最新情報

講習NAVI12 健康ウォーキング講習のきっかけ

日本メディカルダイエット支援機構のメディカルダイエット講習では、エネルギー代謝の促進法の一つとしてウォーキングを採用しています。ウォーキングは手軽に実施できる有酸素運動ですが、ただ歩けばエネルギー代謝が高まるわけではありません。一定の負荷がかかる歩き方をすることによって、最大酸素摂取量を高めて脂肪代謝を高めることをすすめています。 さらに、歩くスピードも変化させて、速歩と普通歩行を繰り返すこ


エネルギー代謝40 体内で脂肪は燃えていない

体脂肪を燃焼させるという言い方は、普通にされていることです。体脂肪は脂肪細胞に蓄積されている中性脂肪のことで、内臓脂肪と皮下脂肪を合わせたものです。体内に蓄積されている体脂肪が減るのは、燃えるといったほうがイメージしやすいとしても、実際にどうなのかというと、燃えるようなことはありません。 脂肪を燃やすには相当の温度が必要になります。脂肪よりも、もっと燃えやすい紙であっても発火点は200℃以上


健康情報共有9 レタスは食物繊維が多い野菜ではない

食物繊維の量を比較する野菜としてレタスが使われるきっかけになったのは、食物繊維飲料のファイブミニからだと言われています。大塚製薬のファイブミニにはレタス1.8個分、6000mgの食物繊維が含まれているということがテレビCMで広まってからです。 食物繊維が多く含まれる食品といえば根菜類という印象で、ごぼうの食物繊維は100g当たり6.1gもあります。それに対してレタスの食物繊維は100g当たり


発達栄養72 ネタばらし3:変化に対応するための継続教育

発達栄養学は教育によって広めることを目指しています。非常に対応が細かく、それぞれの子どもの特性、保護者の状態、生活環境などを充分に知って、千差万別の対応をしなければならないので、最もよい方法は個別面談、個別対応となるはずです。そのことは充分に承知していながら、あえて教育講習の方式を採用しています。 個別の状況に応じて、困っていることとして相談を受けたことだけに答えるのは、発達障害児の栄養指導


記念日10月4日〜10日

広く健康に関わる記念日について紹介します。 10月4日 徒歩を楽しむ会(宮崎県宮崎市)が徒(10)歩(4)の語呂合わせで「徒歩の日」と制定。月桂冠が糖質ゼロの日本酒の普及のために糖(10)質(4)の語呂合わせで「糖質ゼロの日」と制定。ヤマガタ食品(静岡県沼津市)が1893年10月4日の日刊時事新報にロールキャベツの原型のキャベーヂ巻きが紹介されたことにちなんで「ロールキャベツの日」と制定。カ


健康情報共有8 半身浴はやり方を間違えると効果がない

半身浴は、ダイエットのために実施する入浴法で、特に努力をすることなしに、体脂肪を減らすことができるということで、一般のダイエット目的から、スポーツ選手の体重管理、生活習慣病対策の体脂肪管理まで、さまざまなシーンで使われています。 スポーツ選手や生活習慣病改善のために半身浴を行っている人から、よく聞かれることに「寒くて半身浴が続かない」という言葉があります。寒さを感じるために、体脂肪を減らす効


講習NAVI11 食事を減らさずにエネルギー代謝を高める

ダイエットの基本は食事による摂取エネルギー量を減らして、運動による消費エネルギー量を増やすことだと一般には認識されています。食べる量を減らして、運動をすればダイエットできる(やせられる)と考えられているようですが、これまでの食事を変えずに、生活パターンを変えるだけでも体脂肪を減らすことができます。その手法をメディカルダイエット講習で伝えています。 食事を減らして、エネルギー源(糖質と脂質)だ


サプリ概論224 ネタばらし4:規制の法律の研究

サプリメント・健康食品は、法律上では食品です。効能効果を述べることができるのは医薬品ですが、食品であっても特定保健用食品、機能性表示食品として認められると、機能性の一部を述べて販売することができます。その一部の機能というのは血糖値や血圧が下がるといったことであって、病気の予防、診断、治療に使えるような表現をすることは許可されていません。 ここでいう表現というのは販売にあたってのことで、純然た


健康情報共有7 汗をかき続ければやせるわけではない

運動をして身体が温まってくるのは、体内で脂肪が燃焼しているわけではなくても、代謝が高まってきた結果です。前回で触れたことですが、細胞の中にあるミトコンドリアのTCA回路で生化学反応が起こることによって、エネルギー物質のATPが発生しています。 その過程では多くの種類のビタミンが必要であり、多くの酵素が働く必要があります。酵素を働かせるためには補酵素が必要で、その補酵素の役割をしているのが複数


講習NAVI10 ダイエットデザイナーの講習サポート

特定非営利活動法人(NPO法人)日本メディカルダイエット支援機構が認定するメディカルダイエットアドバイザーの中級認定者が、新たに講習・認定ができる制度は、メディカルダイエットアドバイザーの初級講習を始める段階から公言してきました。 メディカルダイエットアドバイザーは初級、中級、上級の3段階方式を採用していて、上位資格者が下位の講習を開催することができる制度となっています。その方式であることか