最新情報

発達障害の脳の機能は遅れているのか

発達障害は脳の発達のズレだと説明されることが多いのですが、それについては脳の機能が遅れているような印象が抱かれがちです。しかし、発達障害は知能に問題がない例が多く、脳の発達が部分的に通常よりも遅れていることがある場合もあれば、通常よりも進んでいる場合もあって、このズレがあることで脳の発達が普通とは異なることから、自閉症スペクトラム障害、注意欠如・多動性障害、学習障害といった特性が現れると考えられて


腸内毒素は免疫にも影響を与える

腸内で悪玉菌が作り出すアンモニアや硫化水素、スカトール、インドールといった有害物質は、毒素とも呼ばれています。毒素は主には大腸に棲息する悪玉菌が発生させますが、大腸は便内の水分を最終的に吸い上げる器官であり、大腸壁を毒素は通過するため、水分の吸収時に毒素も吸い上げられ、血液中に毒素が入るようになります。 血液中に入った毒素は血管に入り、門脈を通過して肝臓まで運ばれます。肝臓は有害物質を分解して無


特異な行動は発達障害の特徴なのか

発達障害の自閉症スペクトラム障害、注意欠如・多動性障害、学習障害について、特徴的な行動や反応を調べて、日本メディカルダイエット 支援機構ではマニュアル化を進めています。発達障害は早期発見に努め、早期発見によって早期支援に努めることが重要で、それは発達障害者支援法にも地方公共団体の責務として明記されています。早期発見のためには、チェック表から該当する行動などを知ることが大切で、そのために特徴的な行動


健康のために大腸の構造と働きを知っておこう

大腸は盲腸、結腸、直腸で構成される長さが約1.5mの管状の器官で、直径は小腸の2倍ほどあります。小腸で栄養成分を吸収された残りは、水分が多いために、まだドロドロした状態になっていますが、大腸の中で15時間ほどの時間をかけて水分が徐々に吸収され、最終的には適度な固さと量の便になって、肛門から排出されます。 直腸に固くなった便が送られてくると、その刺激が脳に伝わる排便反射が起こり、直腸にたまった便だ


なぜ母親への発達障害支援が重要なのか

発達障害児に限らず、子どもの発育は親にかかっています。中でも母親にかかる負担が大きくなっていますが、発達障害児となると特異な行動だけでなく、感覚過敏と感覚鈍麻による味覚、視覚、聴覚、嗅覚、触覚の特徴的な状態から、日常生活での対応は尋常ではありません。だから、発達障害児の母親への教育と情報の支援が重要だと言われているわけですが、子どもが発達障害になったら発達障害児支援施設に頼ればなんとかなると考えて


水分代謝は本当にバランスが取れているのか

1日に体内に取り込まれる水分は、飲料によって約1ℓ、食べ物から約0.8ℓですが、このほかに代謝水の約0.2ℓが加わり、合計約2ℓとなっています。これに対して、排泄されるのは尿から約1ℓ、便から約0.2ℓ、汗や呼吸などの生理的に失われるのは約0.8ℓと合計約2ℓと、収支バランスが取れています。 代謝水というのは細胞のミトコンドリア内で糖質、脂質、タンパク質をエネルギー源としてエネルギーが作られると


発達障害の男性が28%もいたら社会システムは成り立つのか

発達障害児は文部科学省の調査では約6.5%とされていますが、実際には10%を超えていると推定されています。子どもの発達障害特有の行動にきづかない親がいたり、気づいていても社会的な受け入れや差別を恐れて医師にみせないという例もあるからですが、発達障害者支援法に明記されている地方公共団体の責務である早期発見が不十分なこともあげられます。 発達障害は男女差が大きく、その割合は女子1に対して男子2.4と


発達障害は熟睡できていない人が多い

発達障害児の特性について話をするのに、大人の飲酒の話から始めてしまいますが、熟睡するために飲酒をしているという人は少なくありません。お酒を飲むと寝つきがよくなるのは事実ですが、これはアルコールによる麻痺の作用によるものです。寝つきはよくても、アルコールによって寝ている間にアルコールの興奮作用によって身体は興奮状態になっています。 興奮状態といっても就寝中のことなので激しく興奮するわけではないので


消化の補助機能とは何か

消化吸収という言葉があり、消化は胃、吸収は腸で、というのが普通に考えられていることです。実際には消化は小腸でも行われていて、胃からは糖質とたんぱく質の消化酵素は分泌されていますが、脂質は胃から分泌される酵素のリパーゼと十二指腸から分泌される胆汁とによって消化されるので、実際の脂質の消化は小腸で起こっているわけです。 消化を進めているのは原則的に胃だということになっていますが、消化酵素が作られてい


発達障害児のための腸の健康

腸の働きをコントロールしているのは自律神経です。自律神経は交感神経と副交感神経に分かれますが、腸の蠕動運動と吸収を促進しているのは副交感神経のほうです。通常は交感神経は自動車で例えるとアクセル、副交感神経はブレーキに該当しますが、胃と腸は身体を休めるときに積極的に働いて消化と吸収が進むので、副交感神経によって働きが盛んになっていきます。ストレスが高まると便秘になりがちなのは、副交感神経が働いてほし