭素と老廃物を細胞の外に送り出していることです。
細胞の水分が不足すると、細胞に取り込まれる酸素が不足して、エネルギー代謝が低下します。代謝が低下した状態では、運動をしても本来のエネルギー代謝が起こらなくなり、代謝によって消費される糖質(ブドウ糖)と脂質(脂肪酸)が減りにくくなります。一般的な言葉を使うなら、燃焼しにくくなるということです。
汗をかくと、その分だけやせられるようなイメージもあって、運動中に水を飲まないようにしている人もいますが、体内の水分が失われたままにしておくと、代謝が低下して、運動をした割にはダイエット効果が得られないということになります。体内の水分が1%不足すると喉の渇きを感じるようになり、2%が不足すると強い喉の渇きを感じます。こういう状態では代謝が大きく低下しているので、こんなことがないように水分は常に補給しながら運動をすべきです。

「水を飲んでも太る」ということを話す人がいます。太るのは飲食によるエネルギー量の摂りすぎか運動不足が原因ということになっているので、これに従うとエネルギー量がない水を飲んでも太ることはないはずです。しかし、実際には食事の量を減らして、運動もしているのにやせなくて、水を飲んだことによって太るという人はいます。
その理由は何かというと、一つに考えられるのは塩分の摂りすぎです。塩に含まれているナトリウムには水を吸着する作用があり、ナトリウムが増えると血液中の水分が多くなっていきます。普通ならナトリウムが多くなっても、腎臓で濾過されて過剰なナトリウムは排出されるので、血液中の水分は正常な状態に戻っていくはずです。ところが、腎臓の働きが悪いと、排泄が悪くなり、まずは血液中の水分が多くなって、これが体重にも見た目にも影響してきます。
体内のナトリウムが多くなると、細胞の中に取り込まれる水分も多くなります。「体重の60〜70%は水分」と言われますが、多くは細胞内の水分を指しています。細胞に取り込まれるナトリウムが多くなれば、その分だけ細胞内の水分が多くなり、これも太る原因になります。
また、むくみ(浮腫)も考えられます。水分は細胞内だけでなく、細胞の外側にもあります。この水分を使って、血管の末梢から細胞へと栄養や酸素を送り、細胞から排出された老廃物や二酸化炭素が血液中に入ります。老廃物は肝臓に運ばれて解毒され、二酸化炭素は肺に運ばれて呼吸とともに外へと排出されます。細胞外の水は、血管の収縮の圧力によって毛細血管に入っていきます。血管の収縮が弱いと水分が取り込まれにくくなり、体内に余分な水分が残ると同時に老廃物もたまっていくことになります。
下半身の血液は、心臓の圧力だけでは押し上げる力が足りないので、足の筋肉が収縮することによって、筋肉の中を通っている血管に圧力がかかり、心臓の圧力が補われて、血流が高まっていきます。筋肉を動かす機会が少ない人、つまり座っている時間が長い人は水分の排出が悪くなって、太ることになるわけです。

ニンニクは元気が出る食品というのは当たり前のこと、がんの予防に効果がある食品というアメリカのデータもあまりに有名な話、という前提で作られたNHKの人気番組を見ていた他局のディレクターから、「これまで聞いていた話と違うのだけれど」とのメールが入りました。これまでの話、というのは日本メディカルダイエット支援機構がメディアや研究者などに発信している情報のことで、その一部は最新情報の中でも伝えてきています。ニンニクを食べて元気が出るのはアリシンの効果で、ニンニクの細胞の中に含まれているイオン化合物のアリインと細胞の外側にある酵素のアリナーゼが反応するとアリシンとなります。この仕組みはNHKの番組の中でも紹介されていて、アリナーゼという名称は使っていなかったのですが、ニンニクを切ったり擦ったりするとアリナーゼとアリインが反応して臭いのもとのアリシンになると説明していました。
ニンニクをそのまま加熱するとアリナーゼが壊れて、アリインのままで臭わなくなるという説明をして、アリインには味をよくする(こくが出る、まろやかになる)、臭み消しになるということで料理を紹介していました。これは間違いがないのですが、臭いがないのにゲストがアリインだけの料理を食べて「元気が出る」とコメントしていたことに、MCは何も反応していませんでした。まるでアリインでも元気が出るような印象を与えていました。
アリシンはビタミンB₁と結合するとアリチアミンになります。ビタミンB₁はチアミン(yhiamin)とも呼ばれるので、アリシンとチアミンでアリチアミンです。ビタミンB₁は吸収率が50%ほどと低くなっていますが、アリチアミンになると吸収率が倍ほどになり、吸収されてからアリシンとビタミンB₁に分解されます。ビタミンB₁は糖質のエネルギー代謝を高める成分なので、ビタミンB₁が多くなるほどエネルギー代謝が高まって元気が出るようになるのです。
この仕組みに変わりはなく、テレビ番組の伝え方が不十分であったために、同業者が疑問を抱いて問い合わせをしてきたということです。番組の中でニンニクを食べてアリシンのために臭いがきつくなった場合には、牛乳を飲むかリンゴを食べるとよいという情報は、使える話であったので、あえて紹介しておきます。

血液中を流れる赤血球にはタンパク質のヘモグロビンが含まれています。ヘモグロビンは酸素と結びついて、酸素を全身の細胞に運ぶ働きをしています。このヘモグロビンにブドウ糖が結びついたものがヘモグロビンA1c(HbA1c)で、この量が糖尿病判定の指標の一つとなっています。赤血球の寿命は120日といわれ、血液中のブドウ糖が多い時期が長くなるとHbA1cの割合が多くなります。そのために2〜3か月の血糖値の高さを示す指標となっているわけです。
HbA1cが高いと何が起こるのかということですが、全身の細胞の糖化の度合いを知るために使われています。糖化は細胞の老化を引き起こすもので、年齢以上に身体が老化するエイジングの度合いを知るためにも活用されています。HbA1cに変化すると、ヘモグロビン本体の重要な働きである酸素を運ぶ能力が低下します。“低下します”という表現は実は正確ではなくて、HbA1cになると酸素は結合できるものの酸素を離すことができなくなります。
酸素はヘモグロビンと結びついて血管の末梢まで運ばれて、そこで酸素の結びつきを解いて酸素を細胞に届けています。HbA1cとなって酸素を結合しても離せなくなるということは、その分だけ酸素の運搬能力が低下して、細胞に届けられる酸素も減ってしまいます。
脳には酸素が必要だということは一般に理解されています。酸素で脳が働いているという印象があるかもしれませんが、脳細胞は酸素を用いて、脳の唯一のエネルギー源のブドウ糖をエネルギー化させています。少しだけ詳しく説明すると、ブドウ糖が脳細胞のミトコンドリアに取り込まれるときにR‐αリポ酸(天然型のα‐リポ酸)が必要になり、ミトコンドリアの中のTCA回路でブドウ糖から変化したアセチルCoAがエネルギー代謝するときに酸素が使われます。酸素不足は脳細胞を働かせるためのエネルギー不足を起こすということです。
血流が低下すると酸素の供給量が減り、脳細胞のエネルギー量が減るために、認知機能をはじめとした脳の機能が低下することになるのです。
α‐リポ酸については、このサイトの「サプリメント事典」を参照してください。

毛細血管という言葉は毛のような太さということに由来していますが、この場合の毛は髪の毛ではありません。髪の毛の太さは0.08mmといわれていますが、欧米人は0.05mmなので、かなり太いことになります。髪の毛よりも細い産毛は0.01mmですが、毛細血管と比べると、かなり細くて、8μm(マイクロメートル)となっています。1μmは1000分の1mmです。この太さは毛のレベルではなくて、蜘蛛の糸の太さです。そんなにも細いところが身体の中に占める割合が低ければ、毛細血管の血流に影響が出たとしても、あまり健康面では問題はないのかもしれないのですが、毛細血管は全身の血管のうち約95%を占めています。
血管の長さは全身で約10万kmといわれます。地球1周分(赤道1回り)は約4万kmなので、なんとも長い毛細血管が全身を駆け巡っていることになります。正しい表現をすると、駆け巡っているのは血液なので、“全身に張り巡らされている”というのが正しい表現となりそうです。
末梢の毛細血管に赤血球がスムーズに運ばれていけばよいのですが、という表現をすると、どれくらいの速度が普通なのかという疑問が出てきます。毛細血管の通過速度は1秒間に約0.5mmです。動脈の50cm、細動脈の5cmに比べると遅いものの、この速度で着実に赤血球が運ばれていれば、酸素も栄養素も不足することはないわけです。心臓の弁の開閉に異常が出る心臓弁膜症の場合には、どれくらいの速度になるのかというと、試験や研究者によって差はあるのですが、20%ほどは低下して、その分だけ運ばれる酸素なども減ると考えられています。
わずか20%と思われるかもしれないのですが、20%も不足したら、酸素を利用して脳細胞で作り出されるエネルギー量も20%ほどが減って、それが脳機能に影響を与えることになります。
血液がサラサラ状態なら、この程度の影響で済むかもしれませんが、血液がドロドロ状態になっていると流れが悪くなって、もっと酸素が届きにくくなります。毛細血管の太さは8μmであるのに対して、そこを通過する赤血球は10μmです。赤血球はつぶれるようにして狭い毛細血管を通過していきます。一つひとつなら通過しやすくても、赤血球がくっついたら通過しにくくなります。血液中のブドウ糖や中性脂肪が増えすぎると赤血球がベタついて2個だけでなく3個以上の固まりにもなります。こうなると酸素の供給量も低下するので、血流が悪い人は血糖値と中性脂肪値にも注意しなければならないということです。