DPA

DPA(ドコサペンタエン酸)はn‐3系脂肪酸多価不飽和脂肪酸の一種で、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)と並んで、血液をサラサラにする成分として一般に知られるようになりました。血流を改善し、中性脂肪の降下や善玉コレステロールとも呼ばれるHDLコレステロールの上昇、血圧や血糖値の効果といった作用はDHAやEPAの10倍ほどもあるとされます。アザラシに多く含まれていますが、アザラシは青魚をエサにしているため、アザラシの脂肪を原材料にした健康食品素材には同時にDHAやEPAも含まれています。アミノ酸のアルギニンと一緒に摂ると、より有効性が高められます。