ハナビラタケ

担子菌門ハラタケ綱タマチョレイタケ目に属するハナビタタケ科ハナビラタケ属に分類される日本国内やヨーロッパ各地に自生するキノコの一種。その名のとおり、花弁の子実体が20~40cmの白い大きなボタン状になっています。多糖類のβ‐グルカンが他のキノコに比べて特に豊富に含まれていますが、β‐グルカンは免疫細胞の栄養源であり、免疫細胞の働きを高めて、免疫を活性化させます。