作成者別アーカイブ: JMDS

新型コロナウイルスの感染拡大で糖尿病患者は感染リスクが高いことが示されました。新型コロナウイルスに限らず、糖尿病になると免疫が低下します。糖尿病は血液中のブドウ糖が多くなり、赤血球をくっつけるようになって血流が低下します。特に低下するのは毛細血管で、毛細血管は8μm(マイクロメートル)の太さで、赤血球は10μmと大きいので、つぶれるようにして通過していきます。これは赤血球が単独の場合で、くっついてしまったら通過できなくなります。その結果として免疫細胞の白血球もリンパ球も流れにくくなり、免疫が低下することになります。
10年以上の治療歴がある糖尿病患者は平均寿命が10〜12年は短くなっています。平均寿命だけでなく、糖尿病の合併症である神経障害、目の網膜症、腎症が起こりやすくなります。この三大合併症は頭の文字を取って「シメジ」と表現されています。糖尿病は血糖値が高いだけでは健康に直接的な影響はなく、合併症さえ起こらなければ健康な人と同じように生活することができます。同じような生活といっても、血糖値を大きく上昇させないための食事と運動の注意は必要で、平均寿命が短くなるのは仕方がないことです。
合併症が進むと、生命に関わる病気が引き起こされます。それは「エノキ」と表現されていて、壊疽、脳卒中、狭心症を指しています。神経障害になると足に傷があっても痛みがなくなり、足が腐る壊疽になって切断という恐ろしいことになります。糖尿病になって赤血球の毛細血管の流れが悪くなると全身に運ばれる酸素が減って、血管の新陳代謝が低下して、血管の再生が遅れることから血管の老化が進みます。それが脳血管疾患の脳出血や脳梗塞、心疾患の狭心症や心筋梗塞を起こす要因となります。糖尿病による年間の死者は1万人ほどで、その多くは腎症によるものですが、合併症の先にある病気で亡くなった人は、その病気が死因とされます。実際は、相当の数が糖尿病関連で亡くなっているので、血糖値の管理は免疫維持とともに、生活習慣病の予防・改善に必要だということです。

発達障害の特徴について、「発達障害者支援ハンドブック2020」で解説とともに問題点が指摘されています。
注意欠如・多動性障害(ADHD)は、注意欠陥・多動性障害とも呼ばれています。医療や福祉の現場では後者が使われることが多いのですが、「欠陥」という言葉がふさわしくない発達障害者もいるため、あえて注意欠如という言葉を使っています。
注意欠如・多動性障害は特徴によって3種類に大きく分けられています。
1 多動性
特に目立ちやすい特徴で、幼いころから絶えず動いていて、じっとしていることがありません。学校では授業中に席に座っていることが難しく、教室をウロウロしたり、教室の外に出ていくこともあります。
2 衝動性
年齢相応に感情や欲求をコントロールできずに、守るべき社会ルールを頭では理解していても、衝動に駆られて破ってしまいます。そのことを指摘されると、カッとなって手が出てしまうという悪循環を起こしがちです。衝動をコントロールする力の発達が周囲の子どもよりも遅いという見方もあり、成長に連れて徐々に衝動性が目立たなくなるケースもみられます。
3 不注意
最も目立ちにくいのですが、注意欠如・多動性障害の中心的なものとなっています。多動性と衝動性は成長とともに改善されることが多いのに対して、不注意は成長しても残りやすく、大人になってからは不注意が中心になります。必要なことに注意を払えないことや注意が持続できないだけでなく、不必要な注意を止められないという注意力のコントロールができないこともあります。部屋が片付けられない、忘れ物やなくし物が多いということのほかに、話を最後まで聞いていられない、すぐに気が散る、ボーッとしている、周囲から怠けているとみられるということがあります。

LDLコレステロール値が高い人は、運動をすることをすすめられます。中性脂肪は運動によって減少しやすい脂肪であるので運動をする意味も理解しやすいのですが、コレステロールは運動によって燃焼するタイプの脂肪ではないために、その意味がわからないと運動を続ける気持ちが高まらないかもしれません。悪玉コレステロールとも呼ばれるLDLコレステロールは運動をして直接的に減るものではありませんが、善玉コレステロールとも呼ばれるHDLコレステロールとLDLコレステロールはバランスを取っていて、HDLコレステロールを増やすことによって、LDLコレステロールを減らすことができます。
運動によってHDLコレステロールが増える理由ですが、HDLコレステロールは肝臓の血流がよくなり、末梢の血管の血流がよくなることで合成が進んでいきます。ウォーキングは全身の血流を盛んにする働きがあり、肝臓の血流も盛んにすることができるからです。HDLコレステロールを減らす要因として運動不足や喫煙、糖尿病などがあげられていますが、これらは末梢の血流を低下させるものばかりです。末梢の血流が悪いとHDLコレステロールが合成されにくくなるので、全身の血流をよくする有酸素運動のウォーキングは効果的です。
LDLコレステロールが増えるとHDLコレステロールが増えるというバランス調整は、中性脂肪値が正常であることが条件となっているため、血液中の中性脂肪が多い人は、ウォーキングによって中性脂肪をエネルギーとして燃焼させることで、HDLコレステロールを増やすことができるようになります。
有酸素運動とコレステロール値の関係については、さまざまな研究が行われ、HDLコレステロールを増やすためには、1週間に900kcal以上のエネルギーを消費する運動をすることが効果的です。また、30分間以下の運動では効果はないものの、それ以降10分間増えるごとにHDLコレステロール値は約1.4mg/dlずつ増えるとの発表もあります。
厚生労働省のエクササイズガイドによると、スタスタと勢いよく歩く速歩を体重60kgの人が1時間(約6000歩)で約1400kcal、70kgの人では約1700kcalとなります。900kcal以上の運動なら週に4~5回、10分間ずつのウォーキングでもよいことになりますが、30分以上の運動でHDLコレステロールが増えていくので、週に1~2回、40分間以上のウォーキングをするのがよいということになります。
しかし、これは普段の歩行数が多めの人の場合です。厚生労働省の国民健康・栄養調査では、1日あたりの歩行数とHDLコレステロール値の関係を男女別に調べています。これを見ると、歩行数が8000歩を超えるとHDLコレステロール値が顕著に増えています。女性は男性に比べて、歩行数が少なめの人であってもHDLコレステロール値が高く、歩行数が増えた場合のHDLコレステロール値の上昇の傾向も大きくなっています。男性は女性に比べるとHDLコレステロールが少なく、ウォーキングの効果も出にくいので、できるだけ機会を見つけて、歩くように心がけたいものです。

免疫力は20歳をピークに年々低下していき、20歳のときを100%とすると60歳では20%、80歳では10%にも低下するとされています。20歳をピークに低下していくのは代謝も同じで、エネルギー源の糖質(ブドウ糖)、脂質(脂肪酸)、たんぱく質(アミノ酸)を材料にして、全身の細胞にあるミトコンドリアの中でエネルギーを作り出しています。その能力が年齢を重ねるにつれて低下していくのは、ミトコンドリアにエネルギー源を取り込む能力が低下していくからです。
どのようにしてミトコンドリアに取り込んでいるのかというと、代謝促進成分があって主なエネルギー源のブドウ糖を取り込むにはα‐リポ酸が必要で、脂肪酸を取り込むにはL‐カルニチンが必要です。代謝に欠かせない成分なので、不足したら身体機能が大きく低下することになります。そのためにα‐リポ酸もL‐カルニチンも体内で合成されています。その合成の機能が20歳をピークに低下していくので、作り出されるエネルギーが減っていき、そのエネルギーを使って全身の細胞が働いています。
代謝促進成分を使ってエネルギーが作り出されているのは免疫細胞も同じで、免疫細胞が正常に働くためにはエネルギー源を充分に取り込んで、多くのエネルギーを作り出すことが必要になります。そのために必要な代謝促進成分が減っていくのですが、免疫細胞が主にエネルギー源にしているのはブドウ糖なので不足したα‐リポ酸を補う必要があります。α‐リポ酸は以前は医薬品成分だったのですが、今は食品成分としても許可されているので、α‐リポ酸をサプリメントとして補うことができるようになりました。
ミトコンドリアの中で代謝を起こすには、その働きをする酵素を補う補酵素が必要です。その補酵素となるコエンザイムQ10も食品成分として許可されています。コエンザイムQ10の摂取によって免疫力が高まることが確認されています。α‐リポ酸もコエンザイムQ10も肉や魚に含まれていますが、不足を感じている場合にはサプリメントの使用がすすめられます。

発達障害の特徴について、「発達障害者支援ハンドブック2020」で問題点が指摘されています。前回に続いて、特徴について紹介します。
(3)発達障害の境界は明確ではない
発達障害があるかどうかを明確に示すことは困難だと考えられています。それは発達障害が連続体(スペクトラム)で、濃淡さ(グラデーション)があるからです。程度が濃ければ気づくのが早くなるものの、薄ければ気づきにくく、ある程度成長するまで見逃されることもあります。
発達障害は、社会の中で暮らすことに困難さがあるなら支援の対象となり、早期に支援をする必要があると周囲は考えるものの、本人にとっては当たり前の状態であり、自分が他者とは違っているという認識を抱かないまま成長している例が多くなっています。そして、要領が悪い、努力が足りないと言った避難を受けることで、皆と同じことができないことで自信を失い、心理的に追い込まれていくこともあります。
(4)家族的背景を持つことがある
親の育て方や遺伝が発達障害の原因のように考えて、自分や家族を責める例もみられます。発達障害の遺伝的な背景については欧米で研究が進み、注意欠如・多動性障害の場合には、精神疾患の代表格である統合失調症やてんかんよりも遺伝率が高いことがあげられています。遺伝を考えると一人の子どもが発達障害であれば兄弟姉妹にも発達障害が存在する可能性があるということですが、遺伝なので両親、祖父母にも発達障害が存在している可能があります。
発達障害について家族で充分に理解ができれていれば、受け入れて対応するべきで、家族と似た特性と考えられるレベルなら家族を責めるようなことがあってはいけないということです。
(5)いくつかの発達障害が同時に存在していることは珍しくない
発達障害は一つが単独ではなく、程度の差はあっても多くは重複して存在します。自閉症スペクトラム障害での受診でも、注意欠如・多動性障害、学習障害など重なっていることは珍しくありません。知的障害、発達性協調運動障害、チック障害などが併存している場合もあります。また、発達障害以外の二次的障害が併発している場合もあります。一人ひとりの発達障害児は、これらが重なり合った存在であり、特定の特性にのみ結びつけるのは困難なことです。

血液中の中性脂肪は、ブドウ糖と並ぶ重要なエネルギー源です。体内では普段から、その二つのエネルギー源を使って活動のためのエネルギーを作り出しています。個人差はあるものの、平常時にはブドウ糖60%:脂肪酸40%くらいの割合で使っています。脂肪酸は中性脂肪の構成要素で、グリセライド1個に脂肪酸3個が結びついたのが中性脂肪です。
運動をしたときには、すぐに大量のエネルギーが必要になるので、燃焼しやすいブドウ糖を多く使います。そのため、エネルギー配分はブドウ糖80%:脂肪酸20%くらいに変わります。しかし、ブドウ糖は10~15分間しか大きなエネルギーにはならないため、その時間を過ぎると脂肪酸へと主に使用するエネルギー源が切り換わります。エネルギー配分ではブドウ糖35%:脂肪酸65%くらいになります。
血液中の中性脂肪が多い場合には、10~15分間を超える運動時間が必要で、できれば30分間以上のウォーキングをするようにしたいものです。
有酸素運動は30分間続けることで、15~20分間、脂肪燃焼を盛んにできるわけですが、30分間のウォーキングの時間が取れないときには10分間のウォーキングを1日に3回行うことでも同様の効果が期待できます。
10分間のウォーキングでは脂肪の減少が少ないように思われるかもしれませんが、そのときにも脂肪酸が20%ほどは使われています。それに加えて、運動を終えてからも筋肉の中にある脂肪分解酵素のリパーゼが働いている30分間は脂肪酸が燃え続けています。1日に1回のウォーキングよりも、3回に分けて歩いたほうが運動後の脂肪減少の機会が3倍になっているので、中性脂肪の減少に、それほど大きな差は出てこないわけです。
ウォーキングによって、内臓脂肪がエネルギーとして使われやすいのは全力で運動をしたときの50~60%の負荷がかかった状態です。歩くスピードとしては、スタスタという感じで、腕を前後に大きく振りながら、歩幅も広くする歩き方が、これに当たります。

免疫を高めるための方法は数々あり、それなりに費用がかかる方法もあるのですが、ほとんど無料でできるのが太陽光を浴びる方法です。ほとんど無料、と書いたのは、外出するのに時間が必要で、その時間は仕事ができない、外出で靴が減る、腹が減ることがあるかもしれないので、それを補うのに金は必要ということを言い出す人が、たまにいるからです。
体内にはメラトニンというホルモンが存在しています。睡眠を促して、脳と身体を休ませる働きをしているのですが、免疫との関係も明らかになっています。体内のメラトニンが増えると免疫細胞の白血球の一つのマクロファージの働きが活発になって有害物質を取り込んで処理する貪食が進みやすくなると同時に、リンパ球のT細胞の一つのNK(ナチュラルキラー)細胞が増えて、がん細胞などへの攻撃力が高まることが報告されています。
メラトニンは、セロトニンという神経伝達物質から作られています。セロトニンが働くのは脳幹のセロトニン神経で、脳と神経全体の働きをコントロールしています。セトロニンは幸せホルモンとも呼ばれています。セロトニンは太陽光を浴びると増えていきますが、長く浴びすぎるとセロトニン神経がダメージを受けるので、5分以上、30分以下が目安とされています。浴びる時間も大切で、朝の起きがけに浴びることがすすめられます。というのは、朝日にはブルーライトが多く含まれていて、このブルーライトがセロトニンに作用するからです。
朝に目覚めたら、カーテンを開け放って、5分間だけ日光浴をするだけでよいわけですが、セロトニンの材料がなければ、せっかくの効果を得ることができません。セロトニンの材料はトリプトファンという必須アミノ酸で、体内では合成されないので食品から摂る必要があります。トリプトファンは納豆、豆腐、味噌などの大豆製品、牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品のほか、卵、肉、魚、バナナ、ピーナッツなどにも含まれています。

発達障害は、障害という名称がつけられていますが、他の障害とされるものと比べると、いくつかの特徴があります。これらの特徴は、それぞれの人の個性が強く現れた場合と、疾患の特徴と考えられがちですが、どちらにも該当しないと考えられています。「発達障害者支援ハンドブック2020」では、発達障害の特徴として、以下のことをあげています。
(1)数の多さ
文部科学省の調査によると,通常教育を受けている子どものうち6.5%が発達障害として配慮する必要があるとしています。これは担任教師が判断した数で、その段階で見逃されている発達障害児がいて、これ以外に特別支援学級に在籍する発達障害児を加えると10%に達するとみられています。
発達障害は生涯に渡って特性が継続すると考えられていることから、そのまま計算すると全人口の10%、約1300万人も国内に存在していることとなります。
(2)外見からのわかりにくさ
発達障害は、知的障害などの他の障害を併せ持っている場合には早く気づくことができるものの、知的障害があっても軽い場合や知的障害がない場合には本人も周囲も気づきにくいことがあります。一見すると問題がないように見えていますが、気づかない場合には怠けている、反抗的、困った態度をするといった誤解を受けやすい傾向があります。発達障害は早期に発見して、早期に支援をすれば改善を図ることも可能です。その第一段階の早期発見が遅れるために、支援が間に合わないということにもなりかねません。
発達障害は身体的な障害とは違って、ずっと同じ状態が続くわけではなくて、落ち着いている時期があり、不安定になる時期もあるという波があります。周囲の環境や状況によって落ち着くことができなくなり、発達障害の特性が強く出るということにもなります。

糖尿病の改善や予防のために歩くことがすすめられます。歩くことによって血糖値を下げようということです。血液中のブドウ糖は血糖と呼ばれ、一定(1dl)の血液中に含まれるブドウ糖の量が血糖値です。
ブドウ糖は、すぐに使われるエネルギー源で、ブドウ糖と脂肪酸の燃焼の割合は平常時にはブドウ糖60:脂肪酸40くらいで使われています。歩き始めると平常時よりも多くのエネルギーが必要になります。厚生労働省のエクササイズガイドでは、安静時(平常時)を1とすると普通に歩くだけでも3倍のエネルギーが使われています。それを補うために、ブドウ糖の消費量が多くなり、ブドウ糖80:脂肪酸20くらいの割合になります。
ブドウ糖を中心に燃焼させられるのは運動を始めて10〜15分で、それ以降は多くのエネルギーを長く作り続けられる脂肪酸の燃焼に切り替わっていきます。だから、ダイエットのためのウォーキングをするときには30分を目安にすることがすすめられるわけで、30分のウォーキングだとしたら15〜20分は脂肪が中心に燃焼することになります。そのときにはブドウ糖35:脂肪酸65くらいの割合になります。
ブドウ糖の消費を増やして血糖値を下げようとしたら、10〜15分のウォーキングを1日に何回か実施したほうがよいことになります。1日に1時間のウォーキング時間を作るとしたら、4〜6回の短時間のウォーキングをすればよいことになるわけですが、では長く歩いても効果がないのかというと、そんなことはありません。ブドウ糖の燃焼が半分ほどであったとしても、その分だけ長く歩いていればブドウ糖も燃焼します。また、体脂肪が減ると、ブドウ糖を脂肪酸に変化させる脂肪合成が進むので、脂肪酸の減少はブドウ糖を減らすという結果にもつながります。だから、歩いただけの効果は現れるということです。

腸内細菌というと一般には善玉菌と悪玉菌に大きく2つに分けて語られることが多いのですが、実際には3つに分類されています。善玉菌は人間にとってよい成分を作り出すビフィズス菌や乳酸菌など、悪玉菌は人間にとってよくないものを作り出すウェルシュ菌、ブドウ球菌、大腸菌などで、第三の存在としては日和見菌があげられます。日和見菌は普段はおとなしくしているものの、身体が弱ったり、悪玉菌が増えてきたときには悪い働きをする菌で、バクテロイデス、連鎖球菌などがあげられます。
日和見菌は腸内細菌の70%ほどを占めていて、これに対して善玉菌が20%、悪玉菌が10%くらいの割合の状態で、最もよい腸内環境となります。健康な状態では悪玉菌が10%でしかないのに、体調を崩したときには日和見菌は悪玉菌と同じようになるということは、全体の80%もが悪玉菌というような状態になってしまうということです。
体調を崩さなくても、悪玉菌が増えるような状況になると、日和見菌を味方につけて、一気に悪玉菌連合が増えてしまうので、善玉菌の優勢性が失われてしまいます。善玉菌の優勢性というのは、善玉菌の発酵によって作り出された酸性成分が腸内を酸性傾向に保つことです。善玉菌は酸性傾向の腸内で活性して増殖します。これに対して、悪玉菌は酸性度が低い腸内で活性化して増殖します。ということは、善玉菌が増えるほど善玉菌が増えやすい環境になり、どんどん腸の状態がよくなっていくということです。
善玉菌が減ると腸内の酸性度が下がり、悪玉菌が増えやすくなり、日和見菌を巻き込んで、どんどんと悪玉菌が増えやすい環境になってしまうということです。悪玉菌が増えると、腸内では腐敗が起こるように、毒素とも呼ばれる有害物質が発生します。悪玉菌が増えて便通が悪くなると、ガスが出やすくなるのは腐敗した結果であり、悪臭も腐敗の結果です。大腸では水分を吸収して、便を適度な量、適度な硬さにしていきますが、大腸が水分を吸い上げるときに小さなサイズの有害物質は大腸壁を通過して、血液中に入ります。
この有害物質は健康維持のためには処理しなければならないもので、その処理のために全身をパトロールしている免疫細胞の白血球が集まってきます。集まって処理をしているときには、他のところが手薄になるわけで、そのために全身の免疫が低下することになるというわけです。