最新情報

機能性表示食品の試験データは信じられるのか

機能性表示食品は、その名のとおり、機能性を表示することができる食品のことです。特定保健用食品が個別の商品を審査して機能性の表示が許可されているのに対して、機能性表示食品は含まれている成分が人間を対象とした試験によって有効性が認められていて、その成分が一定量使われていれば同様の結果が得られるとみなされて、機能性を表示することができます。つまり、機能性表示食品は、販売者の責任において保健の目的が期待で


免疫対策のウォーキング

身体を外敵から守る免疫細胞は、酸素を多く取り込むことで活性化します。免疫細胞も全身の細胞の一部であり、その中にはエネルギー産生を行うミトコンドリアがあります。ミトコンドリアは酸素を使ってエネルギーを作り出しています。そのため有酸素運動のウォーキングは全身の免疫を向上させる運動といえます。有酸素運動によって活性化するのはリンパ球ですが、中でも特に活性化するのはナチュラルキラー(NK)細胞です。 ナ


コエンザイムQ10で歩数は増えるのか

コエンザイムQ10の吸収率が高くないという話をセミナーでしたときに、「それでも効果があるのだから摂るべきでは」という声をいただいたことがあります。今どきのセミナー参加者は、情報通でもあるので、スマホ片手に、わからない用語が出てくると検索しながら、そちらの情報を見ながら耳をセミナーのほうに向けているという人もいます。その質問者もスマホ片手だったので、どんな内容を見ているのかと聞いたところ、“還元型コ


特定保健用食品と栄養機能食品の違い

特定保健用食品の表示としては、次の8種類が許可されています。 1 おなかの調子を整える食品 2 コレステロールが高めの方の食品 3 血圧が高めの方の食品 4 ミネラルの吸収を助ける食品 5 骨の健康が気になる方の食品 6 むし歯の原因になりにくい食品/歯を丈夫で健康にする食品 7 血糖値が気になり始めた方の食品 8 血中中性脂肪、体脂肪が気になる方の食品 特定保健用食品制度では当


腸内環境対策のウォーキング

歩くと腸の状態がよくなって、便通もよくなることが知られています。その理由ですが、歩くことで腰がローリングして、身体の中から腸が揺り動かされることによって腸の蠕動運動がサポートされるので便通がよくなる、という説明がよくされています。十二指腸から直腸までの腸管は筋肉でできています。腸管の内側は粘膜になっていますが、その外側は筋肉となっています。筋肉を動かさないと衰えていくのは、足の筋肉も腸の筋肉も同じ


サプリメントの法律上の分類

機能性表示が許可されている保健機能食品以外のサプリメントは、食品に分類されています。その分類は、新たな区分が登場することで変更されていますが、一般のサプリメントについては食品扱いであることに変更はありません。 1991年に特定保健用食品の制度ができたときに、特定保健用食品は医薬品と食品(一般食品)の間に位置づけられました。2001年には医薬品と食品の間に特定保健用食品に加えて、新たに栄養機能食品


冷え対策のウォーキング

身体が冷えるのは血液の温度が低いからではなく、血流の低下によって温かな血液が送られてくるまでに時間がかかり、放熱の分を補うのが間に合わなくなるからです。手足が冷えやすいのは、血流が低下すると末端に血液が送られにくくなっているからです。温かな血液を全身に巡らせて、冷えを防ぐためには、筋肉を盛んに動かして、ポンプ作用によって血液を早く、勢いよく送り出してやることです。ウォーキングは筋肉に適度な負荷がか


アメリカではサプリメントの機能性が表示されている

日本のサプリメント研究は世界最高レベルに達しているのですが、摂る人によって、どういった使い方をすればよいのかという研究になると、日本はアメリカにはかなわないのが現状です。その一つの理由が、アメリカは多民族国家で、さまざまな人を対象にして研究が行われているからです。それも重要なことですが、それ以上に重要なのは、アメリカでは日本では許されていない効能効果が全部ではないものの、表示することが許可されてい


膝痛対策のウォーキング

膝の痛みは筋肉、骨、関節の損傷などが原因としてあげられていますが、高齢者の場合には関節の損傷、その中でも関節の軟骨のすり減りが大きな原因となっています。軟骨がすり減ると、刺激を受けた骨がささくれ立った状態になり、これがトゲのようになって、反対側の関節の神経を刺激するようになります。どれくらい軟骨がすり減ったのかというよりも、トゲがどれくらい大きくなっているかが痛みの強さに関係しているのです。 膝


お酒を飲むと睡眠が浅くなる理由

NHKの人気番組の“チコちゃんに叱られる!”は、5歳児の「なぜ?」「どうして?」に大人が答えていくというスタイルで、なかなか答えられない内容を取材に基づいて解説するというものです。この番組のせい、というか、おかげか、当たり前としてスルーされるようなことを話しても、セミナーの会場内から「なぜ?」「どうして?」と聞かれることが多くなっています。 これまでに紹介してきた飲酒についていうなら、「お酒を飲