最新情報

あくまでも噂話22「為になる話とダメになる話」

「゛」がつくか、つかないかで意味が逆になるというのは笑点の大喜利の定番ネタで、「ハケに毛があり、ハゲに毛がなし」「ハハは子どもに厳しく、ババは孫に甘い」「秘書は気を使い、美女は気を使わない」といったように濁点の有無で面白おかしい言葉を繰り出しています。男性経営者が、「秘書(ひしょ)には気を使うことはないが、美女(びじょ)には気を使う」と話していたのに、急に秘書を男性から女性に変えたときに、「何があ


サプリ概論169 オプショナルサプリメントの意味

サプリメントはベースサプリメント、ヘルスサプリメント、オプショナルサプリメントの3種類に分類されることがあります。これまでのベースサプリメント、ヘルスサプリメントに続いてオプショナルサプリメントについて説明します。 オプショナルサプリメントは、その名のとおり、オプショナル(選択的)に摂るものということで、目的が明確にされているものが多くなっています。その目的としては、目の状態をよくするもの、膝の


Medical Diet90 日本人はレプチン抵抗性で太りやすい

日本人が太りやすい体質である原因の一つとしてレプチンの抵抗性があげられます。 レプチンは食欲を調整するホルモンで、日本人はレプチンが分泌されやすい体質となっています。ホルモンは少量で機能を発揮させることから、わずかな分泌の変化でも身体に大きな影響を与えます。 レプチンには満腹を感じさせる作用があり、正常に働くことで食欲が抑制されています。 レプチンは脂肪細胞から分泌されており、脂肪細胞内の体


【認定講習】エネルギー代謝スペシャリスト

日本メディカルダイエット支援機構では、メディカルダイエットと冠する資格認定ができる特定非営利活動法人(NPO法人)として、メディカルダイエットアドバイザーの資格認定講習(初級、中級、上級)を岡山で始めています。 栄養学、運動科学、生理学などを駆使した手法であるメディカルダイエットの理論講習が中心となっていますが、これは学んだことから自分に合ったもの、仕事に役立てられるものを選択してもらい、それぞ


あくまでも噂話21「バイブル商法の手先?」

ゴーストライター歴は、公式発表では当時は中堅出版社であった今は大手出版社の仲間入りをした会社で150冊、それ以外の超大手から中小の出版社で34冊の計184冊ということになっています。この公式発表は書籍形態のもので、小冊子と呼ばれる、一応は書籍扱いではあるものの、ほとんど広告的な出版物も20冊以上書いてきました。 なぜ小冊子を公式カウントにしていないかというと、ちゃんとした書籍とは違って、商品(健


発達障害サポーター50 地域から広域エリアでの支援活動

発達障害児の支援団体とフードバンクの運営団体に関わっていると、同じ社会的障壁があることに気がつきます。 発達障害児を支援する施設は、できるだけ生活圏に近いところにあるほうがよいと思って、空白地域に新設することを考える人が多くいます。通所タイプの施設では保護者の送り迎えも大変で、できれば距離も移動時間も短いほうがよいと判断されるからです。 フードバンクは、遠くまで食品を取りに行くのは大変で、宅配


学習支援62 個人に合ったほめ方・励まし方

発達障害の改善には、それぞれの子どもの違いを認めて、それを伸ばすことが大切だと説明されています。特性の凹凸の凹を埋めることよりも、凸を伸ばすことが重要だということで、克服したときに、すぐにほめる、少しテンションを高めにしてほめるといったことがすすめられることがあります。それは多くの子どもたちと接してきて、うまくいった親や教育関係者などの成功体験に基づくもので、そのことを成功体験として受け入れてくれ


発達栄養16 主要ミネラルの役割1

それぞれのミネラルの役割を知ることは、代謝の促進だけでなく、健康の維持・増進にも役立ちます。カルシウム、リン、カリウム、イオウ、ナトリウム、塩素、マグネシウムの7種類は主要ミネラルと呼ばれます。 ◎カルシウム 骨や歯に必須の体内で最も多いミネラルで、体重の約2%を占め、そのうち約99%が骨や歯にあり、約1%が血液や筋肉中にカルシウムイオンとして溶け込んでいます。血液凝固、筋肉収縮、神経系の調整


あくまでも噂話20「足を踏んだ人に踏まれた痛みはわからない」

「自分は裏切っていないのに、裏切られるばかり」と被害者のごとく話す人がいます。ところが、何があったのかを監察のように探っていくと、「裏切ったのは、あなたのほうではないか」とか少なくとも「自分で気がついていないだけで社員を裏切っていたのではないか」と言わなければならない状況になったことがあります。 それも特殊な行動をした特異なキャラクターが一人でしでかしたことだけではなくて、何人もいたことを、コン


認定講習の諺もじり14「笑う門には福は内」その1

「笑う門には福来る」とはいうものの、笑っていれば福が来るとは限らないというのが今の世の中で、笑いが起こるような講習を心がけていれば受講者が満足するということではありません。もちろん、難しい話を、話す側が難しい顔をして話していれば緊張感が高まり、緊張感が真剣に聞くといくことにつながればよいものの、緊張しすぎて話がよくわからなかった、充分に理解できなかったということにもなります。 自分が聞く側に回っ