作成者別アーカイブ: JMDS

糖尿病で認知症のリスクは高まるのか

糖尿病になると認知症のリスクが高まるのかという疑問に対する答えは「そのとおり」です。アルツハイマー型認知症のリスクは、糖尿病の人と、それ以外の人では2倍ほどもリスクが高いことが確認されています。アルツハイマー型認知症では脳細胞のアミロイドβの蓄積が進んでいくことが知られています。
糖尿病になると血糖値が上昇します。血糖値が上昇するほど膵臓からインスリンが多く分泌されます。インスリンは血液中のブドウ糖を細胞に取り込ませる働きを終えると、これは余分なものとして分解されます。その分解をするインスリン分解酵素には、アミロイドβを分解して脳の外に排泄する働きがあります。インスリンの分泌量が正常な状態ではインスリン分解酵素は適切にアミロイドβを適切に排泄してくれるのですが、インスリンが多くなりすぎるとインスリン分解酵素が使われすぎて、もう一つの働きであるアミロイドβの分解と排泄が遅れるようになります。
血糖値が上昇するのは、細胞にブドウ糖が充分に取り込まれていないからです。全身の細胞はブドウ糖のほかに脂肪酸もアミノ酸もエネルギー源とすることができます。しかし、脳細胞はブドウ糖しか取り込んで使えないという特徴があります。ブドウ糖が充分に取り込まれていなければ、脳細胞の中で作り出されるエネルギーが少なくなり、エネルギー不足から脳細胞の働きが低下していくことになります。
細胞に取り込まれたブドウ糖は、細胞の中のミトコンドリアに入ってエネルギー代謝が起こります。ブドウ糖がミトコンドリアに入るためには代謝促進物質のα‐リポ酸が必要になります。α‐リポ酸は体内で合成されるものの20歳をピークにして減少し続けます。認知機能の低下が進む高齢者ではα‐リポ酸はかなり減っているので、実は認知症の大きな原因はα‐リポ酸の不足ではないかと考えられているのです。
サプリメント成分としてもα‐リポ酸は補うことはできるのですが、α‐リポ酸には天然型のR‐αリポ酸と非天然型のS‐αリポ酸があり、体内で使うことができるのはR‐αリポ酸だけです。R‐αリポ酸と表示されているサプリメントを選ぶことです。R‐αリポ酸はシクロデキストリンと組み合わせないと分解されて、その働きが得られなくなります。成分名にシクロデキストリンが使われているかもチェック項目となります。

高齢者になると、睡眠が浅くなって早朝に目覚めることがあるので睡眠時間が短くなると思われている反面、昼寝や居眠りが多くなって睡眠時間が長くなるとも思われています。実際のところはどうなのかというと、国民健康・栄養調査によると平均的な1日に6〜7時間の睡眠時間の人は60歳以上では少なくなって、その代わりに7〜8時間、8〜9時間の人が増えていきます。その傾向は男性のほうが高くなっています。
寝ている間は身体を動かさないので生活習慣病のリスクは高まるものの、脳の負担は減るので、認知機能にはプラスになるという考えがある一方で、起きているときに脳が使われているので、かえって認知機能にはマイナスになるという考えもあります。睡眠時間が短くなると脳細胞のアミロイドβが増えるとの報告があります。アミロイドβはアルツハイマー型認知症の原因と考えられていて、このことから睡眠時間が長いと認知症になりにくい、と説明されることが多くなっています。
しかし、この結果は睡眠時間が短くなると認知症のリスクが高くなるということで、睡眠時間が長くなることによって、本当に認知症リスクが低くなるのかが証明されたわけではありません。これについて高齢者を対象にした久山町研究の解析を九州大学が行い、睡眠時間が5〜7時間未満のグループと比較して、BMI(体格指数)、高血圧、糖尿病、飲酒習慣、喫煙習慣などを考慮してリスクを算出したところ、5時間未満のグループの認知症リスクは2.64倍、あらゆる原因による死亡リスクは2.29倍となっていました。睡眠時間が10時間以上のグループの認知症リスクは2.23倍で、死亡リスクは1.67倍となっていました。
このことから言えるのは、睡眠時間が長くなるほど認知機能が高まるということでも低下が抑えられるということではなく、長すぎる睡眠は認知症になりやすいだけでなく、死亡リスクも高まるということです。

糖尿病の人は食事療法が基本で、これがしっかりとやれていないと運動療法の効果は出にくいとされています。それは正しいことですが、運動をしたくないと考えている人は「運動は効果がないので、食事で対応する」という発言をすることがあります。それほど運動をしたがらない人に、なんとか運動をしてもらいたいということで、いろいろなアプローチがされていますが、よく例として出されているのは有酸素運動による効果です。
食事で血糖値が下がりにくいときに有酸素運動をすると、細胞の中にあるグルコース輸送体のGLUT4が細胞膜の表面に近づいて、ブドウ糖を細胞内に効率的に取り込むことができるようになります。有酸素運動をすれば、無理に食事制限をしなくてもよいということで、歩く程度から運動を始めるようにという理屈としています。
もう一つは、血糖を分解する働きが高まることです。運動をすると筋肉から血糖を分解する作用があるAMPキナーゼが分泌されます。AMPキナーゼには脳の視床下部の摂食中枢に作用して、空腹感を感じにくくさせる作用もあります。運動をすると食欲が高まりにくくなるのは、自律神経の交感神経の働きが盛んになって胃液の分泌量が減ることもあげられていますが、これに加えてAMPキナーゼの働きもあったわけです。
有酸素運動をすると血栓を溶かす作用があるt‐PA(組織プラスミノーゲン活性化因子)が増加します。運動が不足すると血栓ができやすくなり、有酸素運動をすると血栓が溶けるというわけです。糖尿病は血管の老化が進む疾患で、血管の老化によって弾力性が失われたところに血栓ができると詰まりやすくなり、これが脳梗塞の原因になります。脳梗塞までいかなくても、一時的に血管が詰まることによって言語や身体機能の障害が起こる一過性脳虚血発作のリスクも高まります。
運動をすることで、血糖値を安定させるだけでなく、糖尿病の合併症を引き起こす血管の老化・劣化を抑えることもできるということは、これまで多くの糖尿病の方に響いてきた説明です。

認知症になったら治るものではなく、状態を軽くするしかできない、認知症の予備群とされる軽度認知障害の状態がみられた団体で、認知機能の改善効果があることに取り組むしかない、というのが医学会の認識です。ところが、セミナーの質問コーナーで「治る認知症があると聞いたのですが」という話が出ました。このセミナーは認知症をテーマにしたものではなく、有酸素運動の有効性に関するもので、その中で有酸素運動が認知機能を高めるという研究成果の一部を紹介していました。
治る認知症と聞くと、認知症になっても場合によっては治る可能性があるのではないかと聞き耳を立てている人が多くいたのですが、それに対する答えは「認知症は治らない」「認知症は発症を遅らせることしかできない」ということであり、質問に対する的確な返答としては「治る認知症というのは認知症ではない」ということです。
治る認知症と呼ばれているのは、認知症と同じような症状が現れる脳や身体の病気を指していて、診断で認知症と間違われやすいものを示しています。認知症と誤って診断されることなく、それぞれの病気に合致した治療を行えば、治すことができる病気となっています。
その病気としては、甲状腺機能低下症、ビタミンB₁₂欠乏症が内科分野ではあげられています。甲状腺機能低下症は女性に多い病気ですが、甲状腺ホルモンの治療薬で治すことができます。ビタミンB₁₂欠乏症はビタミンB₁₂が不足したために起こるもので、ビタミンB₁₂には脳からの指令を伝える神経の働きを正常に保つ働きがあり、注意力や集中力の低下、記憶障害、見当識障害(日時や場所がわからなくなる)が徐々に進んでいくことから、認知症と間違われやすくなっています。
ビタミンの不足というと一般には野菜を食べればよいと思われがちですが、ビタミンB₁₂は動物性食品に多く含まれていて、魚介類、レバー、乳製品、卵などに豊富に含まれています。ビタミン不足の解消というと、1日に1回は食べるようにしているという人もいるのですが、それでは欠乏症は解決できません。今は欠乏症となっていない人でも、将来的に欠乏症の危険性があります。というのは、ビタミンB₁₂の体内保持時間が短いからです。
ビタミンB₁とビタミンB₂は体内では24時間ほどは保たれます。そのために1日に1回、必要な量を摂っていれば不足するようなことはありません。ところが、ビタミンB₆とビタミンB₁₂は12時間ほどしか保たれません。となると、ビタミンB₁₂は1日に2回は食事から摂るかサプリメントで補うかしないということです。ビタミンB₁₂は重要な代謝成分であるので、メディカルダイエットのセミナーでも朝食と夕食で摂取することをすすめています。

セミナーの質問コーナーで、よく聞かれることに「どうして医者は栄養指導をしてくれないのか」「栄養指導をしてもらったけれど中途半端な感じ」「言われたとおりにやったのに効果がない、血糖値が下がらない」といった不満があります。それに対して、「お医者様の栄養知識はレベル差が大きいから」と簡単に済ませることもあるのですが、詳しく聞かれたときには半分仕方なく、次のようなことを話すようにしています。
「医学部で栄養学を学ぼうとしても講座がない大学がある」という話をして、医学部を設けている81大学のうち4分の1にしか講座がないという話をすると、大抵の人は驚かれます。講座がある大学であれば、すべての医学生が学べるのかというと、必修ではなく、ほとんどが選択なので、まったく栄養学を学ぶことなく医師になることのほうが多いということです。
それでも栄養による病気予防は大きな社会ニーズなので、独自に学ぶこともあり、栄養学系の学会だけでなく、医学系の学会でも臨床栄養に関する発表も増えています。病院に勤務すれば栄養士がいるので、学ぶ機会は多くなります。真剣に学んでいることを期待したくても、そうでもない実態があります。というのは、医師は栄養指導をしても保険点数がつきません。だから、収入にはなりません。栄養士でなければ医療の現場で栄養指導をしても保険点数がつかない制度になっているのです。
日本メディカルダイエット支援機構の理事長の栄養学の師匠は、日本栄養士会の理事長だった現役時代に、この制度の旗振り役となり、病院栄養士には感謝され、食事療法を進めるには大きな力となったのです。医師の栄養知識の取得と医学知識をもった栄養指導の実践ということでは、どうだったのかと今にして思うと疑問が投げかけられています。
患者の立場として医師に向かって「大学で栄養学を学んだのですか」とか「医者になってから栄養学を学び続けていますか」とは聞きにくいところですが、そこだけはなんとかして聞き出しておきたいものです。後になって一生懸命に栄養学を学んだとしても、それぞれの人に適した方法を指導できるようでなければ、場合によっては何も伝えていないのと同じことになりかねない、という認識で医師との付き合い方を考えるようにしています。

魚偏の漢字については以前に紹介して、それなりの反響がありました。魚偏の漢字は今では魚の種類だけでなく、魚の部位(鰓=えら、鰾=うきぶくろなど)を含めて701種類とされています。魚偏の漢字が登場した飛鳥時代には鮭(さけ)、鮎(あゆ)、鯛(たい)、鰒(あわび)の4つだけで、これは税として都に納めた納税記録の木簡から明らかにされています。
この話をセミナーで前振りでしたところ、セミナー後半の質問コーナーで、「飛ぶ鳥と書いて“あすか”と読む理由は」という超変化球の質問がありました。本来なら答える必要がないのかもしれませんが、前振りから気になって、セミナーの本編に集中できなかったのではないかと、こちらも気になって、知っている範囲で答えさせてもらいました。
あすかというのは、元々の地名の明日香で、万葉集の中に「飛ぶ鳥の明日香」という表記が出てきます。有名な地名には、“青丹よし奈良の都”のように枕詞(まくらことば)がつけられていました。他には「日下(ひのもと)の草香(くさか)」、「春日(はるひ)の滓鹿(かすが)」、「日立(ひたち)の常陸(ひたみち)」などがあります。陸を“みち”と読むのは陸奥(みちのく)から理解できるかと思います。ちょっと変化球では「初瀬川の長谷」というのがあります。奈良の桜井の初瀬川が流れてくる谷に長谷寺があり、長谷を初瀬から“はせ”と読むようになったといいます。
普通は、ここで時間切れにしていますが、よりによって質問をした方が近江さんで、名字(苗字)の由来を聞かれました。近江は琵琶湖の周囲で、琵琶湖は淡水で、京に近い淡水ということで「近淡海」が当てられ、近い入江から「近江」が“おうみ”と呼ばれるようになったといいます。名字は地名から来た例が多いのですが、有名な近江のわりには全国で1万2000人ほど、名字ランキングで1400番台ということです。

糖尿病や糖尿病予備群の人に対して、血糖値を上昇させるブドウ糖の摂取量の指導をしていますが、「糖尿病でなければ、どれだけ摂ってもいいのか」と聞かれることがあります。100kcal単位のダイエット指導では100kcalを基準として示しています。砂糖のエネルギー量は1g当たり約4kcalなので、砂糖に換算して25gという量になります。砂糖を飲み物に入れるだけなら、自分で量を調整できるものの、菓子でも加工食品でも砂糖は使われています。コーラ飲料は1缶(350ml)で35〜39gの砂糖が使われています。これだけでも私たちの推奨量を超えています。
公的な推奨量とされるのはWHO(世界保健機関)が2015年に発表した「砂糖摂取量ガイドライン」です。以前は1日に摂取するエネルギー量のうち砂糖は10%未満に抑えるべきだとされていましたが、新ガイドラインでは5%未満に抑えて、25gの量にするべきだとしています。
日本人は、どれくらいの栄養素を摂っているのかを調査している国民健康・栄養調査(厚生労働省)では、食品別の摂取量も調査していますが、なぜか砂糖は分類から外れています。そこで食糧需給表(農林水産省)を使って計算していますが、1日の食事摂取量の10%ほどが砂糖となっていて、1日に2000kcalを食べている場合には砂糖は50gほどとなります。この量はWHOの以前の推奨量と同じで、新ガイドラインでは2倍も摂っていることになります。
新ガイドラインで制限するようにされているのは、糖類のうち単糖類(ブドウ糖)とショ糖(砂糖)だけで、加工食品や清涼飲料に加えられる砂糖のほかに、蜂蜜やシロップ、果汁、果汁飲料などに含まれる糖類を指しています。もともと食品の中に含まれている糖分は対象外となっています。
砂糖はブドウ糖1分子、果糖1分子で構成されていて、食品の中では最もブドウ糖の含有量が多くなっています。血糖値を上昇させるのはブドウ糖だけです。血糖値が上昇するとインスリンの分泌量が増え、肝臓で合成される脂肪酸が増えて、これが太る要因となっています。これが続くと生活習慣病を引き起こすことになるだけに、健康を考えるなら砂糖の量は1日に25gまでに控えるようにするべきだということを伝えています。

以前に「七大栄養素」という話を紹介したところ、「六大栄養素にプラスされたのは何か」という質問をされたものです。六大栄養素ですが、まずは三大エネルギー源の糖質、脂質、たんぱく質が三大栄養素となり、それにビタミン、ミネラル、食物繊維が加わります。かなり以前は糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルが五大栄養素とされていて、食物繊維は消化も吸収もされないので、無駄なもの扱いされていました。ところが、食物繊維は腸内細菌によって分解されて、腸内環境を整えることが確認されてから、第六の栄養素となりました。
ここまでが過去の話で、七大栄養素と言われるようになったときに何が加わったのかというと、フィトケミカルです。フィト(phyto)は植物のことで、フィトケミカル(phytochemical)は植物に含まれる化合物を指します。さまざまな機能がありますが、中でも注目されているか、プッシュされているのは抗酸化機能です。植物に含まれている成分の機能は、一つの植物に限られているわけではなくて、例えば抗酸化でいえば、トマトのリコピン、ウコンのクルクミン、ブルーベリーのアントシアニン、緑茶のカテキン、大豆のサポニン、ニンジンのβカロテンなどがあげられます。同じ抗酸化機能でも複数の種類があります。
これに対して、八大栄養素でプラスされるヒトケミカルは、一つの成分が一つの働きしかしません。その働きが組み合わされて身体にとって重要な働きである代謝を行っています。一つ目のR‐αリポ酸(天然型のα‐リポ酸)は細胞のミトコンドリアにブドウ糖を取り込んでエネルギー代謝を促進するために欠かせない成分です。二つ目のL‐カルニチンはミトコンドリアに脂肪酸を取り込んでエネルギー代謝を促進するために欠かせない成分です。そして、三つ目のコエンザイムQ10はミトコンドリアの中でエネルギー産生を行う酵素の働きをサポートする補酵素です。
この3種類は三大ヒトケミカルと呼ばれています。それも体内で合成されるものの、20歳をピークにして減少していきます。減少によって代謝が低下するだけでなく、不足は代謝に関わる疾患の原因にもなります。そのために医薬品成分としての使用が以前から許可されていました。それが今では食品成分としても許可されて、サプリメント成分として使用することが許可されています。
α‐リポ酸、L‐カルニチン、コエンザイムQ10については、このサイトの「サプリメント事典」を参照してください。

乳酸は疲労物質とされていても、有酸素運動をするとエネルギーとして消費できるので、今では有益なものとして考えられるようになっています。メディカルダイエットの講習の中で乳酸の話をしたときに、受講者から「乳酸と乳酸菌は関係があるのですか」と聞かれたことがあります。乳酸菌に乳酸という言葉が入っているのは、乳酸菌が代謝成分として乳酸を作り出すからです。というよりも、乳酸を作り出す菌だから乳酸菌と名付けられたという表現のほうが合っているかもしれません。
乳酸菌は腸内細菌の場合には善玉菌で、栄養源として糖質が必要です。だから“乳酸菌を摂るときには糖質も摂るように”と書いているダイエット本もあるのですが、口から入れる乳酸菌は、いくら多くても腸内に棲息する腸内細菌の数と比べたら、比較にならないほど少ないものです。100億個の乳酸菌が含まれる食品や飲料がありますが、腸内細菌の数は1000兆個とされ、そのうちの善玉菌の割合は20%(悪玉菌が10%、日和見菌が70%)ほどとされています。善玉菌が200兆個だとしても2万倍の量になります。これだけの腸内細菌の善玉菌に対して、100億個の乳酸菌が役立つのかという疑問があります。
腸内細菌の善玉菌に糖質を与えるには、当たり前のことですが、食事で糖質を摂ることです。糖質は、ご飯、パン、麺類などに含まれています。砂糖はブドウ糖と果糖が1分子ずつ結びついたもので、エネルギーとなりやすいブドウ糖が最も多く含まれています。ブドウ糖は人間の身体のための優れたエネルギー源ですが、善玉菌にとっても同じように優れたエネルギー源です。善玉菌は細菌の一種で、細菌は1個の細胞でできた単細胞です。人間の身体は60兆個もの細胞で構成されているわけですが、細胞の一つひとつの中で行われている代謝は細菌と変わりがありません。細胞の中で作られたエネルギーは、その細胞の中でしか使われないので、独立した60兆個の細胞が寄せ集まっているのが人間で、たった一つの細胞の中で生命活動を完成させているのが細菌であり、善玉菌であるということです。
乳酸菌以外の善玉菌は乳酸菌を作っていなくて、悪玉菌も日和見菌も乳酸を作っていません。それに対して、人間の身体のほとんどは代謝が低下すると乳酸が作られます。乳酸は細胞でエネルギーを作り出すミトコンドリアの中でブドウ糖が不完全燃焼になったときに発生します。そうならないためにはブドウ糖を細胞に充分に送り込んで、代謝を促進するヒトケミカルを補うことが必要になります。ブドウ糖不足は不完全燃焼を起こして、大切なエネルギーの発生量も少なくなります。
ここまでの話をすると、メディカルダイエット講習の中で「極端な糖質制限はよくない」という話の意味を理解してもらえます。

乳酸は疲労物質とされ、運動法の話をするときには、疲労物質をためない方法が長らく検討されてきました。筋肉トレーニングなどの無酸素運動をすると早い人の場合には30秒を過ぎると発生してきます。ここに着目して、無酸素運動と有酸素運動を交互に繰り返すサーキットトレーニングでは、無酸素運動を30秒間したら、次は有酸素運動を30秒間するという方法を基本としています。有酸素運動は乳酸がたまりにくいだけでなく、乳酸をエネルギー物質として活用できることも、無酸素運動と有酸素運動を繰り返すメリットとして打ち出しているジムもあります。
このことについて質問をしてきた雑誌編集者がいましたが、当たり前のことに気づいたようです。その当たり前のことというのは、「無酸素運動を30秒間で終えれば、乳酸は発生しないはずなのに、有酸素運動をする意味があるのか」ということです。サーキットトレーニングは乳酸の活用だけを言っているわけではなくて、無酸素運動によって筋肉の中に多くの酸素を取り込み、続けて有酸素運動をするときに多くの酸素を使って脂肪燃焼を盛んにしようということです。とはいえ、乳酸の発生と活用は気になるところです。
乳酸が疲労物質といわれるのは、増えすぎると筋肉の動きを止める作用があるからです。体内で発生する乳酸が多くなりすぎて、急に筋肉が動かなくなると敵に襲われたときに逃げることもできず、最悪を考えると心臓も筋肉なので心臓が動かなくなって生命維持ができなくなることも考えられます。ということで、動けなくなるほど乳酸がたまる前に疲労を強くして、身体を休める、つまり筋肉を使わないようにするという生命維持のための仕組みが備わっているわけです。
そもそも乳酸は、細胞のミトコンドリア内でブドウ糖がピルビン酸を経て発生しています。元がブドウ糖であるのでエネルギー源として分解して使用することができるもので、その使用のために有効となるのが有酸素運動です。乳酸が発生するのは筋肉の中の白筋で、乳酸を使っているのは赤筋です。
それと同時に有効なのが、乳酸の発生を減らすこと、つまりエネルギー源を完全燃焼させる方法で、そのために充分に必要となるのがブドウ糖をミトコンドリアに取り込み、ミトコンドリア内での代謝を促進する働きがあるR‐αリポ酸(天然型のα‐リポ酸)です。R‐αリポ酸は体内で合成されるものの、20歳をピークにして減少し続けるため、年齢を重ねるほどサプリメント成分として摂取した場合の効果が高まるということです。