メディカルダイエット

2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

022 脂肪の吸収を抑える方法

食品に含まれる脂肪は中性脂肪となっています。中性脂肪というのは、脂肪酸3個をグリセロール1個がつないでいるもので、消化液によって脂肪酸が分解されて吸収されます。中性脂肪のままでは吸収されないので、それを利用する方法として活用されるのが食物繊維の中でも脂肪を吸着...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

021 血糖値を上昇させない食べ物の組み合わせ

血糖値が上昇すると太る可能性が高くなります。血糖値は血液中のブドウ糖の量を示す値ですが、血糖値が上昇すると膵臓からインスリンが分泌されます。インスリンは一般には細胞にブドウ糖を取り込んでエネルギー化するホルモンとして知られていますが、インスリンが分泌されると肝...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

020 脂肪の摂りすぎが糖代謝を低下させる

ブドウ糖が含まれる糖質を多く摂ると、インスリンを分泌する膵臓に負担がかかり、これが続く膵臓から分泌されるインスリンが大きく減るようになります。その反応の行き着く先が糖尿病です。だから、糖尿病にならないようにするには糖質を減らすことが必要だとの考えも出てくるよう...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

019 ダイエットにブドウ糖は必要

糖尿病の治療食はダイエットのための食事として活用されています。糖尿病の治療食というと、血糖値を上昇させるブドウ糖を減らさなければならないという考えをされることがあって、糖質が少ないのが糖尿病治療食と思われがちです。しかし、実際には糖質は全体のエネルギー量のうち...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

018 糖質制限で効果がある人の条件

糖質を摂りすぎると、その中に含まれるブドウ糖によって血糖値が上昇して膵臓からインスリンが分泌されます。インスリンは肝臓で脂肪の合成と蓄積を促進するホルモンで、血糖値を上昇させるブドウ糖をできるだけ摂らないことでインスリンの分泌を抑え、太らないようにすることがで...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

017 食品と食品の組み合わせでダイエット

食べたものの吸収率が低ければ、太りにくくなります。そこでエネルギー量が高い食品を食べるときには、吸収率を下げる作用がある食品を一緒に食べることがすすめられます。食物繊維には水に溶けない性質の不溶性食物繊維と、水を吸って膨らむ性質がある水溶性食物繊維があります。...


pic_sam04

016 運動と入浴の組み合わせでダイエット

運動後には入浴をすると脂肪の燃焼が進みにくくなるといわれています。その根拠となっているのはリパーゼの存在です。リパーゼは脂肪分解酵素で、食べ物を消化するために分泌されます。役目を終えた後に一部は血液とともに運ばれて、筋肉の中にも存在しています。リパーゼの働きに...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

015 入浴と食事の組み合わせでダイエット

食事の前の入浴によって脂肪燃焼の状態が異なってきます。それに影響するのは入浴温度です。自律神経は自分の意志では切り換えることはできないものとされていますが、入浴温度を変えることで交感神経と副交感神経とを切り換えることができます。 入浴温度が38〜40℃では副...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

014 食事と運動の組み合わせでダイエット

同じ食事量、同じ運動量であっても食事と運動のタイミングによってやせさせることも、逆に太らせることも可能です。それを可能にしているのはメディカルダイエットの研究成果で、夕食前の運動がメディカルダイエットに用いられています。 夕食前の空腹時には血液中のブドウ糖が...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

013 食生活調査票によるメディカルダイエット

メディカルダイエットを基本としたダイエットを始めるときには、まず食生活調査表による食事調査を実施します。これは日本臨床栄養学会の前理事長の板倉弘重先生(医学博士)の監修によって完成させたもので、食事で食べている食品の1週間の頻度を調べるものです。食生活の調査と...


pic_sam04

012 体脂肪は階段状に減っていく

体脂肪は重要なエネルギー源であることから、急激に体脂肪を減らそうと食事の量を大きく減らしたり、激しい運動を続けていると体脂肪が急に減らなくなる時期があります。通常のダイエット法で1か月に2〜3kgの体脂肪の減少で抑えておいたときには、直線的に減少してから徐々に...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

011 内臓脂肪が減らないと皮下脂肪は減らない

ダイエットをすれば気になるところについた体脂肪が減っていくはずということで頑張っているのに、なかなか減らないという人もいます。その減らない脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪のどちらなのかというと、圧倒的に皮下脂肪だという人が多くなっています。内臓脂肪は内臓の周りの脂肪細...


pic_sam04

010 運動なしで食事を減らすとリバウンドする

運動で消費されるエネルギー量はkcalで表されます。それに対する食事で摂取するエネルギー量もkcalで表されます。これがダイエットの間違いを起こす要因の一つになっています。運動による消費エネルギー量と食事による摂取エネルギー量が同じエネルギー量(例えば100k...


pic_sam04

009 脂肪燃焼効果が高いのは歩行運動

1日に消費されるエネルギー量の約70%は生命維持のために必要な基礎代謝です。そのうちの35〜38%は筋肉が消費しています。そのために筋肉を増やすことが基礎代謝を高め、全体の消費エネルギー量を増やし、脂肪が大きく燃焼するのでダイエットにつながると広く紹介されてき...


pic_sam04

008 歩いて燃焼する筋肉は歩いて増やす

筋肉には速筋と遅筋があります。これは筋肉の性質によって使い分けられている名称です。速筋は速く動くことができる筋肉で、強い力を発揮することができます。ただし、長く強い力を継続させることはできません。遅筋は遅くしか動けず、大きな力は出ないものの、長く動き続けること...


pic_sam04

007 いくつになっても筋肉は増やせる

「筋肉は若いうちは運動をすれば増えるけれど、年齢を重ねてからは増えない」と勘違いしている人が少なくありません。中高年以降は筋肉運動をしても筋肉が増えにくいのは事実です。しかし、それは運動量が足りないことと、筋肉を増やすために必要な栄養素や成分が不足しているため...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

006 代謝促進成分が不足するとエコ対応になる

食べる量が少ないのにやせない理由としてエネルギー代謝に必要な成分が不足していることを紹介してきましたが、代謝成分が不足していると生命維持と活動のためのエネルギーが充分に作られなくなることから、エネルギー不足に対応するエコ対応の身体になっていきます。 脂肪細胞...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

005 エネルギー産生にはミネラルが必要だ

ビタミンは体内では原則的に作ることができないものです。腸内細菌によってビタミンB₂、ビタミンB₆、ビタミンB₁₂、パントテン酸、ビオチン、葉酸、ビタミンKは合成されるものの少ない量でしかないので、食事から摂る必要があります。ミネラルは体内では合成されないために...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

004 燃焼のTCA回路にも必要なビタミンB群

細胞のミトコンドリアの中にあるTCA回路で三大エネルギー源(糖質、脂質、たんぱく質)が燃焼してエネルギーを作り出すためには、ビタミンB₁、ビタミンB₂、ビタミンB₆、ビタミンB₁₂の4種類のビタミンB群が必要だと以前(001)に紹介しました。必要なのは、これだ...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

003 脂肪燃焼促進のためのヒトケミカル

細胞のミトコンドリアの中でブドウ糖や脂肪酸を取り込んで燃焼させるためには、三大ヒトケミカルのα‐リポ酸、L‐カルニチン、コエンザイムQ10が必要になります。ミトコンドリアにブドウ糖が取り込まれてアセチルCoAに変化するためにはα‐リポ酸が必要です。α‐リポ酸に...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

002 栄養素分解のためのビタミンB群

細胞のミトコンドリアの中にあるTCA回路は、糖質、脂質、たんぱく質を燃焼させてエネルギーを作り出す反応回路だと説明されています。燃焼するのは糖質の中のブドウ糖、脂質の中の脂肪酸、たんぱく質の中のアミノ酸ですが、そのままの形でTCA回路に取り込まれていくわけでは...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

001 ビタミンB群なしではやせられない

ダイエットを始めた人は、食事を減らすように指導をしていなくても、食べる量が気になって食事量が減っていく傾向があります。脂肪を摂りすぎている人が脂肪を多く含んでいる食品を減らすのはよいことですが、食べる量を減らしたことで重要な栄養素が減るようなことになったのでは...


pic_sam04

野菜はご飯と一緒に食べるのが効果的

血糖値を上昇させる炭水化物を食べないようにして、野菜を食べるダイエットに取り組んでいる人は少なくありません。野菜にはビタミン、ミネラルが豊富で、食物繊維も多く、エネルギー源の糖質、脂質(脂肪)、たんぱく質も少ない量しか含まれていません。太る要因となりそうなご飯...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

果物は朝に食べるのが一番!

果物を食べるタイミングとして“朝は金、昼は銀、夜は銅”と言われ、朝に果物を食べることはダイエット効果も高いとされています。果物に含まれている果糖はエネルギーになりやすく、活力のもとになるうえに、余分に食べても脂肪に合成されることがないので、朝に食べることがすす...


pic_sam04

食べる順番を変えると脂肪の合成が減らせる

同じ食事をしても、食べる順番を入れ替えるだけで食事によって高まりやすい血糖値を抑えて、ダイエット効果を高めることができるという「食べる順番ダイエット」の人気が高まっています。初めに食べるのは食物繊維が多く含まれるサラダや海藻などの副菜で、そのあと主菜の肉や魚な...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

1日のエネルギーバランスは3:3:4

ダイエットのためには、「バランスよく栄養を摂ること」がすすめられます。バランスは肉と野菜、肉の種類、脂肪の種類、三大栄養素(糖質、脂質、たんぱく質)など、さまざまなもので言われていますが、中でも重要になるのは三大栄養素と三食(朝食・昼食・夕食)の割合です。 ...


noimg

三大ヒトケミカル

 科学的な研究に裏付けられたメディカルダイエットなら、同じ食事や運動をすれば同じような結果が得られると思われがちですが、そのようなことにはならないのは医科学の世界では常識となっています。その理由として、体質や個人差があげられることが多く、日本メディカルダイエッ...


pic_sam04

カルシウムとダイエット4

カルシウム不足で脂肪が増える  摂取するカルシウムが不足すると、血液中のカルシウム濃度が高くなり、さまざまな弊害が起こるカルシウム・パラドックスだけでなく、体内で合成される脂肪が増えるという厄介なことも起こります。  体の中にはカルシウム濃度を調整する機能...


pic_sam04

カルシウムとダイエット3

論理的矛盾「カルシウム・パラドックス」の理由  カルシウムについて書かれた書籍をみると、いまだに「カルシウムの過剰摂取は尿路結石や腎臓結石などの泌尿器系結石を起こす」と書かれているものがあります。  しかし、カルシウムを多く摂取する人は、むしろ結石が少ない...


pic_sam04

カルシウムとダイエット2

カルシウムの吸収率は低い  食品やサプリメントに含まれるカルシウムは、そのままの量が腸から吸収されるわけではありません。1日に600mgのカルシウムを食品から摂ったとすると、吸収されるのは平均して200mgほどです。  吸収されなかったカルシウムは、どこに...


pic_sam04

カルシウムとダイエット1

カルシウムが足りない  日本人の食事の中で、最も不足している栄養素はカルシウムです。  1日に、どれくらいの栄養素を摂ればよいのかについては、「日本人の食事摂取基準」に掲載されています。それによると、カルシウムの1日摂取基準は男性が30代、40代で650m...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

身体を温めるための調理法

東洋医学では、食品の性質は、身体を温めるか身体を冷やすかで大きく分けられています。これは五性分類と呼ばれます。身体を温める作用がある「温性」、身体を温める作用が強い「熱性」、身体の熱に影響しない「平性」、身体を冷やす作用がある「涼性」、身体を冷やす作用が強い「...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

根菜は身体を温める

食物繊維は、胃では消化にかかる時間を長くして、糖質が分解されて血糖値が上昇されるのを抑えるのが一つの役割です。もう一つの役割は、腸壁を刺激して便通をよくして、体内の有害物質の排出を促進する働きです。 食物繊維は水には溶けない不溶性食物繊維と、水を吸って膨らむ...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

消費のための運動時間が短くて済むスイーツ

甘いものを食べて、いつもよりもエネルギー摂取量が増えたら、その分だけウォーキングなどの運動をしてエネルギー消費量を増やすのが一番の対応です。お菓子のエネルギー量が高いものを食べたら、歩く距離と時間を長くしなければならないことになります。できることなら運動はした...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

濃い味だと食べすぎる

寒い地域の料理の味付けが濃いのは塩分が多く使われているからですが、濃い味によって主食のご飯を多く食べるための方法です。 1日に使われるエネルギー消費量の約70%を占める基礎代謝のうち約80%は生命維持に必要な体熱を発生させるために使われています。ご飯に含まれ...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

見えない脂肪は気づきにくい

脂肪はエネルギー量が高く、脂肪が含まれた食品を多く食べると太りやすいので、ダイエットのためには脂肪を減らそうというのは誰もが考えることです。肉のように赤身と脂身がはっきりと分かれているものなら脂肪の量が見えやすいので、脂肪の部分をカットするというように減らすの...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

粒と粉の消化速度の違いを活用

同じエネルギー量のものを食べれば、同じようにエネルギーが身体の中に入ってくると考えられがちです。ほとんどのダイエット関係の書籍などには書かれています。でも、それは本当のことでしょうか。 消化されやすい糖質の場合、ご飯は粒状であるので胃の中で消化液が中まで入っ...


pic_sam04

早食いをすると太りやすくなる

太っている人は、早食いの傾向があります。食事をすると、主食(ご飯、パン、麺類など)に含まれる糖質が胃で分解されてブドウ糖となります。このブドウ糖が腸から吸収されると血液中のブドウ糖が増えます。血糖値が上昇すると、脳の満腹中枢が反応して満腹感が得られるようになり...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

おかずの種類を増やして食べすぎを防ごう

“おかず”は漢字では“御加数”と書かれます。これは多くの数を加えるという意味で、健康指南書の「養生訓」に登場する言葉です。主食(ご飯、パン、麺類など)に加えて食べるおかずは、できるだけ多くの食品を使って作ることを示しています。簡単に腹を膨らませようとすると主食...


2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

脂肪は太りやすいけれど腹持ちはよい

効果のあるダイエット法であっても、長続きしなければ仕方がありません。ダイエットが長続きしない大きな理由は、空腹を我慢できないことです。ダイエットのために脂肪が少ない食材、食べすぎになりがちな主食(ご飯、パン、麺類など)、砂糖が含まれたものを避けるといった食事を...


pic_sam04

カルシウムを効率的に摂るには

カルシウムの摂取量については、国民健康・栄養調査で発表されています。 以前からカルシウムは不足していることが指摘されてきましたが、年齢別に加えて、男女別の調査結果が発表された平成11年時点では40代の女性は当時の摂取基準量の1日600mgに対して、「10%も...


pic_sam04

カルシウムが不足すると太る

摂取するカルシウムが不足すると、血液中のカルシウム濃度が高くなり、さまざまな弊害が起こることを「カルシウム・パラドックス」といいます。普通に考えれば、食品から摂るカルシウムが不足すると、血液中のカルシウム濃度が低下するはずです。しかし、逆にカルシウム濃度が一時...


pic_sam04

減らすのは体重ではなく体脂肪

体重計に乗って、100g増えた、100g減ったといって一喜一憂している人がいます。体重は、変動が大きい人だと1kgも増減するので、一喜一憂する必要はありません。それよりも注目してほしいのは体脂肪の変動です。体脂肪は、脂肪細胞の中に蓄積されている脂肪のことで、内...


noimg

ダイエットとメディカルダイエット

ダイエットとメディカルダイエット ダイエットという言葉は、「やせる」という意味で一般にはとらえられがちです。また、やせるために、「食事量を減らす」こと、極端な考えでは 「食べない」「食事抜き」という意味にとらえていることさえあります。しかし、ダイエッ...